インフルエンザの予防接種で熱が出ることはある?具合悪い

公開日: 

infuruenzayobousesshu-netsu
インフルエンザ予防のために受けた予防接種。

受けたら熱が出てしまった!

なんだか具合が悪い。

こんなことはありませんか?

せっかく予防接種を受けたのに
インフルエンザにかかっちゃった?

それとも、ワクチンが原因で熱が出たの?

予防接種後の熱や具合の悪さって何が原因なんでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種で熱が出ることはあるの?

インフルエンザの予防接種を受けた後、
急に熱が出ておどろいたことはありませんか?

せっかく予防のために注射を打ったのに、
ワクチンでインフルエンザになってしまったのでは?

という不安が出てきますよね。

 

checkインフルエンザの予防接種で熱が出ることはあります

これは、副作用の中のひとつの症状です。

たいていは注射を打った腕が腫れたり、
痛みやしびれなど部分的な副作用が現れる人が多いですが、

約5~10%の人に、
このような全身で反応する副作用が出ると言われています。

熱が副作用からきているものであれば、
通常では数日(2~3日)でおさまってくれます。

 

ひょっとしてインフルエンザにかかった?
とあわててしまいそうですが・・・

インフルエンザ予防接種は不活化ワクチンを接種します。

不活化というのは、細菌またはウイルスを殺してしまって、
毒性をなくしているワクチンです。

インフルエンザの予防接種では
この毒性のないワクチンを体内に入れるので、
予防接種を受けてもインフルエンザにはかかりません。

体に免疫をつけるための成分なので、
ウイルスを直接体内に入れているのではないんです。

安心してくださいね^^

 

hatena-aikon1じゃあ、どうして予防接種で熱が出るの?

体の中にワクチンが入った時、
「異物が侵入してきた」と体が反応しているからです。

これは、人の体の防御反応とも言えます。

異物が侵入してきた時、
体の中で抗体を作り出す働きが起こります。

抗体は、2度目にそのウイルスが入ってきた時に、
やっつけようとする働きをしてくれるものなんです。

この、抗体が作り出される時に体が反応して、
さまざまな副作用が出ることがありますが、熱もその中のひとつです。

 

ただし、インフルエンザにかかってはいないのか?
となると、これは100%かかっていないとは言えません。

予防接種を受ける時期に、
すでにインフルエンザが流行していて、
摂取前に体の中にウイルスが入っていた
ということもないとは言えないからです。

インフルエンザはウイルス感染をしてから、
発症するまでに「2日前後」の間、体の中で菌が隠れています。

インフルエンザの流行時期・初期症状・潜伏期間

予防接種の前にウイルス感染していた、
ということもないとは言えないからです。

 

また、インフルエンザや風邪が流行する時期は、
病院には患者さんもたくさん診察に来ています。

通常診療と一緒に
予防接種を受け付けている病院もあるので、
こういった場所でウイルス感染も考えられます。

心配な時はマスクの着用をおすすめします。

インフルエンザ予防接種を受けたら具合が悪くなった

インフルエンザの予防接種の副作用は、
とにかくたくさんの症状があります。

ちょっとした腕の腫れから、
熱が出るなどさまざまですが・・・

「具合が悪くなる」といった、
はっきりと「この症状」と言えないものもあります。

 

具合が悪くなるというので多いのが、

・頭痛
・吐き気
・体のだるさ

といったような症状です。

 

インフルエンザにかかった時の症状に似ていますよね。

そのため、摂取に行った先の病院で風邪にかかった?
もしかしてワクチンでインフルエンザに感染した?

という心配も出てきそうですが、
上の方でもお話したように、
予防接種ではインフルエンザにかかりません。

こういった症状も副作用のひとつで、
数日で症状がおさまるのが通常です。

 

また、

・鼻水
・咳
・息苦しい

などの症状を感じる人もいます。

 

こちらは風邪の症状に似ていますが、
アレルギー反応が副作用として出ている可能性があります。

このように、インフルエンザや風邪?
と思われる症状が出た場合でも副作用のことが多いので、
まずはあわてずに様子を見てみましょう。

 

また、アレルギー症状で蕁麻疹などの症状が出ることもあります。

インフルエンザ予防接種のワクチンの中には、
わずかですが卵由来の成分が入っているので、
卵アレルギーがある場合は注意が必要です。

 

まれに、アナフィラキシー・ショックの症状が出ることもあります。

摂取後30分ほど病院で様子を見る。

摂取後24時間は副反応が出ないか注意する。

こういったことに気を付けるようにしましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防摂取の副作用で体調がくずれたら?

インフルエンザ予防接種での代表的な副作用は、
注射をした部分が赤く腫れたりかゆくなったり、
痛みが出たりする、といった症状です。

少し症状が強くなると、
腫れがひどくなったり腕全体が痛くなる、
手にしびれが出るなど重くなります。

 

また、熱が出たり頭痛や吐き気、倦怠感など
風邪やインフルエンザにかかったような症状が現れることもあります。

このような副作用は軽いものであれば、
数日でおさまることがほとんどです。

腕の腫れや痛みは冷やすなどの対処をして、
数日間様子をみるようにしましょう。

 

(腕に出る副作用の症状に関してはこちらをどうぞ。)
炎症・赤くなる・腫れるのはなぜ?
痛い・だるい・手にしびれの症状

腕の腫れや赤みが強く、注射をした部分からヒジや肩の方まで
広がってしまうような時は病院へ相談した方が安心です。

 

また、熱や咳や鼻水などのように
風邪によく似た症状が出ることもあります。

こちらも、軽い場合は様子を見てください。

 

インフルエン予防接種で副作用の出る人は、
全体の10%~20%の人とされています。

2,3日、または長くても5日ほどで、
症状は消えることが多いと言われていますが、
期間が長くなって気になる時は病院へ相談しましょう。

 

気をつけたいのが、アレルギーの過剰反応です。

まれにアナフィラキシー・ショックを起こす人もいます。

接種から30分以内に出るひどい症状ですが、
呼吸困難やじんましん、嘔吐などの症状は危険です。

ワクチンの中には卵の成分が少しだけ残っているので、
卵アレルギーのある人は特に気をつけましょう。

完全な卵アレルギーのある人は、
インフルエンザ予防接種は受けない方がいいですね。

どうしてもという場合は、医師に話して相談してからにしてください。

あとがき

インフルエンザの予防接種は、
腕が赤くなるといった軽い程度のものから、
熱が出たり体全体に症状が出るものもあります。

体の中に入ってくるワクチンを
異物とみなして抗体をつくるために出る症状で、
免疫が作られている証拠でもあるので
軽度の場合は安心して様子を見るようにしましょう。

熱が出るのも正常な反応と言えますが、
通常であれば38度前後、というのが目安のようです。

 

熱だけであればこちらも様子見大丈夫ですが、
特に小さい子供で、けいれんなどの症状が出るのは危険です。

こんな時はすぐに病院へ行ってくださいね。

 

インフルエンザは副作用の話を聞くと、
受けるのがちょっと怖くなりますね。

ですが、ほとんどの場合は症状は軽く数日で消えます。

副作用は免疫が体内で作られていることへの反応なので、
あまり怖がらなくても大丈夫です。

 

気をつけなければならないのはアレルギー症状です。

特に、卵アレルギーのある人は、
インフルエンザの予防接種は受けない、

スポンサードリンク

または受ける前に医師にしっかり相談する、
といったことを忘れないようにしましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑