ストレートネックの原因や症状 | 肩こりや頭痛は改善できる?

公開日:  最終更新日:2016/10/18

117812
現代人に増えていると言われるストレートネック。

首がまっすぐになっている?
というのは文字通りなので予測がつきますが、

このために首や肩がこってしまい、
それに伴う頭痛に悩まされている人も多くなっています。

 

そこで、今回はこのストレートネックについて調べてみました。
どうしてなってしまうのか?どう判断すればよいのか?

改善方法はあるのかなど参考にしてみてください。



 ストレートネックの原因や症状と自分でできる診断方法

ストレートネックとは、本来自然にカーブしているはずの首の骨が、
まっすぐになっている状態のことを言います。

そして、
ストレートネックの原因のほとんどは「姿勢」によるものです。

 

人は猫背の状態になるにつれ首の骨が前に反っていき、
この時、ストレートの状態になっていきます。

これを毎日長時間保ってしまうと、
確かにストレートネックになってしまいそうですね。

その他、年齢(加齢)によるものや
スポーツ障害、事故などでなってしまうこともあります。

 

多くの人が猫背という悪い姿勢が原因のようですが、
パソコンやスマホをつねに操作している人が多いことからも、
現代人にストレートネックの人が多いというのは納得できますね。

 

ストレートネックはなぜ良くないのか?

これには、肩こりや頭痛、首が痛い、めまい、手のしびれ、吐き気など。

さらには自律神経失調症からうつ病にまで
発展してしまうことも起こりえるからなのです。

 

自己診断ってできるのでしょうか?

ストレートネックは病院でレントゲンを撮ればすぐにわかりますが・・・
自分で見つける方法で簡単にできそう、というものをご紹介します。

①姿勢を正しい状態にして上をグイッと見るように首を曲げた時に、
すぐに天井の見ることができれば違う可能性が高いようです。
逆に、痛みやハリを感じた時は疑いありです。

②壁の前にかかとをつけた状態で、いつもの姿勢で立ってみます。
この時、後頭部が壁から何センチも離れている場合は疑いありです。

ただし、あくまでも自己診断となるため、
頭痛などの症状がつらく困っている時は、病院で診断してもらうのが確実です。

 

ストレートネックからくる肩こりや頭痛

肩こりが毎日つらい。

頭痛にまで発展してしまうと生活にも支障をきたしてしまうので、
たかが肩こり、とは言っていられませんね。

 

ストレートネックは首が通常より真っ直ぐになっている状態のことをいいます。

通常人の体は頸椎がしなやかな状態にあるので、
頭の重みがかかっていても上手にバランスを取り、
肩にはあまり負担がかからないようになっています。

 

だけど、もしもこれがしなやかではなく、
真っ直ぐなまま頭を支えることとなったら・・・?

バランスも悪くなり首だけで支えるのが難しくなって、
肩への負担もかかってしまうことにつながっていきます。

ストレートネックでは腰痛を感じる人も多く、
肩だけでなく背中や腰にまで負担がかかっているとも言えます。

 

一時的にマッサージなどでやわらげたとしても、
首が真っ直ぐな状態を改善していかないと、
すぐにまた肩が凝ったりの繰り返しになってしまいます。

めまいや吐き気を常に感じるようになったり、
不眠、自律神経失調症になってしまう人も・・・

 

ストレートネックを改善していくには、
まずは、姿勢にムリがかかる生活を見直していく必要があります。



ストレートネックでの肩こりを改善するには?

ストレートネックが原因で肩こりがひどい。
この場合は、ストレートネック自体を改善していくことが大切です。

 

自宅で簡単にできる方法では、
バスタオルを丸めて首枕を作るというのがあります。

とっても簡単でバスタオルをクルクル丸めていき、
その上に首を置いて寝姿勢を保つ
というものです。

 
首の太さによってタオルを巻いた時の
直径も合う合わないがあると思いますので、
これは「自分がしっくりくる太さ」に調節します。

とっても簡単な方法ですが、
ストレートネック改善には効果的です。

首が伸びて気持ちがいいですが、
最初から長時間は寝ないようにしてくださいね。

最初のうちは3~5分など短い時間からでやってみましょう。

首を痛めてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

私はこんな枕を利用しています。

百均のお店で見つけたビーズ枕なんですが、
ちょうど首の下に入れるのにピッタリのサイズです。

DSCF2078

感触も良く、力の入れ具合である程度形や高さも変えられます。

もう少し固いといいかな~という柔らかさですが、
タオルをクルクル巻くのも面倒な時に使っています。

DSCF2079

100円プラス消費税ですので安くておすすめです^^

 
また、ストレートネックの人に人気になっている、
エクササイズDVDとセットの枕もあります。

こちらは即効性があると、
実感している人の声に多くなっている枕です。

スローコア枕の詳細はこちら

 

まとめ

ストレートネックは肩こりの原因や自律神経失調症でひどい時には
うつ病にまでなってしまうこともあります。

普段の姿勢を正すと同時に
首に負担のかからない生活を心がけましょう。

 

バスタオルをクルクルまるめて首の下に置きそこへ寝ることで
ストレートネックの改善効果が期待できます。

 

注意点は最初から長く寝過ぎないこと。

3分・5分など短い時間から行い、
慣れてきたら少しずつ時間を長くしてみましょう。



スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑