インフルエンザ予防接種の後はもむ?もまない?そのままでいい?

公開日: 

infuruenza-yobousesshu
インフルエンザの予防接種をした後、
注射を打った部分をもむのか、もまないのか?

悩んではいませんか?

インフルエンザの予防接種の後は、
腕はそのままにしておいてもいいのか?

腕を押さえる時ってどんな時?

という点を確認してくださいね。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の後はもむ?もまない?

インフルエンザの予防接種をしてきたけど、

その後、

もむ?

もまない?

と、ちょっと悩むことがありますよね。

インフルエンザ予防接種の注射の直後、
「もんでくださいね」と看護師さんから言われた記憶がなく・・・

だけど、赤く盛り上がってきた時なんかは特に、
あれ?もんだ方がよかったっけ?なんて思うことがあると思います。

 

hatena-aikon1インフルエンザの予防接種は腕をもむの?もまないの?

インフルエンザの予防接種を受けた後は、

腕は「もまない」のが基本です。

だからといって、絶対にもんではいけない、というわけではなく、
「もなまくても良い」というのが正解のようです。

 

でも、肩に近い腕の注射って、もむのが当たり前、
というイメージを持つのは私だけでしょうか?

勘違いしてしまうのは頭の中で、
「筋肉注射とごちゃまぜ」になっているのが理由のようでした。

 

通常、筋肉注射は薬剤を筋肉に注入しますが、

・体の中に薬を回して吸収を早めるため

・しこりができるのを防ぐため

といった理由で「よくもむ」のが基本です。

熱がある時にお尻に注射をした経験はありませんか?

これは解熱剤なのですが、こちらも筋肉注射なので、
「もんでくださいね」と言われたことがあるかもしれません。

 

ですがインフルエンザの予防接種は皮下注射なので、
もまない」というのを覚えておきましょう。

皮下注射は、ゆっくりと体の中に吸収されていきます。

摂取後に強くもんでしまうと、

・薬の拡散が早くなってしまう

・血管など皮下組織が壊されてしまう

・薬が血管の中に入り反応が出てしまう

といったことにつながる可能性があります。

ちょっと怖いことに、アナフィラキシーを発生させる
頻度を高めてしまうとも考えられているそうです。

インフルエンザの予防接種後は、長い時間にわたって、
強くもんだりしないよう気をつけましょう。

 

また、インフルエンザ以外でも、
一般的な予防接種は皮下注射なのでもむ必要はありません。

でもやっぱり不安・・・という時は、
先生や看護師さんに「もんだ方がいいですか?」と確認してくださいね。

質問しても特に、恥ずかしくも何ともないことだと思います^^

インフルエンザ予防接種後の腕はそのままでいい?

インフルエンザの予防接種の後は、
その部分を「もまなくて良い」というの正解です。

ですが、ちょっと赤くなってきたり、
注射した辺りが硬くなったりすると心配になりますよね。

そのままにしておいていいのかな?と、
不安が出てくると思います。

 

checkインフルエンザ予防接種をした腕はそのままで大丈夫です。
もむ必要がないので、基本はそのままでOKです。

・赤くなっている

・腫れている

・かゆみがある

・痛みがある

こういった症状はインフルエンザ予防接種の特徴でもあり、
症状が軽い場合はそのままにしておいても良いです。

通常は3日か4日もすると赤みや腫れもひき、
かゆみや痛みがあった場合もほとんど消えていきます。

ですが、症状の度合いがひどい場合。
例えば、腫れやかゆみが強い時などです。

こんな時は、その部分を冷やすようにしましょう。

ムリに冷やす必要はありませんが、
腫れて痛い、かゆくて我慢できないなどの時は、
保冷剤などを使って冷やしてみましょう。

 

また、通常は3~4日でなくなる症状と言われますが、
個人差があるようで、私の知り合いの子供さんでは、
1週間以上も見た目に腫れが残る子もいます。

なので、5日たっても腫れがひかなくても慌てずに、
不安な場合はインフルエンザ予防接種を受けた病院へ、
連絡をとってみるのも良いと思います。


スポンサードリンク

予防接種の注射で腕を押さえる?

インフルエンザの予防接種をした後は、
「もまずに、そのままにしておく」のが基本です。

だけど・・・

注射をした後に「少しの間押さえといてくださいね」と
看護師さんから言われた記憶はないでしょうか?

もむ・もまない・押さえる・腕を折り曲げる。
注射の後はこんな行動をするイメージがあります。

 

通常、注射の後に腕を曲げて押さえるというのは、
血管注射と言われる注射をした時です。

血液を検査する時の採血がわかりやすいと思います。

血管にハリを直接刺すので、
針を抜いた時に血管内の血が出てきます。

これを止めるために押さえる必要があるんですね。

 

たいていは5分ほどしっかり押さえておきます。

しっかり押さえておかないと、
内出血が起こり青いアザが大きくなることがあります。

また、強くもんでしまうと内出血がひどくなり、
さらに大きな青アザを作ってしまうかもしれません。

血管注射の場合は看護師さんが
「押さえてくださいね」というので指示に従いましょう。

 

注射の種類によって何も言われない時は、
基本的には何もしなくても大丈夫です。

ですが、あれ?とちょっと不安を感じたら、
もんだ方がいいですか?と確認してくださいね。

あとがき

インフルエンザの予防接種は
一度は受けたことがあるという人が多いですよね?

だけど、もむ・もまないで考えるとどっちが正しかったかな?
と正確なところがわからない人も多いと思います。

インフルエンザの予防接種はもまなくても大丈夫です。

基本的にはそのままにしておきます。

インフルエンザに限らず予防接種はもまない、が基本です。

スポンサードリンク

もんでしまうことで副作用の可能性を
高めてしまうという話もあるようですので、
「もまない」を覚えておいてくださいね^^

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑