体にできたブツブツの症状の種類やその見分け方|何科?

公開日:  最終更新日:2017/09/27


突然体にブツブツができて「なんだろう?」と不安になることってありますよね。

すぐに消えてくれるブツブツなのか、それとも何か大変な病気ってことはないだろうか?

たくさんの量ができた時は特に心配になると思います。

 

体にできるブツブツ発疹の種類や、症状の見分け方などをご紹介します。

目安として参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

体にブツブツができるものには種類がある?

体にできるブツブツは大きく分類すると、すべて皮膚疾患となります。

たくさんの種類があり、原因もさまざまです。

たとえば、

・あせも
・湿疹
・ニキビ
・とびひ
・アトピー性皮膚炎
・結節性硬化症
・じんましん

などがあり、突然できるものにおどろかされる人も多いと思います。

 

この中で夏にできやすいのが「あせも」です。

特にあせもができやすい体質でもないのに、突然ブツブツができるとびっくりしてしまう人も多いですが、体調や年齢などによる肌の変化で急に出てしまうことがあります。

夏に汗が出て急にブツブツが・・・という時は、まずはあせもを疑ってみましょう。

関連記事

あせもの跡が残ってしまう原因や自分で消す方法
あせもができやすい場所やできないための対策など

 

その他で多いのが、 ニキビです。

ニキビは顔に限定してできるものではなく、背中、首、胸元、二の腕などにも、体のあちこちにできます。

なので、今まで顔にしかできなかった人だと、背中に急にブツブツができた、なんて時はびっくりすることと思います。

 

主な原因は、肌の乾燥や睡眠不足、ストレス、疲労、ホルモンバランスの乱れなどです。

また、便秘がちで体内に老廃物がたまってしまうと、その老廃物が出所を求めて毛穴から・・・

これがニキビのような湿疹になることもあります。

関連記事

背中ニキビがかゆい原因や対処法
背中にぶつぶつが急にできるようになった!

 

夏の間にできやすい肌のブツブツの原因のひとつに、接触性皮膚炎というものもあります。

植物や化学繊維などに触れたことによってできるもので、一般的に「かぶれ」と呼ばれるものです。

夏の間は半袖半ズボンで肌を出すことが多くなりますよね。

また、海水浴やキャンプなどアウトドアレジャーに出かける機会も多くなるので、知らないうちに何かに触れてしまっていて、皮膚炎を起こすこともよくあります。

 

症状としては、接触した部分が赤く腫れて水疱になることが多いです。

主な原因は植物、洗剤、化粧品、金属などがあり、金属アレルギー、植物アレルギーと個々の原因によって区別されることもあります。

 

夏に砂浜で砂に触れた足にブツブツができた経験はありませんか?

これは、砂の中にある金属性物質が原因とも言われていて、子供の頃は出たことがなかったのに、突然ブツブツができてビックリ!なんてこともあります。

 

また、非常に痛みを伴う帯状疱疹というものもあります。

体の片側にのみ発症しやすく、神経に沿って帯状にぶつぶつができます。

特にできやすい部位は、胸、肋骨の一番下の部分、腰などです。

特徴的な症状は、皮膚に発疹が出る前に痛みが出ることで、ストレス、疲労、加齢など幅広い原因があります。

強い痛みがありその後、赤い斑点や小さい水ぶくれができたら、皮膚科の方で、早めに受診するようにしましょう。

 

体にできたブツブツの症状の見分け方

体にできるぶつぶつは、いろいろな種類があり幅広い分野にわたってできます。

大まかな違いを知っておくと、急に発疹ができたとしても慌てることなく、適切な対処ができます。

 

夏にできやすいあせもですが、こちらは赤いタイプの場合、中心が白く周りが赤くなっています。

かゆみがあることが多いですが、肌を清潔に保つことで自然に治るのがほとんどです。

 

ニキビが突然出る場所で多いのが背中です。

湿疹との見分けがちょっと難しいのですが、

・毛穴が詰まり盛り上がりを見せている時はニキビ

・ブツブツが集中してできる箇所がある時は湿疹

大体の目安になりますが、見分け方はこのようになります。


パルクレールジェルで背中のぶつぶつ跡がきれいに♪
プラクネクリームのレビュー 2週間の使用後の背中のブツブツ変化

 

アレルギー症状によるブツブツは、接触性皮膚炎のひとつで、植物、金属、化学繊維などをはじめ、いろいろな原因があります。

かゆみ、腫れ、痛みなど症状がさまざまですが、赤い色をしていて周囲との境界がはっきりとわかるのが特徴です。

アトピーも全身にブツブツがでますが、こちらも赤い発疹で周囲との境目がはっきりとしています。

強いかゆみ、肌の乾燥、色素沈着などが起こることが多く、赤みのある発疹で、触るとジュクジュクとして体液が含まれています。

 

また、突然できるブツブツのひとつに、かゆみの強い「じんましん」もあります。

特徴はブツブツの状態が均一ではなく、皮膚の一部にふくらみができ、広い範囲で腫れが出ることがあります。

かゆくてかいてしまうとひとつひとつが大きく膨らみ、まわりのブツブツと連なって腫れたような見た目になります。


スポンサードリンク

体にできたブツブツで病院へ行くなら何科がいい?

身体にブツブツができた時、何科にかかればいいのか迷うことがありまよね。

「肌にブツブツが出ているから皮膚科?」

という考えと、

「病気が原因かもしれないから内科?」

といった考えが出てきて迷ってしまうと思います。

 

ブツブツには、細菌性、ウィルス性、アレルギーなどがあるので、原因によって対処の方法が変わってきます。

そのため、原因や症状によって専門医が異なることがあります。

 

近くの病院にアレルギー診療を行っている内科があれば、まず初めにこちらで診察を受けるとよさそうです。

最初から皮膚科に行っても大丈夫なのは、ニキビやあせもです。

ニキビは発熱や頭痛などはありませんが、症状が進むと膿を持つことがあります。

早めに治療を開始することで治りが早くなるので、ニキビのようなぶつぶつがたくさん出てしまい対処に困る時は、皮膚科で相談するようにしましょう。

 

あせもの場合はかゆみが出てかいてしまうことも多く、肌に炎症を起こすことがあります。

特に、新陳代謝の活発な子どもは背中や腕の内側などに汗をかきやすいのであせもができやすいです。

かゆみがあって自宅対処できない時は、皮膚科で診察をしてもらい塗り薬などを処方してもらいましょう。

 

アレルギー反応に似た症状にじんましんがあります。

青魚や卵を食べた時に出やすい症状ですが、人によって、体調によってなど突然出ることが多いです。

範囲が狭い時は冷やしてかゆみを抑えることで、時間の経過とともに消えてくれるので様子を見てもよさそうですが、全身に出た時や時間がたっても消えない時など、症状が重く心配な時は病院へ診察に行ってくださいね。

じんましんと思えるブツブツが出た時にかかる病院は、皮膚科、またはアレルギー科が適しています。

アレルギー科が近くにない場合は、皮膚科へ行くようにしましょう。

 

ただし、小さい子は小児科の方が良い場合もあります。

以前、我が家で子供が全身にじんましんが出たことがあり、抑えるために点滴をしたことがありますが、

救急で行った時に内科の先生に診てもらい、点滴。

治る気配がなくじんましんがどんどん広がり入院を勧められる。

1時間後くらいに小児科の先生がたまたま夜間に病院へ。

点滴に入っている量が少なかった(?)との説明を受け、(すみません。詳しい説明を忘れてしまいました^^;)改めて薬を処方してもらい帰宅。

という経験をしました。

 

内科の先生はやはり大人専門のような感じだそうです。

子供の場合は点滴、薬など子供の量がありますので、詳しい先生に診てもらう方が安心に感じます^^

スポンサードリンク

あとがき

体にできるブツブツには色々な種類があります。

特に、夏にはあせもやアレルギー性の湿疹など、急にできたブツブツにおどろくこともあるかもしれません。

種類や症状の見分け方を知っておくと、あわてずに対処できますよ。

 

急を急がないものもあれば、病気との関連で急いで病院へ行った方がよい場合もあります。

いずれにしても急にブツブツができて心配な場合、熱などの症状がなければ皮膚科、ということを頭に入れておきましょう。

アレルギーの専門科があればそちらの方がなお良いです。

 

熱や吐き気などブツブツの他に気になる症状がある時は内科へ。子供の場合は小児科に診察に行きましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑