収れん化粧水ってなに?普通の化粧水との違いと使い方

公開日:  最終更新日:2016/08/29

shuurenkeshousi
収れん化粧水って最近よく聞くようになったけど、

それって何?
普通の化粧水とは何か違うの?

このような疑問を持っている人も多いかもしれませんね。

普通の化粧水との違いや使い方など、
収れん化粧水についてまとめました。

私が使っているおすすめもご紹介します。
毛穴の変化をお見せしていますので、よろしければご覧ください^^

私が愛用している収れん化粧水

収れん化粧水が気になっている人は読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

収れん化粧水ってなに?特別な化粧品なの?

名前に「収れん」というのがついた化粧水。
なんだか特別で肌にいいのかも?というイメージを持つ人も多いと思います。

 

収れん化粧水とは簡単に言うと、

「毛穴をキュッと引き締める成分が入っているもの」

のことを言います。

肌の表面を引き締めてくれる作用があるので、
キメを整え、化粧崩れを防ぐなど
女性にはうれしい効果が期待できる化粧水です。

 

もともとは、脂性肌の人におすすめの化粧水だったようで、
毛穴がパックリ開きやすい夏の季節に注目されていたようです。

ですが、毛穴が引き締まる作用があることから、
毛穴が目立つようになってくる年齢層の女性に、
どんどん人気が上がってきた化粧水でもあるようです^^

 

収れん化粧水のメリットとしては、

・毛穴を引きしめる(肌の引きしめ)

・キメを整える  (  〃   )

・たるみを引きしめる( 〃   )

・皮脂の分泌を調整(余分な脂を抑えてテカリ防止)

このような効果が期待できます。

さらに、毛穴を引き決める作用があることから、
肌の水分を外へ逃しにくくなるということもあり、
保湿の持続効果もあると言われているんです。

メリットを見てみると、
女性なら誰でも「使ってみたい!」と思うかもしれませんね^^

 

ですが、収れん化粧水にはデメリットも存在します。

水分を逃しにくくなると言われる一方で、
アルコールが多く含まれている化粧水でもあるため、

・肌の表面の水分が蒸発しやすい

・敏感肌の人は肌荒れを起こす可能性

といったようなことがあります。

 

なので、

・皮脂の分泌量が多く肌のテカリが気になる人。

・化粧くずれを起こしやすい人。

こういった人に向いている化粧水とされています。

特に、夏場に毛穴が大きく開きすぎてしまって、
お化粧をするのも大変、といった人にはぴったりかもしれません^^

収れん化粧水と普通の化粧水の違い

収れん化粧水の特徴がわかったところで、
化粧水との違いを見てみましょう。

どっちを使ったらいいの?という人はぜひ読んでみてくださいね。

 

一般的な化粧水の特徴

化粧水といえばその役割は「保湿」がメインです。

乾燥した肌は皮膚老化を早めてしまいます。
代表的なのは、シワができやすくなることですね。

さらに、シミやくすみが発生しやすく、
余分な皮脂が分泌されてしまうことで
大人ニキビの原因になったりもします。

バリア機能も弱まるため外部からの刺激を受けやすく、
敏感肌になったり肌荒れを起こしやすくなります。

こういったことを防ぐために、洗顔で毛穴の汚れを取った後、
化粧水を顔に浸透させるのが一般的なスキンケアになっています。

 

収れん化粧水の特徴

収れん化粧水は普通の化粧水とは違い、
毛穴(肌)を引き締めることが主な役割です。

引きしめ作用で肌のキメが整うことで、
お化粧のノリがよくなり、くずれにくくもなります。

キュッと引き締める作用で、
顔のたるみをいく分引き上げる効果が期待できます。

そして、毛穴を引き締める作用から、
余分な皮脂の分泌を抑えるてテカリ防止にも。

さらに、肌の内部にある水分を
逃げにくくするという効果も期待できます。

 

2つの特徴を見てみると、

収れん化粧水は余分な皮脂を抑える。

これに対し、

一般的な化粧水は、保湿で肌に潤いを与える。

といったところが大きな違いかと思います。

 

収れん化粧水は余分な皮脂を抑えるために、
毛穴、肌を引き締める効果があるということになるんですね。

なので、収れん化粧水が合っている人は、

皮脂の分泌が多くテカリが強かったり、
毛穴が開きすぎて困っている人、ということになりそうです。

お化粧が上手にできない、ノリが悪い、
すぐに化粧崩れを起こしたしまう。

こういった人に向いている化粧水と言えそうです。

スポンサードリンク

収れん化粧水の使い方は?正しい使用方法はあるの?

初めて収れん化粧水を使ってみる、
という人は、使い方も確認しておいてくださいね。

間違った使い方をしてしまうと、
せっかくの収れん化粧水も効果を発揮してくれない可能性があります。

 

収れん化粧水の使い方

スキンケアで肌を整える時、収れん化粧品を使う順番

①普通の化粧水やローション

②乳液やクリームなど

③収れん化粧水

一般的な使い方の順番はこのようになります。

 

つまり、通常のスキンケアの後に、
収れん化粧水をつけるということになります。

普通の化粧水の代わりに収れん化粧水をつけると思っていた、
という人が多くないでしょうか?

実は、私は完全にそう思っていました^^;

ですが、収れん化粧水は、
化粧水で潤いを与えたあとクリームなどで整え、
こういった成分を肌に閉じ込める役割もするので、
最後につけるのが一般的な正しい使い方だそうです。

 

アルコール分が多く含まれている商品が多いので、
肌が敏感で荒れやすい人にはちょっと不向きな化粧品です。

さらに、皮脂の分泌を抑える作用があることから、
乾燥気味の肌の人にもあまりおすすめできません^^;

 

でも、キュッとたるみを引き締める効果があるなんて、
たいていの女性が使ってみたい!と思うのが収れん化粧水ですよね。

そこで、敏感で乾燥肌に悩んだことがある私は、こんなものを使っています^^

私のお気に入りの収れん化粧水

顔につけるタイプではない、
頭皮につける収れん化粧水」を使っています。

お名前は「シュットキュットミスト」というスプレータイプです。

shuttoquttomist

これは、頭皮の毛穴を引き締めて、
顔のたるみを引き上げようというタイプの収れん化粧水です。

もみ込むようにしながら頭皮に浸透させると、
マッサージ効果もあり血行促進・リンパの流れを
スムーズにしてくれる効果も期待できます。

収れん化粧水は顔につけても、
劇的にたるみを解消してくれるものではありませんが、

つけて納得の効果を自分では実感できました^^

 

おすすめの人は私のように、
顔にはっきりとたるみが出てくる年齢の人です。

この頃には頭皮にもたるみが出ているはずですので、
キュッと引き締め作用でたるみをやわらげる効果が期待できます。

 

シュットキュットミストで
毛穴の引きしめ効果の画像を撮りました^^

よろしかったら確認してみてください。

私が愛用している収れん化粧水のレビュー

あとがき

収れん化粧品ってなんだかよくわからなかった、
という人も何となくお分かりになりましたか?

今まで使ってきた化粧水の代わりになるものでなく、
一通りのスキンケアで肌を整えた後に使用するものです。

毛穴の開き、顔のたるみが気になる人や、
皮脂が多くてテカリがある人などに向ています。

 

敏感肌の人には、
アルコール成分が多いので肌に合わないかもしれません。

どうしても使ってみたい人は、
アルコールの入っていないタイプもあるようですので
そちらの方がお肌には安心ですね。

 

また、私が使っている頭皮につけるタイプですと、
いつものお顔のケアをジャマすることなく使うことができます。

スポンサードリンク

顔につけるのは心配な人は、一度使ってみてはいかがでしょう?^^

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑