背中の汗が多いのはどうして?病気の可能性もある?

公開日:  最終更新日:2017/07/13

senakaase-josei
着ている洋服の背中がすぐに汗で濡れてしまうので、
夏場は外出するのもいや・・・

夏でも背中が汗で濡れていない
サラリとしている人を見るとうらやましくなっちゃいますね。

私だけ背中の汗が多くて、何だか異常な量に感じる。

なんて思っていませんか?

なぜ背中に汗が多いのか、その原因や対処法などを
ご紹介していきますので参考にしてください。

病気との関連性も読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

背中の汗が多いのはなぜ?何か原因があるの?

いつも背中に汗がびっしょり。

洋服がペタッと張り付いちゃって、気持が悪いし何より恥ずかしい。
夏になるとそんな思いをしていませんか?

 

どうして背中の汗が多いんでしょう?

これは「背中に汗腺が多い」ためなんです。

 

汗は汗腺というところから出てきます。
人の体に全身いたる所に存在しているんですね。

そして、背中は汗腺の数がとっても多い場所。

背中の面積が広いということもありますが、
体の中の熱を外へ出すのに適している場所でもあるからなんです。

体の中でも特に汗が出る線が多い場所ですから、
どうしても背中の汗が多くなってしまうのです。

 

私だけ汗がひどいように見えるんだけど・・・

こう感じる人もいると思います。

汗腺がたくさんあって汗をかくはずなのに、
自分以外の人は服も濡れずに涼しげに見える!ということはないですか?

 

これは、汗腺が活動しているかどうか?ということです。

汗を出しているものは能動汗腺と呼ばれ、
人の体にある中の約半分の数ほどしかないそうです。

その他の半分は汗腺が働きをお休みしている状態。

 

そして、活動しているものとお休みしているものは、
人によってそれぞれ違っています。

Aさんは顔の汗腺が活発に働いているけど、
Bさんは背中、Cさんは足といったように違っているんです。

私は背中の汗が多いと感じている人は、
背中の汗腺が活発に働いてるということになります。

スポンサードリンク

背中の汗が多い!何とかしたい時の対処法

背中の汗で困るのは服が濡れて気持ちが悪いことの他に、
やはり女性ならダントツで

「人に見られたくない」ということですよね。

背中ニキビができてしまう心配もありますし、
衣類の黄ばみ、臭いなんかも気になると思います。

 

根本的には食事や生活を見直して
体の中から改善していく必要がありますが、

まずは、出かける前の対処法として
次のようなことを試してみてくださいね。

 

●背中の汗の対処法

制汗剤の利用

スプレー・ジェル・クリームなど、
一時的に汗を抑えてくれるものを背中につけます。

この時、まずは濡らして絞ったタオルなどで、
やさしく、きれいに拭きあげましょう。

しっかり乾いたところへ制汗剤をつけます。

これは、効くか効かないかは個人差があるので、
色々試して自分に合う物を見つけてくださいね。

 

使用者さんの97.7%が満足している制汗ジェルがこちら

顔にも使えるほどやさしい成分で作られていて、背中だけでなく、顔・脇・胸元などの汗ケアにも使えるのが便利です。

SaLafe+(サラフェプラス)の詳細はこちら

 

タオルを背中に入れる

できれば肌色に近い色のタオルが目立ちにくいです。

ずり落ちてしまいそうなら、縦2つに折って細長くしたタオルを
首の下あたりにかけるようにするだけでもずいぶん違いますよ。

通勤・通学の時にだけタオルを入れて、
行先へ着いたらトイレでこっそりはずしましょう。

 

インナーを着る

暑くなって余計に汗がでそうと感じますが、
以外にもインナーの着用は汗対策に効果があります。

ただ・・これだとどうしても暑くていやという人は、
「汗取りインナー」というものがあるので、
心配な時はこちらを利用すると便利です。

楽天市場の汗取りインナー 一覧

 

背中の汗は洋服の中なので、
すぐにふき取ることができないのが余計に困りますね^^;

制汗剤もなかなか手が届かなくて・・・
なんて汗をそのままにしてしまうと、

汗臭いの元になったり、
背中にニキビやあせもが出来てしまうことも。

関連記事こちらもご参考にどうぞ
背中ニキビがかゆい原因や対処法
背中ニキビの跡を治す方法は?

 

ちょっと面倒だと思いますが、汗をかきやすい時期だけでも、頑張って対処していきましょう。


背中に汗が多いのは何かの病気の可能性がある?

私の背中の汗の量は異常に多い!

こんな時、もしや病気では?
と不安になることもあると思います。

 

●背中汗で考えられる病気をご紹介します。

多汗症

多汗症は単に汗が多いだけの人のことと思いがちですが、
「必要以上に汗が出てしまう」病気のことです。

汗は体温の調節を行う働きをしていますが、
この時、汗の気化熱で体温を下げる役目をしています。

多汗症はこの時の汗の量が非常に多く、
肌の表面まで濡れてひどくなる病気のことです。

汗かきとは違い、汗をかく必要がない時にも多く出ます。

更年期

女性ホルモンには汗が出るのを抑える働きもあります。

更年期にはこの女性ホルモンが減少するため、
汗をかきやすくなる人もいます。

ホットフラッシュ。誰もが聞いたことがありますよね。
上半身に汗をかきやすくなるので、背中の汗が多くなることがあります。

この他にも、

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるバセドウ病や、
自律神経に障害が出ることがある糖尿病などの病気も考えられます。

 

背中に異常なほどの汗を急にかくようになった、
という人は病気の可能性も否定できません。

体調不良などと重なる場合は、
早めに病院で診察を受けた方がよさそうですね。

スポンサードリンク

あとがき

背中は汗腺が多い場所なので、暑くなると
衣類まで濡れてしまうほど汗をかいてしまう人も多くいます。

すぐにハンカチで拭いたりできる場所でもないので、
夏場は背中汗に悩まされる人も多いですよね。

簡単にできる対処法としては、

・制汗剤の使用
・タオルをはさめる
・インナーを着る

などの方法があります。

 

背中汗が多いのを改善していくには、
やはり生活習慣から見直す必要があります。

対処法でなんとか乗り切りながら、
根本的なところから治す努力も必要です。

 

異常なほどに背中から汗が出る場合、病気ということも考えられます。

体の調子が悪いと感じている人は、病院で早めに医師に相談してみましょう。

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑