インフルエンザ検査で陰性の結果に!高熱が続くのはなぜ?再検査した方がいい?

公開日:  最終更新日:2017/02/10

infuruenza-kensa
子供に熱が出てとっても具合が悪そう。

インフルエンザの可能性もあるかと
病院に行ってみたら検査の結果、
陰性だったのでインフルエンザじゃないみたい。

これはちょっと一安心ですね。

だけど、陰性と診断されたのに、
熱も下がらないし症状がおさまらない。

そんなことはないでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザの検査結果が陰性だけど本当にかかっていない?

インフルエンザの検査をして、
陰性という結果が出た場合でも、

インフルエンザに感染していることがあります。

 

インフルエンザは感染して
熱や寒気、倦怠感などの症状が現れても、

検査結果で陽性と判断できるまで、
時間がかかってしまうからです。

 

インフルエンザは熱が出始めると、
一気にグーッと高くなり高熱になることが多いですよね。

いつも元気な子供が急にグッタリしてしまうと、
お母さんも驚いてあわててしまうと思います。

ですが、ここで急いで病院へ行ってしまうと、
検査の結果が陰性になってしまうこともあるんですね。

 

インフルエンザの検査は、
ウイルスの量によって陽性か陰性と決まります。

そのため、ウイルスの数が
陽性と判断されるほどになっていなく、

症状が現れてから1日~2日(12~24時間)
たっていないと陰性の結果になることもあるんです。

 

なので、しっかりと陽性か陰性かを確認したい場合は、
1日~2日ほどの時間を置いてから
病院へ行って検査をしてもらいましょう。

 

この時、

何日の何時から熱(症状)が出た、
というのを医師にはっきり伝えられるよう、
メモを取って持っていくといいですね。

寒気や吐き気、喉の痛みなど、
症状を細かく医師に伝えるのも忘れずに。

インフルエンザは陰性だったけど高熱が続くのはなぜ?

インフルエンザの検査では陰性の結果が出たけど、
高熱が続く場合、次のようなことが考えられます。

 

インフルエンザに感染しているけど、
検査では陰性と出てしまった時

発症してから1日~2日くらいたっていないと、
陰性という結果にになることがあるため。

熱をともなう病気にかかっている時

流行時期に熱が出ると
まずはインフルエンザを疑ってしまいますが、
他の病気にかかっている可能性もあります。

インフルエンザの症状に似ている病気には、
風邪・肺炎などがあります。

冬が終わる頃から夏の初め頃に流行しやすい、
アデノウイルスもインフルエンザによく症状が似ています。

 

正しく検査ができなく、
陰性という結果で出てきてしまうこともありますが、

そもそも、インフルエンザとは
まったく別の病気という可能性も
流行時期とはいえ、ないとはいえません。

病院では、できるだけ症状を細かく伝えましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの検査は陰性だったけど再検査はした方がいい?

時間があまりたっていない時、
インフルエンザの検査では陰性と出ることがあります。

この場合、再検査をした方が、
適切な薬を出してもらえていいのでは?
と考えますよね。

 

では、した方がいいのかというと、
これはどちらとも言えないんです。

 

インフルエンザの治療には、
専用の薬がありますが、

本来は健康な人ならば、
水分をしっかり摂りながら
安静に寝ていると治せる病気です。

症状が重くなるのでつらい人も多く、
そのために専用の薬が出きたそうです。

重症化を防ぐ目的もあるんでしょうね。

 

ですが有名なタミフルの場合、
ウイルスが増えてしまうまでの48時間までに
飲まなければいけないという期間
があります。

再検査に行った時は、
もう遅すぎる・・・ということになりそうですね。

 

ですが、再検査の必要はない、とも言いきれません。

ここはやはり、
病院で医師に診断してもらいましょう。

 

小さい子の場合は特に、
体が小さくウイルスの数も大人より少なくなります。

検査結果が陰性になりやすく、
病院によっては翌日の再検査をすすめる医師もいます。

 

子供さんが高熱で苦しんでいると
見ているお母さんは気が気でないですよね。

心配だけど陰性と言われたから
なんだか病院へは行きづらい・・・

という気持ちにもなってしまいがちですが、
体調など様子をしっかり確認しながら、
おかしいなと思うところがあれば病院へ行きましょう。

小さい子の場合は、
病院は小児科へ行くようにしてくださいね。
 
関連記事

インフルエンザで子供が幻覚?叫ぶなどの行動は何?
インフルエンザ予防接種を子供は受けるべき?意味ない?
 

スポンサードリンク

まとめ

インフルエンザは、
かかっていても陰性と結果が出ることがあります。

陽性という判断ができるまでに、
1日~2日ほど時間がかかって
しまうことがあるからです。

確実に検査結果を出したい時は、
ある程度の時間がたってからの方が良いようです。

 

陰性と結果が出ても熱が下がらない場合、
実は陽性だったり他の病気の可能性があります。

 

再検査をした方がよいかは、
必ず必要なものではありませんが、
別の病気の可能性もありますので、
再度病院で診察してもらう方がよいでしょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑