もしかしてそれは秋バテかも!夏バテとの違いや秋バテの症状をチェック

公開日: 

akibate-shoujou
バテルといえば夏の暑さのせいで、
体がだるくなってしまうイメージですが、

秋になったのに、なんだか体がだるい

こんな症状で疲れを感じてはいませんか?

秋バテというのを聞いたことがあるけど、
自分の症状はこれに当てはまるのかな?

という人は、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

もしかして秋バテかも?秋になっても体の調子が悪いことってある?

秋になって涼しくなると外出もしやすくなり、
家の中でも過ごしやすくなってくる頃ですね。

なのに・・・体がだるくて調子が悪い。

これって「秋バテ」という症状なの?と思うことはありませんか?

 

hatena-aikon2実際に秋バテというのはあるんでしょうか?
昔はほとんど聞いたことがない言葉でしたが、
近年では、この秋バテの症状を感じる人が多くなっています。

 

秋バテの原因と言われているのは、

気温が急激に変化すること

特に夏からの季節の変わり目に多く、
日中の暑さと夜の寒さの変化に
体がついていけない状態になった時に体調を崩しやすい。

台風などの気圧の乱れ

台風が多くなったり雨の日が長く続いたりすることで、
気圧が乱れやすくなり、体調不良を感じやすい。

夏の生活習慣を続けている

冷たい物の飲み食いや、薄着での生活など、
夏にしてきた生活をそのまま継続することで、
知らずに体が冷えることで疲れが出やすい。

こういったことがあげられています。

 

秋になったばかりの時期ですと、
まだまだ日中は暑いので半袖で過ごすことも多いですよね?

ですが、そのまま外出して帰り時間になると、
夜風が意外に涼しくブルッとくることもあると思います。

 

さらに、夏の間に食欲があまりなく、
冷たい食べ物や飲み物ばかりで過ごしてきた場合、
知らないうちに体力が低下していることもあり、
気温の変化で体に不調をきたしてしまうこともあります。

 

さらに、秋といえば台風の季節!

気圧の変化を体で感じやすく、普段から雨の日は調子が悪いと感じる人は、
この気圧の変化で頭痛やめまいなどを強く感じる人もいます。

 

秋バテは涼しくなる頃に体に不調を感じるので、
風邪かな?と間違いやすいのが特徴のひとつです。

体力低下と体の冷えが重なって
実際に風邪をひいてしまうことも少なくないですが、

なんとなく体がだるくて原因がわからない。

こんな時は「もしかして秋バテかも?」という可能性があるのです。

 

夏バテと秋バテの違いを知っておきましょう

同じように体のだるさを感じる夏バテと秋バテ。

特に、夏なのか秋なのかよくわからない、
という季節の変わり目は「どっちバテなの?」となってしまいますよね。

これは、季節で判断するよりも、
違いについてを知っておくとわかりやすくなります。

 

hatena-aikon1夏バテと秋バテの違いって何?
実は、症状がほとんど同じの夏バテと秋バテ。

食欲の低下や体のだるさ、めまいなど、
この2つは症状がどちらもほぼ一緒なんです。

 

では、何が違うのか?というと・・・

それは「原因」なんです。

 

秋バテの症状が出る原因は、
体調の悪さが長い間に体や心にストレスを与えることです。

夏の間に食欲がなく、倦怠感を感じたり、
疲れやすいなどの症状が続きます。

これが、7月から8月のとても暑い時期なんですね。

この期間は暑さのせいで食欲が減退して体力が低下。
暑くて寝苦しいなどで疲労がたまっていきます。

エアコンで冷えた室内で過ごす人も多いいですよね。

こうなると知らないうちに体も冷え切ってしまい、
血行が悪くなることで自律神経を乱す人もいます。

 

この期間の疲れが心身ともに蓄積されて、
やがて秋になる頃に疲れが出る人が多いのです。

一般的には、時期は9月頃から、
こういった秋バテの症状を感じる人が多いようです。

 

一方、夏バテの場合は、暑いことが原因です。

食欲がなくなったり寝不足になったり、
冷たいものの摂取やエアコンでの体の冷え。

こういったことから、体のだるさを感じる人がほとんどです。

 

症状がそっくりなので、

夏バテなのか?

それとも秋だから秋バテなのか?

といった点で迷うと思いますが、
原因が違っているので対処方も少々変わってきます。

秋バテの症状を確認して、
少しでも早く体調を戻せるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

秋バテの症状をチェックして早めの対策を

 

秋バテの主な症状として、次のようなものがあります。

・体のだるさ

・疲れやすい

・食欲の低下

・胃腸の不調

・便秘や下痢

・めまいや立ちくらみ

・肩こり

・頭がぼーっとしてスッキリしない

・朝に起きられない

など

原因がわからないけどこのような体の不調が続き、
時期が秋になる頃なら秋バテの可能性が強くなります。

 

秋バテを改善したい時の対処法

温かい食べ物や飲み物を摂取する

冷たいものの摂取で、知らずに弱ってしまっている胃腸を整えるため、
少し温かめのものを飲み食いするようにしましょう。

食欲の低下であまり量を食べれない時は、
栄養のバランスを考えた食事を規則正しく取るようにします。

ぬる目のお湯にゆったりつかる

37度~40度くらいの温かさのお湯で、
ゆったりリラックスしながら入浴しましょう。

できれば半身浴でムリなく体を温めます。

夏の間、暑くてシャワーばかりだった人も、
体の芯から温まるよう、お湯をためて入浴してくださいね。

夜に入って体を温めることで、ぐっすり眠る効果も期待できます。

軽い運動を取り入れる

ウォーキングなどの軽い運動を取り入れ、
体を動かして適度な汗を流すようにしましょう。

日中、まだまだ暑いと感じる時は、
早い時間で気温が低めの時間帯がおすすめです。

そこまで体力がないという場合は、
家の中でできるラジオ体操なんかはいかがでしょう?

全身を使いますが軽い運動ですし、
いつでも好きな時間にできて手軽に行えます。

体がだるい時は、
イスに座って上半身だけを動かしても運動ができますよ。

体を冷やさないようにする

冷えた場所でいつでも対応できるよう、
ちょっとした上着など羽織れる物を持ち歩きましょう。

秋になる頃といっても、さまざまな場所で、
まだエアコンが使われている時期です。

お店の中や乗り物、会社など、「寒い」と感じたら、
体を冷やさないようにすぐに対応できる用意を忘れずに。

日中は暑くても外出の帰りには外の空気が冷たいこともあります。

温度差は体に疲れを与えてしまうので、
できるだけ冷やさない工夫をしてくださいね。

 

秋バテの症状である、体のだるさや頭痛などがあったりすると、
何もやる気になれない・・・ということも多いですが、

秋バテ対処法を少しずつ生活に取り入れることで、
体調の悪さを早く改善していくことができます。

一度にムリをしなくても「食事に気を使う・お風呂に入る」
など少しずつ行ってみてくださいね。

あとがき

せっかく暑くて体がだるくなる夏が終わったのに、
秋になっても体調がすぐれない。

こんな状態だと、体だけではなく、
精神的にもまいってきてしまいますね。

 

夏バテで不調だった人は、
秋になっても体の調子が引き続き悪くなってしまうので、

とっても長い間、だるさや食欲不振、
胃腸の不調などを抱え込むことになってしまいます。

少しでも早く体を元気に戻して活動的になれるよう、
秋バテ対策を生活の中に取り入れてみましょう。

 

スポンサードリンク

今年、夏バテも秋バテもあって大変だったという人は、
次の年は早めの対策で乗り切るように頑張ってみてくださいね^^

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑