風邪の咳を早く止める飲み物や食べ物|ツボ押しは効果がある?

公開日: 

sekiwosurujosei
風邪をひくと熱や咳、だるさ、頭痛や吐き気など
さまざまな症状が出てしまうことがありますよね。

その中でも「咳」につらさを感じることも多いと思います。

喉が痛くて咳が止まらなかったりすると、
仕事へも戻りにくかったりしますが、

周りに風邪をうつしてしまいやすく、
また、周りから嫌がられる、といったことがあると思います。

今回は、風邪の咳をできるだけ早く止めるための、
自分でできる簡単な方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

風邪の咳を早く止める飲み物ってどんなもの?

風邪をひいて咳が出るのは、
気管や体内に水分が不足している可能性があります。

のどが乾燥している時に特に出やすく、
咳を出すことによってまたのどが乾燥するので、
悪循環で咳が止まらない、ということになりがちです。

 

風邪の咳を早く止めるためには、
飲み物で水分を補給すると止まりやすくなります。

この時、冷たい飲み物を
飲みたくなってしまう人が多いと思います。

ですが、冷たいものだと気管支や喉を刺激してしまいやすく、
余計に咳がひどく出てしまうことがあるので避ける方が無難です。

 

咳が止まらない時は、
常温の飲み物で水分を摂取するようにしましょう。

飲み物は水道水でかまいませんが、
水道水が苦手という人も多いですよね。

ミネラルウォーターなど、
体に優しいノンカフェインのものを選ぶようにしましょう。

 

水分を補給したら、マスクをつけておきましょう。

のどや体内の水分が逃げないようにしてくれる効果と、
外からの刺激を受けないように保護してくれる効果があります。

仕事中にマスクをするのは不便があるかもしれませんが、
周りの人に風邪をうつさないためにもかけておいた方が良いでしょう。

 

常温の水で咳が止まらない場合には、
温かい飲み物にすると喉の加湿効果が高まってくれます。

これで咳が止まりやすくなるので、試してみてくださいね。

・抗菌作用のあるカテキンが含まれる緑茶や紅茶

・梅干しを入れたお茶や白湯

・はちみつやしょうが

などにも咳を止める働きがあるので、家庭にあるものを利用してみましょう。

 

また、昔からの民間療法として

・かりんのはちみつ漬け

・金柑のシロップ煮

・大根のはちみつ漬け

なども咳を止める薬代わりとして利用されています。

 

これらの飲み物は薬ではないので、眠くなる成分は含まれていません。

そのため、風邪気味で会社での仕事中に飲んでも
仕事中の業務に差し支えるような心配もなく、
子供でも安心して飲むことができますよ。

 

咳が続くと気管支炎になるリスクが高くなりますし、
体力も奪われ風邪が治りにくくなります。

夜になかなか寝付けないという人もいるので、
咳は、できるだけ早く治めるようにしましょう。

風邪の咳を治す食べものにはどんなものがある?

風邪の咳を早く止めるための飲み物をご紹介しましたが、
食べ物でも咳をしずめる効果が期待できるものがあります。

咳がなかなかおさまらない時は、
食事にも気を使ってみると治りが早くなりますよ。

大根

肺の熱を鎮めて咳や痰を出にくくする効果があります。

大根おろしに、しょうが・はちみつ・レモンなどを加えたものは、
咳止め効果がさらに高まると言われています。

大根をおろしていてのどを通しやすい食べ物なので、
のどが痛い時でも比較的食べやすくなっています。

レンコン

炎症を抑える働きがあり、咳・のどの痛みをに対して効果があります。

風邪の初期症状に特に効果がある食べ物として有名です。

大根のようにおろしたり、
絞って出した汁を飲むという方法もあります。

 

この2つの食材は咳をしずめる食べ物として有名です。

ですが、家では簡単に食することができる食べ物ですが、
勤務中にはちょっと難しいかもしれませんね。

そんな時はお弁当の食材にしてみてくださいね。

大根もレンコンも料理の幅が広いので、
お弁当のおかずとしてなら毎日手軽に食べることができます。

 

また、牛乳や乳製品には
粘膜を強くする働きをもつビタミンAを多く含んでいます。

痰が絡んでいない咳の改善に効果があるので、
乳製品がOKの人はできるだけ摂取するようにしてくださいね。

 

その他では、

山芋・白ネギ・しょうがを混ぜたものをご飯にかけたり、
大根おろし・しょうが・わかめの組み合わせも咳止めして有効です。

朝食や夕食に利用して、
風邪による咳を止める食べ物として利用すると良いでしょう。

 

咳を止める食べ物として、
果物ではパイナップルと梨などががあります。

本来は、すりおろした汁を飲むのが効果的ですが、
汁にして摂ることが難しいこともあると思います。

そんな時はできるだけ、
酵素が生きているフレッシュなものを食べることでも、
喉を潤して咳を鎮静化させる効果を得ることができます。

食後のフルーツとしてぜひ食べてみてください。

 

咳止めに効果のある食べ物はたくさんあるので、
種類によって食材を選ぶとさらに改善の効果が得られます。

ただ、仕事中の急な咳を止める場合には、
食べ物で対処するわけにはいかないと思います。

そんな時は食べ物ではなく、
飲み物などを準備して飲むようにしみてくださいね。

スポンサードリンク

風邪の咳を止めるためのツボって効果があるの?

風邪をひいて咳が止まらない時でも、
自宅療養をしているときなら飲み物を飲むのも簡単ですね。

ですが、仕事中の場合には難しいこともあると思います。

そんな時のために、
即効性の高い「咳を止めるツボ」も覚えておきましょう。

効果には個人差がありますし、
咳の種類によっても効果の程は異なりますが、
押すだけで簡単ですし長時間でなくても大丈夫ですよ。

 

4つのツボが特に咳止め効果があると言われています。

天空・・・比較的即効性の高いと言われるツボです。

場所は、鎖骨に向かって両方の鎖骨の間にあるくぼみにあり、
深く押すと気管があるので息が詰まる感じがする場所です。

コツは強く押さないことです。

中指の腹を使って内側の方に、
息を吐きながら押し、息を吸いながら指を離します。

 

尺沢・・・腕にあるのでいつでも押しやすいツボです。

場所は、ひじの内側の関節です。
親指の付け根から伸びた位置にあります。

反対側の手の親指を当てて押します。

 

孔最・・・激しい咳を鎮める効果がと言われるツボです。

「尺沢」のツボから手首側に指4本分下がった位置にあります。

反対側の手の親指でもみほぐすようにします。

咳の鎮静化に加えて、鼻づまり、のどの痛みの緩和にも効果があります。

 

咳喘点・・・手にあるツボです。

人差し指と中指の間、手の甲のくぼみにあります。

咳の症状がある場合には、押すと痛みがあるのでわかりやすいツボです。

指を立てて爪で押すように刺激します。
少し痛いと感じる程度の強さで、数回押します。

 

デスクワークなどの仕事の場合は特に、
勤務中に飲み物を飲むことができない人も多いと思います。

そんな時は音も出さずにできる
ツボ押しがやりやすい咳止め方法ですので、
ぜひ、自分の押しやすい場所を刺激してみてくださいね。

あとがき

風邪をひいて熱が下がっても、
咳が出ていると仕事に支障をきたしてしまいますね。

咳だけで仕事を休むわけにはいかないのもつらいところです。

 

体の調子はさほど悪くなくても、咳をしていると、
「風邪がうつる」「うるさい」など周囲に思われやすいのが厄介です。

職場でいつでも飲み物を飲める人では、
水筒などに咳を抑える効果のあるものを入れておくのがおすすめです。

 

食べものの場合は、自宅での食事の時に、
できるだけ咳止め作用のあるものを食べたり、

お弁当を作っている人なら、
そういった食材でおかずを多く作るようにしましょう。

 

また、ツボ押しは
いつでもどこでもできる咳止め効果があります。

スポンサードリンク

必ずしもピタッと咳が止まるものではありませんが、
それなりの効果が期待できることが多いので、ぜひ、覚えて試してみてくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑