敏感肌って急になるものなの?乾燥肌とはどう違う?見極め方は?

公開日:  最終更新日:2017/03/12

binkanhada-josei

今まで肌質は普通だと思っていたのに、
年齢とともに「敏感肌」になってきたみたい。

私は40代後半頃からこのような肌の悩みが出てきたんですが、
こんな経験はありませんか?

髪がちょっとふれるだけでかゆくなったり、
今まで使ってきた化粧品が肌に合わなくなって困ったり・・・

でも、急に敏感肌に変わってしまうってことはあるんでしょうか?

スポンサードリンク

敏感肌って急になってしまうものなの?

実は、敏感肌に急になってしまったと感じる人は、
意外と多く不思議なことではありません。

乾燥っぽい人だけでなく、
それまでオイリータイプだった肌でも、変化してしまうことがあります。

 

敏感肌は

刺激から肌を守っている機能が低下

してしまうことで起こります。

この原因は、年齢によって肌の保湿成分が
減少してしまう、ということが多いです。

なので、40代頃になると
急に肌が敏感になったと感じる人が多いんですね。

また、肌の乾燥やスキンケアのし過ぎ、ゴシゴシ洗い。

さらには、季節の変わり目やアレルギー症状がある時、
睡眠や栄養の不足、ストレスなどでも起こってしまいます。

 

季節が変わる時に急に感じるものは、
空気の温度や湿度、紫外線などの変化によるものと考えられます。

このタイプは最近では「ゆらぎ肌」と呼ばれるそうで、
春に多く、一時的に敏感肌のような状態になります。

 

そして、多いのが年齢によるもの。

これは、若い頃からずっと乾燥も気にしたことがなく、
オイリーや混合肌だった人でも起こります。

 

お肌の曲がり角といえば
25歳や30歳とよく言われていますが、

自分ではわからなくてもこの頃から、
ゆっくりと美容成分が体や肌から失われています。

 

40代や後半頃になると急激に
肌の水分量が減りバリア機能が低下

それまで何ともなかったため、
「急に変だな?」と感じる人も多いのです。

 

髪の毛や衣類などがこすれたり、
使っていた化粧品で突然ヒリヒリと感じることもあります。

顔だけでなく体全体や、
頭皮にかゆみを感じる人も多くなるようですよ。

 

私の場合も敏感肌は年齢によるものからきているようです。

アレルギー体質なので
最初はアレルギーだと思っていましたが、
化粧品を変えることで徐々に敏感肌が改善されてきました。

保湿効果が高い化粧品に巡り合うことができ、
ここしばらくはこんな化粧品を使って保湿をしています。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクでこんな効果が!

3か月たった頃にはすっかり敏感肌が改善されました。

毛穴が目立たなくなる効果も実感できています。
気になる方はこちらの記事も読んでみてくださいね^^


スポンサードリンク

 

敏感肌と乾燥肌はどう違うの?

敏感肌と乾燥肌って似ている感じがしませんか?

違いを簡単にご説明します。

乾燥肌・・・皮脂や水分の量が少ない肌

潤いがなくカサカサしやすい。
肌が乾いていて小じわができやすい。

敏感肌・・・小さな刺激が伝わりやすい肌

髪の毛などが触れるだけでかゆい。
化粧水が肌にしみる。

 

乾燥が進みバリア機能の低下状態が続き、
これによって肌が敏感になってしまうことが多いようです。

敏感肌の元は肌の乾燥と言えそうですね。

 

2つの肌は関連性がありますが、
単に肌がカサカサしているだけの人は乾燥肌。

何かが触れるだけでかゆみや痛みが出る人が
乾燥が進んだ敏感肌ということになります。

 

敏感肌かどうかはどうやって見極める?

始めて使う化粧品をつけてみたら、
肌が赤くなって荒れてしまった。

これは明らかに敏感肌と言えますが、
なんとなく最近かゆくなることが多い、
という時は自分でも判断に困りますよね。

 

基礎化粧品が肌にしみるようになったり、
髪の毛が1本ふれるだけでかゆい!

こんな症状があれば敏感肌とみて良いと思います。

 

敏感肌は乾燥がひどくなった状態と言われています。

化粧品は、アルコールや香料など
刺激のある成分が配合されていないものを選び、
保湿効果をしっかり得られるものを使いましょう。

 

美容関連記事

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクのレビュー
こなゆきコラーゲン洗顔料のレビュー
メイミーホワイト60 美白パッククリームのレビュー

スポンサードリンク

敏感肌に関するまとめ

敏感肌は肌の乾燥が進んで、
外部からの刺激に弱くなった肌のことです。

肌の乾燥・・・つまり水分が足りない状態なので、
保湿効果がある化粧品を使うようにしましょう。

 

肌が乾燥するようになってきたかな?
と感じた時点で、

早めに保湿ケアを取り入れるのがおすすめです。

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑