ノンシリコンは髪に悪い?きしむ理由は?バサバサを改善するには?

公開日:  最終更新日:2017/01/25

kami-itami
昔と違って女性も薄毛が心配になる時代。

ノンシリコンのシャンプーが良いと聞いて
使ってみたら髪がすごくきしむんだけど・・・

本当は髪に悪いの?と心配になっていませんか?

ノンシリコンで髪がきしむ理由や
髪がバサバサになってしまった後の、
改善方法などをお伝えします。



ノンシリコンって本当は髪に悪いの?

 

ノンシリコンのシャンプーは、
シリコンの成分が入っていないもののことを言います。

 

使ってみたら髪がバサバサになっちゃって、
抜け毛も特に減っていない気がする。

そんな使用感を感じている人も多くないでしょうか?

 

本当はあまり髪に良くないんじゃない?
と思い始めている人もいるかもしれませんね。

ですが、ノンシリコンは、

髪に悪いシャンプーではありません。
もちろん、頭皮にも悪い影響は与えません。

自然の素材で作られているものが多く、
髪や頭皮にはやさしいシャンプーとも言えます。

 

ただし、デメリットもあるんです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

・髪のダメージに対する補修ができない

・ヘアアイロン・ドライヤーなどからの熱に弱い

・髪がきしんだり指通りが悪くなる

・髪のツヤやサラサラ感がなくなる

・オイル配合のものは頭皮の臭いをきつくすることもある

 

ノンシリコンはシリコンタイプのように、
髪をコーティングする成分が含まれていません。

なので、髪を熱から守る力が弱かったり、
傷んでしまった髪を修復することができないんですね。

 

コーティング力がないので、
髪に指を通した時に髪の絡まりで、
指が通らない、という状態になることも多いです。

 

このため、シリコンではなく、
オイルを成分に配合しているものがあります。

この場合、オイルは酸化する性質なので、
「酸化する→頭皮に臭いをきつくする」
ということが起こることも。

 

すすぎがしっかりできていないと、
このように臭いをきつくすることもありますが、

すすぎがしやすいのも特徴のひとつなので、
シャンプーやリンスはしっかり洗い流すようにしましょう。

 

ノンシリコンシャンプーを使うと、
初めての人の多くが「髪のきしみ」を感じます。

この理由についてもご説明していきますね。

ノンシリコンでシャンプーすると髪がきしむのはなぜ?

ノンシリコンで髪を洗った時に、
きしみを感じる理由は、

シャンプーに、
コーティング剤などが含まれていない、
または、不十分であるのが原因です。

 

シリコンにはこれが含まれています。

なので、シリコンタイプのシャンプーを使っていて、
今までは感じなかったのに、

ノンシリコンに変えたとたんに、
髪がギシギシきしんでびっくりする人が多いです。

 

とはいっても全ての人がノンシリコンシャンプーで
髪がきしむというわけではないんですよ。

キューティクルがはがれ、
髪が傷んでいる人ほどきしみを強く感じるんです。

 

じゃあ、ノンシリコン使えないじゃない?
かというと、そうではありません。

使い続けるほどに髪は状態が良くなっていきます。

 

シリコン配合を使っていると、

コーティング

洗ってはがれる(キューティクルも一緒に)

トリートメントでコーティング

次の洗髪ではがれる(キューティクルも一緒に)

を繰り返すので
自然と髪へダメージが与えられます。

このため、ノンシリコンを使った時、
髪のダメージできしみをひどく感じます。

 

ですが、

ノンシリコンを使っていると
洗髪ではキューティクルがはがれにくいので、

シャンプーを繰り返しても髪が傷まず、
状態はちょっとずつ改善してくれます。

 

ノンシリコンとシリコンのシャンプー。

じゃあ、これはどっちが髪にいいの?
というと、どっちとは言い切れないのが正直なところ。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、
自分の髪と頭皮に合わせて選ぶしかなくなります^^;

 

決められない時は、
美容室で美容師さんに相談するのもいいですね。

行きつけの美容師さんなら
髪の状態をよく知ってくれていますし、
やはり、そこは髪に関するプロです。

どちらが自分の髪には合っているか、相談してみましょう。




ノンシリコンで髪がバサバサになった後の改善方法は?

ノンシリコンシャンプーで髪を洗って
水気を取ってみたら髪がゴワゴワでバサバサ。

傷んだ髪の人ほど
バサバサしてしまうと思います。

 

これを改善していくには、
ノンシリコンシャンプーを継続して
使っていく必要があります。

 

だけど、数か月単位で時間がかかるんです。

その間、バサバサのまま
放っておくこともできないですよね^^;

 

そんな時は、

・ヘアオイルをつける

・ブロー剤をつける

・シャンプー後にトリートメントを使う
(補修効果のあるもの)

などを試してみてくださいね。

 

シャンプー後にしっかり
ドライヤーで乾かすのも大切です。

乾かす時は頭皮に湿り気を残さないように。

だけど、温風を長時間当てるのもよくありません。

髪の根元を乾かし、その後、中心部を乾かしていきます。
そして毛先の方へ。

当て過ぎに注意しながら、
必ず乾かすようにしましょう。

髪が傷んでバサバサしていると、
乾燥の季節に静電気が起きやすくなります。

関連記事

髪の静電気が自分だけすごいのは?解消法は?

 

ぜひ髪にやさしいお手入れを心がけてくださいね^^

まとめ

ノンシリコンで初めてシャンプーをすると
多くの人が髪にきしみを感じます。

これは、ノンシリコンが髪に悪いわけではなく、
それまで使ってきたシリコンシャンプーでは
髪の傷みに気がつかなかった、というのが理由です。

きしみは、ノンシリコンを継続していると、
徐々に薄らいでいきますが期間がかかります。

 

私も初めて使った時、
あまりにもきしんで、かなりびっくりしました
^^;

1か月くらいからやわらぐのを感じ、
きしんでいない、と思えたのは
3か月も過ぎた頃だったと記憶しています。

ちょっと時間はかかりますが、
ノンシリコンを使っていきたい人は、
継続してシャンプーしてみてくださいね。

 

バサバサになって困る時の対策は、
毎回トリートメントをつけたり
ブロー剤をつけるなども効果があります。

 

シャンプー後のドライヤーで
髪をしっかり乾かすこともお忘れなく。

スポンサードリンク

頭皮に湿り気が残ると
雑菌の原因になってしまうこともあります。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑