赤ちゃんの背中にあせもがいっぱい!治し方やできないための対策は?

公開日: 

akachan-asemo
赤ちゃんの背中にあるあせもが多く、
赤くなってなんだかかゆそう。

やっと治ってもすぐにあせもが・・・

見ているとかわいそうだし心配にもなりますね。

実は赤ちゃんはあせもができやすいんですよ。

その原因や自宅でできる治し方、
あせもができないための対策法などをご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの背中にあせもがいっぱい!原因は?

赤ちゃんは毎日たくさんの汗をかきます。

代謝がとても活発で、体温調節がまだまだ未熟な体。

なので、夏だけではなく冬でも汗をいっぱいかいて、
体の温度調整を汗でしています。

その量は大人の2倍とも言われているほどなんですよ。

 

そして、皮膚が薄い赤ちゃんは
大人の半分くらいの厚みしかありません。

このため、汗をかくと塩分などの刺激が肌に大きく、
すぐに荒れてしまったりするんですね。

 

出てくるはずの汗が汗腺にたまってしまった時、
炎症を起こしできてしまうのが、あせもです。

赤ちゃんは大人よりもずっと、
あせもができたり荒れてしまいやすい肌質なのです。

 

赤ちゃんのあせもが特に背中にできやすいのは、
1日の中でも寝ている姿勢が長いから。

背中は汗が出る汗腺が多い場所でもあるので、
なおのことあせもができやすくなってしまいます。

 

お母さんが抱きあげた時に、びっくりするほど
背中のあたりが熱くなっているというのもしょっちゅうですよね。

汗でベビー服が濡れていて、
何度もお着替えさせているお母さんも多くないでしょうか?

 

授乳の時も飲むという行動をしているだけで、
首から背中にかけて汗でびしょり・・・

赤ちゃんは泣くのが仕事、なんて言われますが、
汗をかくのも仕事のうちのひとつ?と思うくらいです^^;

 

こういったことから赤ちゃんは背中にあせもができやすく、
放っておくとあせもの部分がつぶれてしまったり、
化膿してしまうこともあるので注意が必要です。

 

自宅でできる対策も参考にしてくださいね。

赤ちゃんの背中にできたあせもの治し方

赤くてかゆそう。
こうなると放ってはおけない赤ちゃんの背中のあせも。

病院へ行けるようでしたら、
小児科で薬を処方してもらうのが一番良いです^^

 

ただ、初期の段階で病院へ行くヒマもない。
仕事をしているお母さんならなかなか時間が取れませんよね。

そんな時には、市販のものでもあせもを治す
効果のあるものが販売されているので試してみましょう。

 

ムヒベビー。 よく聞く名前ではないでしょうか?^^

小さな子の肌質に合わせてあり、
肌にやさしく刺激がとても少ないのでしみずに使えます。

かゆみ止めでもあるのであせも治療のほか、
虫刺されや刺激などでかゆみがある時に抑えるのにも使えますよ。

個人的には液体タイプが使いやすく感じます。

 

桃の葉エキスの成分が入っているもので、
赤ちゃんに使えるタイプのものも。

我が家の子供は赤ちゃんの頃お尻にあせもができやすく、
桃の葉のローションが大いに役立ちました。

その当時のローションはなぜか製造中止・・・

ですが今では桃の葉エキスが配合されたものは多いので、
薬局で薬剤師さんに相談してみるといいですよ。

 

ステロイド系の軟膏もありますが、
できれば自分の判断ではなく、
こちらは医師に処方してもらう方が安心です。

スポンサードリンク

背中がかゆくても訴えることもできない赤ちゃんには、
かゆみを抑えてあげる必要があります。

そのうえで、あせもができない対策を行っていきましょう。

赤ちゃんの背中にあせもを作らないための対策

赤ちゃんの背中にあせもを作らないために、
簡単にできてとても効果が高いのが、

背中にタオルを入れてあげる」ことです。

 

もちろん入れっぱなしではダメですよ^^;
湿ったらすぐに新しい乾いたタオルに取り換えてあげます。

こまめに行うことで効果がとても高くなります。

 

授乳の時は、首から背中にかけて
赤ちゃんはいっぱい汗をかきますので、

お母さんの腕にタオルを置いて、
その上に赤ちゃんの首をのせてあげます。

背中にはタオルを忘れずに^^

 

赤ちゃんは暑いのか寒いのか?
ここはお母さんも判断に迷うところだと思います。

基本、赤ちゃんは手と足が普段から
少し冷たい状態にあります。

これが、温かい時は暑い可能性がありますが、
足が熱を持つように温かい時は暑い可能性が高いです。

脇、背中をさわってみると汗をかいている。

これは赤ちゃんが暑い証拠です。

あせもの原因になってしまうので、
肌着など衣類を1枚少なくしてあげましょう。

 

夏場の暑い時など、いっそのこと何も着せない方が?
と思ってしまうかもしれませんが、

汗を吸い取ってくれる肌着は必ず着せてあげてくださいね。

 

エアコンや扇風機も上手に使って
部屋の温度の調節もしてあげてくださいね。

直接赤ちゃんに風をかけるのはよくないので、
室温を低くする工夫をしてあげましょう。

あとがき

赤ちゃんの背中のあせも対策に一番いいのは、
タオルを入れてあげることです。

寝ている時と授乳の時は、
特にすごい汗をかくのでタオルは必須です。

汗で湿ったら都度交換してあげると、
かなりのあせも対策になるのでやってみてくださいね^^

 

赤ちゃんはとっても汗っかきで、
その上肌が弱くデリケートなので、

あせもの他、肌荒れや湿疹もできやすく、
お母さんは心配の連続かもしれません。

寒い時期に誕生した赤ちゃんだと、
寒くないか心配で衣類をたくさん着せてあげたり、

部屋の温度を高くして
布団もいっぱいかけてあげたりしているかもしれませんね。

 

ですが赤ちゃんはもともと体温が高いので、
極端な寒さ対策は必要ありません。

手足、背中、脇などをさわって、
熱い・汗ばんでいるというのが
暑いという目安だと覚えておきましょう。

そして、それに合わせて
室温の調整をしてあげてくださいね。

 

市販の薬を使うならムヒベビーがおすすめです。

ステロイド軟膏は確かに効果がありますが、
こちらはできれば医師の診断のもと処方してもらうのがおすすめ。

スポンサードリンク

真っ赤になっていたり、
あせもがどんどん増えて・・・という時は、
小児科、または皮膚科で受診しましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑