木についている白い小さい虫は何?家の中で発見した時の対策は?

公開日:  最終更新日:2016/10/30

mushiwokowagarujosei
白い小さい虫を家の中で発見!

数匹ならまだしも、大量にいるのを見つけてしまって
「ギャー!」となった人もいますよね?

あなたは白い小さな虫、家のどこで見つけましたか?

この正体やどこに隠れているか、
退治・対策などを参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

木についている白い小さい虫の正体は何!?

窓枠の木や木製食器戸棚の中、押入れの隅、
タンスの中など木のある場所。

 

こんな場所で見つけた白い小さい虫・・・それは、

チャタテムシです。

 

体がとても小さく1~2mmくらいのものがほとんどなので、
普段はあまり目に止まることがないかもしれません。

だけど・・・なんだか白いツブツブがいっぱい。
そう思ってよ~く見てみると小さな虫がウジャウジャ!

なんて腰を抜かしそうになることもあります。

 

まずは、ダニ?と思ってしまいますよね。

ですが違うんです。ほとんどはチャタテムシです。

 

ダニの場合、家の中で最も生息が多いのはヒョウヒダニ類で、
大きさは0.2~0.4mmくらいです。

次に多いのがイエダニと言われています。

こちらは体が0.6~1mmほどなので、
大きさはチャタテムシと同じくらいですが、
体の色が薄茶色で吸血すると赤い褐色になります。

 

なので、白くて1mmくらいで木のある場所にいるのは、
ほとんどがチャタテムシと考えられます。

 

チャタテムシは、本の中にも生息しています。
こちらの記事もご参考にどうぞ。

本の中にいる小さい虫は?駆除方法や対策

 

こちらはベージュっぽい色のもので白ではないことが多いです。

チャタテムシは世界で2000ほどの種類が確認されているそうで、
たくさんのものがいるので容姿もさまざま。

屋外にいるものでは翅がついているものが多く、
室内にいるものでは翅のない小さなものが多くなっています。

 

直接的な害を人に与えない虫なのです。

ですがダニが捕食するため、
チャタテムシが増えるとダニが増えることにつながります。

近年、細かく砕けた糞や死骸などが、
アレルゲンとなっていることがわかってきているそうですよ。

なので、無害と言われてきたチャタテムシも
家の中で野放しにしておくわけにはいきません。
(気持ち悪いですしね^^;)

 

何をエサに生きているかというと、好物は「カビ」です。

カビがある=湿気がある、です。

なので、窓枠やキッチンにある食器棚、押入れやタンスなど、
湿気がある木の素材のものの所によく発生します。

 

ですが、チャタテムシが潜む場所は木だけではないんですね。

ダンボールの隅っこにいるのを見かけたことはありませんか?

 

カビが大好物ですが、古い紙や糊も食べます。

なのでダンボール箱で発見する人も多いのですが、
紙と紙の間の波になっている部分。

こんなところに普段、潜んでいたりもするんです。

そして、こんな場所にも・・・
畳で見かける白い小さい虫の正体は?

 

ホコリや人間の体から出るフケ、花粉などなど、
雑食なのでエサに困ることがないようですね。

そして、お米やそうめんなどの乾燥食材に
群がって食害が出ることもあります。


スポンサードリンク

白い小さい虫を家の中で見つけた時の対策

白い小さい虫を家の中で見つけたら、
そのほとんどはチャタテムシと考えてよさそうです。

暗がりで湿気のある場所が格好の住みかとなります。

 

新築の家でも必ずいると言われ、
引っ越しの段ボールから運ばれてくることが多いようですね。

どこの家にもほぼ間違いなくいて、
全滅させることは不可能とも言われているすごい虫です。
(もちろん、我が家にもおりますーー;)

 

ですが、対策方法もありますので試してみましょう。

・乾燥させる

チャタテムシはカビが大好物。

暗くて湿気のある場所を好んで生息するので、
まずはこの状態を改善します。

湿度70~98%、温度18~35℃で増殖するので、
風通しを良くして湿度を低く保つことが大切です。

冬場は温度も必要以上に高くしないよう気をつけましょう。

湿った布団も注意が必要です。
定期的に布団乾燥機をかけた方がよいですね^^

カビを生やさないことと部屋の湿気をなくするように
してくださいね。

・バルサンを使う

部屋のいたるところにいて対策がなかなかできない、
という時はバルサンもかなりの効果を出してくれます。

ただし、卵には効果がないと言われています。

チャタテムシの成虫を退治できたとしても、
卵から孵化したチャタテムシが卵を産んで・・・

とキリのない話になってしまいますので、
一度バルサンで退治した後は約1週間後くらいに
もう一度使うのがいいですね。

掃除機を使うと逆に死骸をまき散らす恐れがあるので、
できれば、コロコロする粘着テープの方が安心です。

・粘着テープを仕掛ける

押入れの隅などに出やすい場合は、
強力な粘着テープを仕掛けておくという方法もあります。

ゴキブリなんちゃら・・・のようなものですね。

大量発生する場所に置いておくとけっこうな
量を捕まえてくれます。

・タンスには防虫剤(ナフタリン)

防虫剤もチャタテムシ対策に適しています。

タンスの中でよく見かけるようでしたら、
防虫剤を入れておきましょう。

チャタテムシはどこの家にもいる不快害虫なので、
色々な対策や予防法が紹介されていますが、

一番大切なことは家の中にカビをはやさないことです。

カビを生やさない=チャタテムシの住みにくい場所、
となるので日頃の換気は徹底的に行っておきましょう。

あとがき

チャタテムシってちょっと変わった名前ですよね。
私も初めて聞いた時は「何それ?」と思いました(笑)

この名前の由来は、
翅のあるチャタテムシが障子にとまった時、
茶をたてるような音を出すことからついたそうです。

なので、「茶立虫」と漢字では書くようですよ。

 

赤ちゃんのいる家なんかはダニの心配もありますが、
この小さな虫も必ず家の中にいると言われているので
ちょっと気になりますよね。

万が一口に入って間違って食べてしまっても、
健康被害はとても低いと考えられているそうです。

スポンサードリンク

なので、大量発生はもちろん避けたい虫ですが、
むやみに怖がるのではなく、
風を通してジメジメしない部屋作りを徹底してくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑