風邪の時は汗をかいた方がいいって本当?汗をかかないと治らない?出ない時はどうする?

公開日: 

kaze-ase
風邪をひいて熱が出た時、
汗をかいた方が治りが早いというのを聞いたことがありませんか?

これって本当なんでしょうか?

風邪の時は汗をかいた方がいい?

汗をかかないと治らない?

汗が出ない時はどうしたらいい?

こんな疑問について調べてました。

スポンサードリンク

風邪の時は汗をかいた方がいいという話は本当なの?

風邪をひいて熱がある時、
汗をたくさん出すと治りが早くなるという話がありますね。

風邪の時は布団をたくさんかけて水分を摂り、
がんばって汗を出すようにしてきた、という人も多いと思います。

 

私もそう信じて疑わなかった一人なのですが、
近年、「この考えは間違っている」と言われています。

 

そもそも、どうして汗をかいた方がいいと言われてきたのでしょうか?

その理由としては、

汗は、解熱剤を飲んだときや熱が下がり始めるときに出やすくなるので、
汗をかけば風邪は治る、という誤解があったようです。

つまり、治ってくる頃にたくさん汗をかきやすいということなのです。
これが「汗をかくと風邪が治る」と言われるようになったようですね。

 

正しくは、無理に汗をかかせることは
しない方がよいというのが現代の常識になっています。

わざわざ下着を重ね着したり、寝具を何重にもかける必要はありません。

厚着しても体を締め付けるだけで通気性が悪くなり、
熱が体内にこもってしまうことがあるので気をつけましょう。

 

ただし、熱があって体が寒気を訴えている時には、
衣類や毛布、湯たんぽなどで温かくするようにしましょう。

その時できれば、単に厚い生地のものよりも、
通気性と汗の吸収力に優れた素材のパジャマの方がよさそうです。

 

汗がたくさん出るようになったら、熱が下がり始める頃です。

パジャマやシーツなどを清潔なものに変えるとともに、
水分補給を欠かさないようにしてくださいね。

水分はカフェインレスの飲み物なら特に限定はありませんが、
常温か少し温かい方が水分が吸収されやすいので、
冷たく冷やしたものは控えたほうがよいでしょう。

白湯、麦茶などで十分ですが、汗がたくさん出ている時には
体内のミネラル分が失われています。

市販のスポーツ飲料やイオン飲料などを
2倍くらいに薄めて飲ませてあげるといいと言われています。

 

一度にたくさんの量を飲ませるよりも、
こまめに補給したほうが吸収率は良くなります。

水分すら摂りたくない、という時でも、
唇を湿らしたり、うがいをする程度でもよいので、
ちょっとずつ体内に水分を与えるようにしてくださいね。

風邪で熱がある時には汗をかかないと治らないの?

上の方にご紹介したように、風邪の時には汗をかいた方がいい、
という考えは現代では否定されています。

 

なので、

風邪は汗をかかないと治らない

というのは間違っていると考えた方がよさそうです。

風邪をひいていて汗が出るようになるのは、
解熱剤の作用、もしくは本人の治癒力によって
熱が下がり始めてきたサインとなります。

 

体もグッタリで食欲もない。

こんな時はなんとかして風邪を早く治したいと思っても、
厚着や寝具を重ねたり、電気毛布や湯たんぽで
体を温めようとしても早く治るわけはありません。

汗を無理やりかかせるような行為は、
かえって体力を消耗し治癒力が下がる恐れがあるので気をつけましょう。

 

熱を早く下げる効果的な方法は、
わきの下・首の周囲などを冷やすことです。

無理やりに汗をかかせることではなく、
太い血管が通っている場所を冷やすようにしてみましょう。

タオルで巻いた「凍らせた保冷剤」で冷やすのが簡単です。

 

風邪の看病方法として一般的な氷枕や氷のうは、
熱を下げるという面ではあまり効果はありません。

頭部には太い血管があまりないため、
熱を取るために冷やすのはわきの下や首のあたりが適しています。

頭痛がある時には頭を冷やすのは気持ちはいいですが、
熱を下げるためではないことを知っておきましょう。

 

風邪をひいて特に熱がある場合は、汗が出る・出ないにかかわらず、
水分を十分に補ってあげることが大切です。

体が熱いと体内の水分もなくなりやすいため、
水分不足になりやすく脱水症状の危険が出てきます。

特に、小さい子供の場合は熱が続くと、
食欲がなくなり水分を取れなくなることが多いです。

全く水分が取れずにグッタリしていたら、
脱水症状になっている可能性が高くなります。

よく様子を見てあげて、
必要と感じれば急いで小児科へ行くようにしましょう。

スポンサードリンク

風邪で熱があるけど汗が出ない時はどうしたらいい?

風邪で熱があるのに汗が出ないことで、
治りが遅くなると焦ってしまうこともありますよね。

ですが、上の方で繰り返しご紹介したように、
汗が出る=熱が下がる、というのはひと昔前の話です。

 

実際には大量の汗をかかなくても風邪はきちんと治りますし、
汗が出たからといって早く治るものでもありません。

汗をかかなければと、厚手の衣類を着こむ、布団を何枚も掛ける、
湯たんぽ・電気毛布で温める、暖房で部屋の温度を上げる、
などするのは体力を奪ってしまうため逆効果になることがあります。

 

たとえば、健康な時に運動などで汗をかくのは、
筋力強化や体力維持に効果を発揮します。

ですが病気の時には体力が消耗しているので、
無理をすれば治りが遅ってしまうことがあります。

 

無理に汗を出そうとするのは禁物ですが、
自然に汗が出るのは熱が下がり始めるのが原因です。

自然に出る分には快方に向かっているので、
引き続き水分をたっぷりと補給して安静にしていることが必要です。

そして、汗をかいたら衣類は早めに取り換え、
吸汗性・通風性のあるものにすることがポイントです。

また、風邪で食欲がない時には無理に食べる必要はありませんが、
水分だけは汗に関係なく、十分に摂取するように心がけましょう。

まとめ

風邪をひいた時は汗をたくさんかくと、
熱が早く下がってくれる。

私もこのことを長年信じてきていたため、
自分はもちろんですが、子供が高熱を出している時も、
少しでも多くの汗を!と頑張っていました^^;

思い起こせばですが・・・

たくさん汗をかいても熱が下がったり上がったりを繰り返して
「汗をかいているのになぜ?」と思っていたこともあります。

汗をかいても風邪の治りが早くなるわけではない、
と知って、過去のいろいろなことが今納得できる感じですね。

 

熱は、体内のさまざまな病原の元を
死滅させてくれるとも言われています。

神様からの贈り物、とも言われることがあるようですよ。

 

心配なのは風邪やインフルエンザなどの時に起こる合併症です。

もちろん、体力をいちじるしく消耗させることもあるので、
こういった点でも気を付けるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

熱がある時は食欲がなく食事ができなくなることが多いですが、
水分だけは、必ずたくさん摂るようにしましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑