服についた汗の臭いが洗濯でも取れない!洗剤や洗い方は?重曹はどう?

公開日:  最終更新日:2017/01/09

asenioi-sentakumono
しっかり洗濯をしているのに、
服に汗の臭いが残って取れない!

汗だけでも気になるのに洋服についた臭いまで
周りにプンプン臭いそう・・・という心配はありませんか?

服に残る汗の臭いには
どんな洗剤を使うといいのでしょう?

重曹なら効果がある?

洗い方などもご紹介していきます。

スポンサードリンク

服についた汗の臭いが洗濯しても取れないのはなぜ?

洗濯をしても服に汗の臭いが残ってしまう。

気になって2度3度と繰り返し洗ったという
経験がある人も多いかもしれません。

 

これって何なんでしょうか?

臭いの元は「雑菌が繁殖」したものです。

 

実は、洗剤を入れてきちんと洗濯をしていても、
臭いの原因となる物質は残ってしまうことが多いんですね。

すっきり取り除かない限りは、
時間の経過とともに雑菌は増えてしまうことになります。

 

だけど・・・洗濯しているでしょ?なのに、なぜ取れないの?

と思ってしまいませんか?

通常の洗剤を使って普通に洗濯機で洗っても、
繊維の奥の方にからみついている雑菌を
すべて取るということは難しいからなんです。

雑菌の繁殖が、臭いへ変わっていくまでは、
時間がおおよそ1~2時間なんだそうですよ。

汗をかいて、着替えた服を脱いで洗濯カゴの中にポン!

次の日に洗濯をするとなると
すでに何時間もの時間がたっているので、雑菌の繁殖数もすごいはず・・・

 

でも、これって普通ですよね?
翌朝洗濯機を回すという人が多いと思います。

・・・という理由で、きちんと洗濯をしていても、
汗の臭いが服から消えないということになっています。

なんとかしたいですね^^;

汗の臭いが洗濯をしても取れない時に使う洗剤は?

洗濯をするだけで、
汗の臭いがきれいに取れるものってあるんでしょうか?

臭いが取れない時はまず、
いつも使っている洗剤を変えてみてください。

 

柔軟剤は香りをごまかそうとしても、
元となる臭いの雑菌が残ってしまっていては、
汗と混じってきつい臭いになてしまうことがあります。

柔軟剤はあくまでも香りづけと考え、
必要以上に多くの量は入れないようにしましょう。

 

●液体から粉末の洗剤へ変えてみる

汗の臭い対策を考えている人の多くは、
液体よりも粉末の洗剤を使用しています。

粉末の洗剤はほとんどが弱アルカリ性のものです。

これに対し洋服についている汚れはほとんどのものが酸性なので、
アルカリ性の洗剤を使った方が汚れや臭い落ちが良くなります。

粉洗剤は多く入れ過ぎてしまうと、
衣類に洗剤の残りかすがついてままになることがあります。

これは、雑菌のエサになってしまうことがあるので、
入れ過ぎには十分注意してお洗濯しましょう。

洗剤は泥や臭い落とし専用の物もありますが、
とにかく値段が高く、毎日の洗濯にはちょと不向き^^;

なので、ここからは、
臭い対策のための洗濯方法をご紹介します。

 

●洗剤に酸素系漂白剤を入れる

ドラッグストアなどでも簡単に購入できる、
色柄ものの衣類にも使える漂白剤です。

普段使っている洗剤と一緒に入れて洗濯をします。

汗や皮脂のしみ込んだもの・臭いの元、菌。
これらを分解してくれる力があるので、
臭いの取れない衣類に効果的です。

洗濯機で洗っても臭いが取れない時は、
30分ほどつけ置きをしてから洗うとさらに効果が高まります。

※以前つけ置きで色が薄くなった衣類があるので、
大切な洋服にはあまりおすすめできません^^;

 

●熱湯で洗う

80度~100度の熱湯で10分くらい洗います。
途中、ゆっくりとかき混ぜながら煮沸します。

臭い取りには効果的ですが、
熱湯で洗ったあとの取りだしやすすぎの時、
火傷の危険があるので注意しましょう。

熱湯なので衣類の色落ちの心配もあります。

大切な衣類はひかえた方が良いですし、
熱湯に弱い素材の物は煮沸できないので
しっかり事前に確認しておきましょう。

臭いが取れないから捨てようかな?
と思うくらいの衣類を試してみる価値はありそうです。

 

汗の臭いが染みついてしまったものは、
洗濯機で洗っただけではなかなか落とすことができません。

汗のついた洋服や下着などは、
できるだけ早く洗うようにしましょう。

 

また、衣類にシュッとスプレーするだけで、
汗臭の発生を防ぐ「ヌーラ」という予防消臭商品もあります。

こういった商品を使ってみるのもよさそうですね。

詳細はこちらからどうぞ ↓


汗の臭いが洗濯でも取れない時重曹は効果がある?

洗剤を入れて通常洗濯をしても、
なかなか取れてくれない汗の臭い。

洗剤を変えてみたけど効果がない。

 

そんな時に試してほしいのが重曹です。

そして、それより効果が見込めるのが「セスキ炭酸ソーダ」です。

お掃除用などに、
このどちらかが家にあるという人も多くないでしょうか?

 

重曹とセスキ炭酸ソーダは、アルカリ性です。
なので、酸性の臭いを中和してくれる働きがあります。

2つの違いは次の通りです。

重曹・・・とても弱いアルカリ性

セスキ炭酸ソーダ・・・弱いアルカリ性

・・・はい。ほとんど同じですね^^;
消臭効果はどちらも同じくらい見込めます。

 

どちらかというと、洗濯に使うならセスキ炭酸ソーダです。

重曹は水に溶けにくい性質なのに対し、
セスキ炭酸ソーダは簡単に溶けてくるからです。

その分、臭い解消効果も高まるかもしれません^^

 

2つの違いをまとめた記事も参考にしてみてくださいね。
セスキ炭酸ソーダと重曹の違いや使い分けなど

 

洗濯の時の使い方もとっても簡単です。

・重曹・・・水30リットルに45ミリリットル

・セスキ炭酸ソーダ・・・水30リットルに15ミリリットル

 

汚れのひどくない洗濯物で、
臭いだけを取りたいなら洗剤なしでも大丈夫です。

すすぎも一度でいいので節水&時間短縮になりますね^^

タオルなどにしみついたイヤな臭いも、
きついものでなければけっこう落ちてくれますよ。

染みついた汗の臭いがすごい場合は、
つけ置きをするとさらに消臭効果が高まります。

あとがき

洗濯しても取れない服の汗臭い。

この正体はずばり雑菌です。
雑菌が繁殖した状態で臭いが染みついてしまっています。

洗剤を入れて洗濯機を回しても、
この雑菌の全てを落としきるのは難しいのです。

 

まずは、液体洗剤を使っている人は
粉のタイプの洗剤に変えて洗濯をしてみましょう。

それでも落ちない頑固な汗の臭いには、
洗剤と一緒に酵素系の漂白剤を混ぜて洗ってみてください。

色物や柄物にも使えるタイプの漂白剤です。

洗濯機だけで取れない場合は、
つけ置きをするのが効果的ですが、
色や柄が薄くなることもあるので気を付けてくださいね。

 

熱湯で煮て洗うという方法もあります。

こちらは火傷などに十分気を付け、
大切な衣類はやめておくほうが無難です。

 

重曹やセスキ炭酸ソーダも
汗の臭い取り効果があるので、
家にある人は一度使ってみてください。

スポンサードリンク

重曹やセスキ炭酸ソーダーは、
お掃除などにも使うことができるので、
常備しておくと色々便利に使うことができますよ。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑