のどにつまり感があるのは何?それはもしかしてストレスかも?

公開日:  最終更新日:2017/10/11

nodonoiwakan
のどに何かつまった感じがする。

なんとなく違和感を感じるけど、食べ物や唾を飲み込んだ時や、それ以外の時も何かの種が引っかかっているみたいに感じる。

もしかして何かできものが!?

こんな風に病気かと不安になってしまいますよね。

 

実は、ストレスからくる喉のつまり感というものがあります。

私も経験のある、ストレスののどのつまり感についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

のどのつまり感を感じる時

唾をごっくんと飲み込んだ時、のどに引っかかるような感覚を感じることがありますよね。

たいていは「扁桃腺が腫れている」時でしょうか。

 

だけど・・・風邪もひいていないし、痛みはない。

ひょっとしたら、

何かのどに出来物ができているの?

怖い病気だったらどうしよう?

と不安も出てきますよね。

 

ここでは、ストレスによるのどのつまり感についてお話していきますが、

このような症状が出たり長く続く場合は、大変な病気が潜んでいないとも限りませんので、一度、耳鼻咽喉科で受診してみることをおすすめします。

耳鼻科で診察を受けると、鼻からカメラを入れて診てもらうだけで、のどの中がどうなっているのかすぐにわかります。

私もつまり感が一番ひどかった時に耳鼻科で診てもらいましたが、

先生いわく・・・
「けっこういるんだよね~。何ともないと思うけど一応確認するね。」とのことでカメラで診てもらいました。

耳鼻科は心療内科ではないので、あくまでも悪い病気の可能性を考えカメラで確認しただけですが、説明を受けながらカメラを見て確認することで、私自身も安心できました。

 

異物や出来物もなくきれいな状態であれば、ストレスからくるものが原因となっている可能性が高くなります。

スポンサードリンク

のどのつまり感はストレスが原因?

のどのつまり感はストレスから起こることがあります。

詰まる感覚は、

・薬が引っかかっているみたい

・骨が引っかかっているみたい

・さくらんぼの種がつっかかっているみたい

・梅干しのような大きな種があるみたい

のような感覚になることだったりします。

 

ヒステリー球」とも呼ばれたりするものです。

この場合ののどのつまり感の原因は「自律神経の乱れ」のことが多いです。

交感神経の方が働き過ぎた場合に起こり、ストレス意外でも疲れが原因でなってしまう人もいます。

 

自律神経の乱れから現れる症状は色々ありますが、悩み事が出るたびにのどのつまりを感じる、というように同じ症状ばかりが出てくる人もいます。

 

ちなみに私個人の場合ですが、一度のどのつまり感を経験してからは、悩み事のたびに詰まる感覚に襲われました。

癖になってしまうのか・・・?
徐々に、考え事をするだけでこのいや~な感覚が現れるようになりました。

 

薬が詰まっているような感覚のうちは我慢できたのですが、さすがに梅干しの種のような?ともなると不安でたまりません。

ここで初めて、耳鼻咽喉科にかかりカメラで診てもらいました。

 

病気の可能性を考え怖くなってしまう症状ですが、のどに異常がないとわかれば気が楽になります。

 

ストレスを感じないようにするのは難しいことですが、できるだけ「考えすぎないこと」を意識してみるのも大切です。

 

のどのつまり感はどうやって治す?

のどのつまり感の原因がストレスだった場合、交感神経が働き過ぎることによって起こるので、自律神経を整えていくことが大切になります。

 

とはいっても、自分でなかなか調節できるものでもありませんね^^;

 

私の場合は、ただひたすら「のどのつまり感を気にしない」という方法で解消しました。

 

病気ではないから大丈夫。
と自分を安心させることで、1か月以上続いたつまり感が数日で消えてくれました。

(ひょっとしたら、何もしなくても治ったのでは?そんな感じもしますが・・・^^;)

 

自律神経を整えるのに簡単な方法では「呼吸法」がおすすめです。

呼吸法は、寝る前の布団の中でもできる方法です。

入眠や安眠作用も期待できるので、心身をリラックスさせながら、ぜひ毎日の習慣にしてみてください^^

スポンサードリンク

まとめ

のどにつまり感を感じる場合、まずは病気が隠れていないか耳鼻咽喉科で診てもらいましょう。

 

異常がない場合のつまり感の原因は、自律神経の乱れからくるのがほとんどです。

ストレスをためない。
考えすぎない。
呼吸法などで自律神経を整える。

など、簡単にできることを試してみましょう。

 

私はもともと、のどに詰まり感を感じやすいタイプだったのですが、寝る前のゆったりとした呼吸を実行するようになってから、もう何年もの間、つまり感を感じていません。

ただし・・・
自律神経の乱れからきているであろう、別の症状は出てしまいますが^^;

それでも、呼吸法はやってみると、心身ともにとても良い感じがしています。

ぜひ、寝る前の深呼吸などを試してみてくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑