母の日は2016年はいつ?プレゼントはどんなものがいい?お花は何を渡す?

公開日:  最終更新日:2016/12/30

hahanohi-present
子供の頃からずっと
お世話になってきたお母さん。

母の日に初めてのプレゼントをしようかな?

そう思っている人はぜひ、
心のこもった贈り物をしてくださいね^^

ところで、2016年の母の日はいつ?

プレゼントは何にしよう?

一緒に渡すお花の種類は何がいい?

わからない・迷っている、
という人は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

母の日って2016年はいつ?何日の何曜日?

 

2016年の母の日は、

5月8日の第二日曜日です。

毎年、5月に入ってから
2回目の日曜日と決まっています。

 

ゴールデンウィークがあり、
旅行へ行ったりパタパタと忙しい日が続き、
それが終わった日曜日なんです。

ほっと一息ついているうちに忘れてしまいそうですよね。

 

なので、ここで今、覚えておいてくださいね。

5月の第二日曜日です^^

 

母の日は、もともとは
アメリカで誕生したのを知っていますか?

私はてっきり、おもてなし精神のある、
日本人が考えたものだと思ってたんですが違いました^^;

母の日ができることとなったのは、
ちょっと悲しいお話があるんです。

1905年の5月9日にアメリカの少女が
自分の母親の死に遭遇したことがきっかけで、

生前に母親を敬いましょう、と、
そのような機会を作ろうとしたのが由来となっています。

 

もっと○○しておけばよかった。
お母さんともっと○○したかった。

そんな気持ちがあったのでしょうね。

この、母を敬いましょうという働きかけが、
アメリカの全土に広まったそうですよ。

 

そして1914年に、その当時の大統領が、
5月の第二日曜日を「母の日」としたそうです。

その後日本にもこれが伝わり、
明治の終わり頃から徐々に行われるようになったそうです。

 

母の日は、普段お母さんには、
照れくさくてお礼なんかを言えないという人も、

お花やプレゼントを贈ったりして、
感謝の気持ちを伝えることができる日です。

 

母の日だから何かしなければいけない、
のではなく、

母の日だからこそ何かしてあげられる。

そんな気持ちで
接することのできる日にしてくださいね^^

 

母と子の絆の感動CM 泣けてきます。。。

(出典:https://www.youtube.com/)

母の日 2016年のプレゼントはどんなものが人気?

母の日にプレゼントとしてもらってうれしい、
ランキングというのがあります。

毎年ほとんど変わりませんが、
もらってうれしいランキング」なので参考になりますよ^^

1・・・カーネーションなどのお花

2・・・スイーツ(和菓子や洋菓子、ケーキなど)

3・・・一緒に外食をする

4・・・衣類

5・・・雑貨小物

 

やはり、定番のカーネーションなど、
お花は母の日のプレゼントとして喜ばれるようですね。

母の日に感謝を込めて、
という意味合いに受け取る側も感じるせいでしょうか?^^

 

でも・・・ちょっと待ってくださいね。

実は、もらってうれしいプレゼントと、
「欲しいもの」はちょっと違っているようなんです。

お母さんが母の日に欲しいものは、

1・・・ねぎらいの言葉

2・・・休み

3・・・スイーツ

4・・・肩たたき券

5・・・洋服

となっているそうなんですよ。
(参考サイト:gooランキング

 

う~ん。そうだったんですね~。

母親の立場の私から見ると、
「ねぎらいの言葉」と「休み」というのに
ものすごく共感できたりします^^;

 

もらってうれしいものはお花やスイーツ、
一緒に外食に行く・・・などなので、

プレゼントを渡す時に、
ねぎらいの言葉をかけてあげたり、

一緒に食事に行くときに、

たまには食事の支度なしでゆっくりしてね。
いつも家事仕事お疲れ様。ありがとう。

といったような、感謝の気持ちを言葉で伝えると、
日頃の疲れとストレスが癒されてくれそうですね。

 

私もほしいです(笑)

スポンサードリンク

母の日に渡すお花はどんな種類のものがあるの?

母の日にお花をプレゼントしたいと思っている。

ちょっとしたプレゼントにお花を添えたい。

定番のカーネーションにするか、
それとも別のものにするか・・・迷いますね。

 

母の日に渡すお花でおすすめのものをご紹介しますね。

カーネーション

カーネーションといえば赤のイメージですが、
ピンクやオレンジなど色に種類があります。

この花を贈ることが多いのは、
母の日の由来に関係しているからです。

母の死に遭遇した少女が母の好きだった
白いカーネーションを祭壇に飾ったのが始まりなんですね。

ここから、母親が健在なら赤、
なくなっていれば白、という習慣ができたようなので、
白い色のカーネーションは避けた方がよさそうですね。

バラ

やはり、女性へのプレゼントに花といえばバラ。

色も種類もとっても豊富で、
見た目の豪華さも贈り物にピッタリです。

お母さんの好きな色を選ぶのもいいですね。

白いバラには「心からの尊敬」という
意味が込められるそうですよ。

ガーベラ

最近、母の日の贈りものとして
人気になっているお花のひとつです。

細長い花びらが輪を作るように広がり、
やさしく温かなイメージがあるお花です。

インテリアにも合わせやすく、
かわいらしい見た目に心がなごみます。

紫陽花(あじさい)

母の日ギフトのお花として
徐々に人気が出てきているお花です。

梅雨で気分まで晴れないような季節に、
鮮やかな色で楽しませてくれくれます。

小花が集まって大きな花になり、
見れば見るほどかわいらしいお花ですね^^

紫陽花といえば「青」のイメージですが、
白やピンクカラーなどもあります。

お母さんに渡すなら、
やさしい色合いのものがよさそうですね。

胡蝶蘭(こちょうらん)

蝶が舞うような美しい姿で、
可憐なイメージの胡蝶蘭もおすすめです。

多年草で数年間花を咲かせてくれるので、
花束ではなく鉢植えでのプレゼントも喜ばれます。

 

いくつかご紹介しましたがいかがでしょうか?

お花をもらっていやがる女性はまずいませんので、
お母さんも喜んでくれると思いますよ^^

 

花束も素敵ですが、特殊加工がしてある、
長期間姿を変えないプリザーブドフラワー。

また、何年か花を繰り返し咲かせてくれる種類の
鉢植えなんかもおすすめですよ。

 

母の日用に購入すると、「お母さんありがとう」の
札がついていることが多いですが、

もしもついてなかったら・・・

手書きの「ありがとう」を添えて渡すと
お母さんも感激してくれるかもしれません^^

あとがき

母の日は毎年、
5月の第2日曜日と決まっています。

なので、今年2016年の母の日は
5月8日(日)になります。

 

そろそろ大人になったし、
今年は自分も母の日に何かしてあげようかな?

と、考えている人はぜひ、
感謝の気持ちをお届けてしてあげてください^^

 

母の日に母親が一番ほしいのは、
ねぎらいの言葉だそうですよ。

子供の頃から年中無休で
子育てや家事仕事に励んできたお母さんに、
いつもありがとう、と言ってあげると
とっても喜ぶと思います。

 

もらってうれしいものは
お花、スイーツ、一緒に外食となっています。

まあ・・・子供からのプレゼントは、
何歳になっても、何でもうれしいと思います^^

言葉を贈るのが照れくさい人は、
お花一輪でも、形にしてみてはいかがでしょう?

 

今回は、私自身が母親ということもあり、
ちょっと母親目線での記事になりましたが^^;

スポンサードリンク

ぜひ、母の日に何かしてあげてほしい、
という願いを込めて書かせていただきましたm(_ _)m

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑