花粉症は秋にもなることがある?時期はいつからいつまで?

公開日: 

akinokafunshou-josei
花粉症といえば春になるものというのが一般的ですが、

私は秋になると花粉症になるみたい

と感じる人も意外と多くいます。

目や鼻のかゆみ、くしゃみの連発・・・

これってやっぱり秋になる花粉症なんでしょうか?

スポンサードリンク

花粉症は秋にもなることがあるの?鼻や目がかゆい

花粉症といえば春でしょ?という人が多いですが、
秋になると鼻や目がかゆいという症状に悩まされる人もいますよね?

実際、私は秋になると花粉症のような症状が出て、
かゆみはもちろん、くしゃみを連発する日が続きます。

 

花粉症は春になるものと思われていますが、

日本の国で言えば、1年中飛散しているものなんです。

 

花粉の原因となる植物の代表的なものといえば「スギ」ですよね。

スギの花粉は2月~5月の上旬くらいまでがピークとなり、
春にはこの他にも、ヒノキやシラカバ、ハンノキなどが主な原因となります。

 

秋の花粉の原因となる植物では、

キク科ー ブタクサ・ヨモギ

イネ科ー カモガヤ・ススキ・オオアワガエリ

クワ科ー カナムグラ

などが主な植物となっています。

これらの植物はスギ花粉のように遠くから運ばれてくるものとは違って、
道端や空き地などどこにでもある雑草です。

100キロ単位で長い距離を飛んでくる花粉とは違い、
飛距離は100メートル単位と短くなります。

 

ですが、どこにでもある植物で色々な所に生えているため、
花粉症の症状が出てしまう人が多くいます。

・自宅周辺にあり窓から家の中へ侵入
・通勤・通学途中の道端で
・公園などで遊んでいる時
・学校のグランウンドで体育の授業中

このような日常生活の中で花粉を吸いこむことが多くなります。

 

point8_3秋の花粉に気をつけましょう
春の花粉症の主な原因となるスギより、
飛散距離が短いのが秋の花粉症の原因植物の特徴です。

ですが、自宅周辺や普段歩く場所に
その植物がないからと油断しないようにしましょう。

秋は涼しくなった頃に家族でレジャーに出かける人も多く、
公園やアスレチック、山登りなど自然と触れ合う機会が増えます。

学校の遠足といえば秋は山、というところも多くないでしょうか?

このように秋は自然の中で活動することが増え、植物に接することも多くなります。

 

さらに秋には、夏の虫たちが原因となり、
アレルギーの症状を悪化させてしまうことがあります。

どんなことかというと・・・

夏の間の虫、いわゆる害虫と呼ばれる蚊や蛾ですが、
秋になると力をなくして徐々に死んでいきます。

この害虫の死骸は細かい粉のようになって、
これが空気中に花粉と一緒に飛び散ることになるんですね。

アレルギー症状で鼻の粘膜などが傷んでしまっていると、
そこへ花粉が付きやすくなってしまうということがあります。

秋だからと軽く考えずに、
秋の花粉にもしっかりとした対策をするようにしましょう。

秋の花粉症の時期はいつから始まる?

秋の花粉症は上でご説明したとおり、
飛散距離が短い植物が原因となることがほとんどです。

なので、自宅周辺や日常生活の行動範囲の中で、
それらの植物を見かけるようになったら早めに対策をすることが大切となってきます。

 

秋の花粉は一般的には、8月くらいから始まります。

8月なので夏の花粉症?という感じがしますが、
夏に始まっても秋頃まで続くことが多く、9月がピークと言われています。

ブタクサ・・・・8月~10月頃

ヨモギ・・・・・8月~11月頃

カモガヤ・・・・5月~9月頃

カナムグラ・・・8月~10月頃

ススキ・・・・・8月~9月頃

それぞれの植物の花粉が飛ぶとされている時期です。

 

ですが、日本全国広い範囲で生息している雑草なので、
地域ごとに時期にバラツキがあります。

花粉の時期になる前からの対策も必要ですが、
まずは「見かけたらマスク」などできることをしていきましょう。


スポンサードリンク

秋の花粉症はいつまで続く?例年ではどのくらいまで?

秋の花粉症で目がかゆくてくしゃみの連発。
鼻もグシュグシュしてたまらない・・・

こうなると「いつまで続くの?」と
泣きたくなってしまう人も多いと思います。

 

秋の花粉症っていつまで続くのでしょうか?

秋の花粉症の原因となる植物の花粉の飛散量は、
9月がピークとされています。

ですが、原因となるものが個人によって違っているので、
いつまで、という時期も人それぞれで異なってきます。

 

一般的に見てみると、

ほとんどが10月頃まで。

ヨモギに関しては11月頃までと少し長くなっています。

 

これもまた地域によって違いがあります。

九州では9月はまだまだ暑い日がありますし、
北海道では9月といえば寒くなり始めている時期です。

 

また、その年によっても違ってきます。

花粉症の原因となる雑草などがたくさん生える時もあれば、
あまり成長せずに終わる年もあるからです。

なので、秋の花粉症がいつまで続くのか?というと、
おおよその目安で「10月頃までと覚えておきましょう。

 

また、こんなデータがあります。

春にスギ花粉症になる人は、
50%がカモガヤの花粉症を発症するということです。

可能性であって確実ではありませんが、
スギ花粉に毎年悩まされている人は、
秋の花粉にも十分注意して生活してくださいね。

 

女性は花粉症の間は鼻をかむのにも、
お化粧が落ちてしまうし大変な季節ですが、
時期が過ぎるまではじっと我慢です・・・

マスクやメガネで対策を取ったり、
何より大切なのは花粉症原因となる植物に近寄らないようにすること。

自宅の庭に生えてしまった時は、早めに抜いてしまうようにしましょう。

あとがき

秋の花粉は春のスギ花粉と違い、
一般の道路わきや公園、空き地などにも生える雑草がほとんどです。

ブタクサやヨモギ、イネ科の植物が主となっています。

スギよりも飛散距離が短いため、
何となく軽視してしまいそうになりますが、

スギ、ブタクサ、イネ科の植物が原因の花粉症は、
世界3大花粉症とも言われているほどなんだそうですよ。

 

我が家では次男が小学生の頃に花粉の症状がひどく、
春もですが、それより秋の方が強く症状が出ていました。

ちなみにですが、私も秋になると花粉症になります。

住んでいる環境のせいでしょうか?
田舎なので逃れられない状況にあります^^;

 

外出はマスクでの予防が一番簡単で効果的ですが、
通勤や通学の途中でこれらの植物がたくさんある場所があれば、
道を変えて、など日常生活の中で気を付けていきましょう。

 

秋の花粉症の原因となる植物の花粉の飛距離は100mほどだそうです。

スポンサードリンク

近くに生えている状況でしたら、
窓の開けっぱなしにも気を付けるようにしましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑