インフルエンザ予防接種は熱がある時でも大丈夫?風邪やのどの痛みがある時は?

公開日: 

infuruenzayobousesshu-netsu
インフルエンザの予防接種を受けるはずだったのに、
体調が悪くてどうしよう?ということはありませんか?

予約しなおすのも面倒だし、
先延ばしにしたくないという時もありますよね。

熱があったり風邪を引いているみたいな時、
摂取することはできるんでしょうか?

また、のどの痛み程度だったら大丈夫?

ということもあると思います。

インフルエンザ予防接種を受ける時の
体調について見ていきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は熱がある時に受けても大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受ける時に、
少し熱があるけど受けても大丈夫かしら?

子供でも大人でもこんな時があると思います。

 

check37・5度以上の熱がある場合は摂取ができません。

それ以下の熱で、例えば37度くらいの時。
ちょっと微熱があるかな?という場合は、
摂取前に医師と相談して決めることになります。

また、37・5度に満たない時でも、
接種を受ける本人の体の調子が悪かったりなど、
何かしらの症状がある時は受けない方がよいとされています。

 

熱があるとどうしてインフルエンザ予防接種を
受けられないか?ということですが・・・

何かしらの病気にかかっている可能性がある」ということが理由です。

その病気とは軽い風邪なのかもしれません。

ですが、もしかしたら、
インフルエンザ予防接種を受けることで、
重い副作用が出るアレルギーに関する症状かもしれません。

このように、熱はこれから症状が出てくる、
病気の可能性を否定できないというのが理由です。

 

インフルエンザ予防接種を受けた後に熱が出た場合、

・ワクチンの影響で何かしらの影響が出たのか?

・もともと風邪を引いていただけなのか?

受ける時点で熱があるとこういったことがわからなくなってしまいます。

そのため、熱がある時は受けることができないとされているんです。

 

37・5度というのは、微熱と高熱の境目に、
目安として設定されている熱の高さです。

なので、普段から熱が高めの人と、
低体温の人とではまた、状況が変わってくると思います。

特に、小さい子供の場合では、
普段から37・3度くらいの体温の子もいますし、
ちょっと暑かったりするだけで37・5度以上になることもあります。

逆に、低体温で普段35度台しかないという人なら、
37・5度はけっこうな高熱になりますよね。

このように個人差もあります。

 

インフルエンザ予防接種は受ける前に熱を測りますが、熱以外にも、

体調がいつもとは違わないか?とか、
体がだるかったりしないか?などのように、
いつもとは違うことがないかもしっかり確認しておきましょう。

インフルエンザ予防接種は風邪を引いていても摂取できる?

インフルエンザ予防接種は、
熱が高い時は受けられないということはわかったけど・・・

ちょっとした風邪程度なら受けられるかな?

というところでもまた、迷いますよね。

 

軽い咳や鼻水が出ているくらいだけど、もしかしたら風邪の引き始めかも?
という具合に、本人でさえわからない時があると思います。

この場合は、摂取を受ける前に問診票に、
出ている症状をきちんと書いたうえで、
病院の医師と相談して決めるようにしましょう。

 

風邪のような症状が体にある時は、
免疫力が低下していることも考えられます。

こういった体の状況では、
ワクチンを投与しても抗体がきちんと作られない時もあります。

せっかく予防接種を受けても、
意味がなくなってしまう可能性があるということです。

 

その他、上の方で
熱がある時に受けられない理由について書きましたが、

それと同様に、咳や鼻水が
「アレルギー症状であるかもしれない」というのもあります。

インフルエンザ予防接種は、
卵アレルギーのある人は受けない方がよいとされています。

アナフィラキシーショックという、
重い副作用が出る可能性もあるからです。

 

(インフルエンザ予防接種の副作用についてこちらもご参考にどうぞ)
腕が痛い・だるい・手にしびれの症状は出る?
腕が炎症?赤くなる・腫れるのはなぜ?
熱が出たり具合が悪くなることはある?

 

熱が高く出ていなくても、
風邪のような?という症状だからと軽く考えず、
自分の体調をしっかり医師に伝えたうえで、
インフルエンザの予防接種を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

のどの痛みがあるけどインフルエンザの予防接種を受けるられる?

熱は出ていない。
咳や鼻水も出ていない。

風邪を引いている感じはないんだけど、なんだかのどが痛くて・・・

このような軽いのどの痛み程度しかない場合も、
インフルエンザの予防接種は避けた方が良いのでしょうか?

 

これに関しては、

ちょっとくらいの風邪のような症状の時は、普通に注射を打っている、
という人もいれば、

体調が万全になるまで回復を待って打っている、
という人もいて、それぞれのようです。

風邪の初期症状のようなものが出ていても、
熱も微熱程度なら摂取をしてしまう人もいますし、
体が完全に元気な状態でなければ摂取をしない、という人もいます。

 

インフルエンザ予防接種前に医師に相談しても、
先生によって診断が違うようですね。

のどに違和感がある程度なら、大丈夫でしょう、
ということでOKを出す先生も多いようです。

 

インフルエンザの予防接種は、
腕が赤く腫れたりかゆみや痛みをともなったり、
中には、倦怠感や熱が出るという副作用が出る人もいます。

このような副反応が出る人は
予防接種を受けた中の5~10%と言われていて、
ほとんどが、数日で症状が消えていきます。

 

怖いのは、やはり重度の副作用が出ることです。

アナフィラキシーショックやぜんそく、
急性脳脊髄炎などがその、重い副反応です。

副作用としては、ごく稀と言われていますが、
こういった反応が100%出ないとは言い切れません。

インフルエンザ予防接種を受ける時は、
できるだけ体が健康状態である時に受けるのが理想です。

 

のどの痛みだけなど軽い症状で
予防接種を受けようか?という場合は、

必ず、医師に細かに症状を説明したうえで、
相談して摂取を決めるようにしてくださいね。

あとがき

インフルエンザ予防接種といえば、
毎年必ず受けているという人が多い注射ですよね。

一度受けると一生受ける必要のない予防接種と違って、
効き目のある期間もある程度決まっています。

なので、予約した日に受けておきたい!
というタイミングもあると思います。

熱だけという症状であれば、
37・5度以上は受けられないという目安があり、
この場合はやはり、無理をせず日を伸ばした方が安心です。

 

熱はないし比較的元気なんだけど、
咳や鼻水で風邪のような症状があるという時は、
しっかりと抗体が作られないこともあります。

また、のどの痛みと咳や鼻水もそうですが、
これから高熱が出る前の症状といったことも考えられます。

 

熱が出るとその原因が、
予防接種の副作用によるものなのか?
それとも、他の病気なのかという点で、
判断がつかなくなってしまうので、
できるだけ体調が万全の時に受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

ちょっとした症状があるけど
インフルエンザ予防接種を受けてしまいたい時は、
しっかりと症状の詳細を話し医師と相談してくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑