「子供の手汗対策と改善方法」お母さんにできることは?

公開日:  最終更新日:2017/06/20

oyako-tease

子供の手汗が多い時、
何かしてあげられる対策ってあるかな?

子供のベタベタ手汗に悩んでいたら、
日常生活の中での対策を考えてあげましょう。

改善することができる?

など、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

子供の手汗がすごい時にできる対策方法とは?

手汗を改善していくといっても少々時間がかかります。

まずは、普段できる対策のお話を先にしていきます。

 

「すぐにできる手汗対策」

  • ハンカチの利用

定番のハンカチですが、
持っていておかしいものではないですよね。

園や小学校では持ち物検査をすることもあり、
ハンカチやティッシュは毎日持っていくのが通常です。

一番汗対策をしやすいアイテムです。

ポケットの中にはもちろん、かばんの中にも2~3枚
といったように常備してあげてください。

びちゃびちゃになってしまったら
いつでも新しいハンカチを使うことができます。

 

  • 制汗剤の使用

市販のスプレータイプなど制汗剤が家にあれば、
子供の手につけてみて効き目があるか様子を見ましょう。

もしも一般的な制汗剤で手汗が収まらなければ、
手汗専用のものを使ってみるのも良いと思います。

手汗対策の【デトランスα】

こちらは成分に塩化アルミニウムが配合されています。

即効性があると言われている成分ですが、
中には肌にかぶれを起こす人もいるようです。

塩化アルミニウムが使われていないもので、別の有効成分で作られている商品もあります。

止まらない手汗にfarine(ファリネ)

 

  • ツボを押してみる

合谷(ごうこく)というツボがあります。

asewoosaerutubo

緊張や不安な心をリラックスさせる効果があります。

意識してツボを押してしまうと逆に手汗のことが頭に浮かんでしまい、
汗がじわーっと出てくることがあります。
(我が家の子供がそうでした)

勉強中でも黒板を見ながら押せるツボなので、
意識せずに押す、くらいの気持ちでやってみるのがよいかもしれません。

 

手汗を今すぐ何とかしないと、という時にできる対策というのは少ないですが、
中高生にもなれば本人も自分でいろいろ考え工夫をしていくと思います。

ですが、小学生くらいだとまだまだ手汗対策を、と考えることもないですよね。
お母さんからさりげなくアドバイスしてあげましょう。

量が多くても本人が気にしていなかったり不便さを感じていないようでしたら、
お母さんもやさしく見守ってあげるのがおすすめです。

手が濡れてきたときはハンカチで拭いたら?と言って、
ハンカチを持たせてあげるくらいにしておきましょう。

 

手汗は精神面から出てくることがほとんどです。

汗は汚い、人に嫌がられるなど意識してしまうと、
余計に量が多くなってしまうことが多いです。

制汗剤やツボなどの対策方法は、
汗でいやな思いをしたときなどに試してみるといいですね^^

 

では、改善方法を見ていきましょう。

子供の手汗が多い!改善する方法をご紹介

汗が出た時にはハンカチで拭いたり、
一時的に抑える制汗剤などの利用法もあります。

ですが、やはり手汗は少しでも量を減らせてあげられれば
それにこしたことはありませんね。

改善方法も参考にしてみてくださいね。

 

「手汗を改善する方法」

  • 手湯

足湯のように手をお湯の中に入れ浸します。

洗面器などに約42度のお湯を入れ手首から先全体を。
時間は10分~15分ほど。

手湯には冷え性の改善やリラックス効果があります。
手足の汗は冷えからくることも多く、
特に手汗は精神性の多汗症でもあるので
リラックス効果がある手湯はおすすめです。

また、手以外の汗腺から汗を多く出すことで、
手のひらの汗腺を休止できるという話もあります。

自宅で手軽にできるのでテレビを見る時間などに
手湯をさせてみてはいかがでしょう?

1日、2日での効果は見込めませんが、
数週間、1か月と続けることで効果が出るようです。

 

  • 食事

納豆や豆腐、お味噌など。
イソフラボンの成分に汗を抑制する効果があります。

刺激の強い食べ物は交感神経を活発にする働きがあり、
汗が多く出てくる原因にもなるのであまりたくさんは
食べないようにしましょう。

また、子供ですとあまり摂取しないかもしれませんが、
カフェインは汗腺を刺激しやすい成分です。

コーヒーや紅茶、緑茶などは避けるようにしましょう。

 

  • 制汗剤

市販のスプレーなどを使ってみて、
手汗が抑えられなおかつ手荒れがしないものなら、
継続して使用するのもいいですね。

手汗が抑えられることでストレスがなくなる
と良い循環も生まれてきます。

さらに、汗が上手く押さえられるのが続くと、
手のひらの汗腺の働きが弱まることもあります。

塩化アルミニウム成分配合のものは
子供によっては肌に強いこともありますので、
継続して使うなら塩化アルミニウムでないものが
安心して使うことができますよ。

 

食事は子供さんに汗を抑えるためのものだ、
ということを気づかせずに改善対策をすることができます。

子供は成長のためにもたくさんの栄養が必要ですし、
ぜひ、毎日の食事の中に、手汗を抑える効能がある
食材を摂り入れるようにしてあげてくださいね。


スポンサードリンク

手汗が出るのはどんな時?

手汗はおもに精神性のもので、
汗を気にすることで一気に量が増えることが多いです。

いろいろな改善方法がネットでも紹介されていますが、
体に安心で本人にもストレスのない方法なら
どんどん試してみてもいいと思います^^

 

手汗が吹き出ることが多い時がわかれば、
それがその子にとっての手汗の原因です。

・緊張している時
・恥ずかしいと思っている時
・ストレスを感じている時

など、要因がわかれば解決策も見えてきますよね。

 

手汗は子供本人が気にしていなく学校生活などでも支障がない場合は、
手荒れをしないようハンカチでふき取るという程度の対策で良いと思います。

ただ、親子で悩んでしまうほど、ということもありますよね。

あまりに汗が多い場合は多汗症の可能性もあるので、
まずは皮膚科で相談してみましょう。

スポンサードリンク

あとがき

普段できる子供の手汗対策は、
ハンカチが大いに活躍してくれます。

濡れたら拭くのはもちろんですが、手汗の多い人では、

・ペン類に巻いて使う

・ノートの上にハンカチを置いて手を乗せる

など、こまめに活用している人もいます。

洋服はできるだけポケット付きのものにして、
ハンカチを毎日入れて持たせるようにしてあげましょう。

 

もしも使っていないようなら、
学校生活であまり困っていないのかもしれません^^

お母さんが神経質になってしまうことで、
ストレスを感じた子供の手汗がひどくなる、というケースもあります。

手汗はたいしたことがない、と意識づけさせ、
日常を上手に生活していくようにしましょう。

 

改善方法は手湯、制汗剤などを利用しながら、
体の中から改善できるよう食事に気を使ってみてくださいね。

今は皮膚科でも治療してくれるところもあります。

多汗症じゃないかしら?と思うくらい
手汗の量がひどい場合には相談に行ってみるのも対策のひとつです。

子供の手汗がひどい場合、悩んでしまうのは子供だけでなくお母さんも心配でたまらなくなりますね。
簡単にできる対策をとってみても上手に生活できない時は、病院で相談するのも良いと思います。

(関連記事)
子供の手汗がすごいのはうちの子だけ?原因は?湿疹も手汗のせい?
子供の手汗は病気のサイン?病院へ行くなら何科?足汗も気になる?


 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑