赤ら顔は運動不足の人になりやすい?運動で改善できる?

公開日:  最終更新日:2017/10/08

akaragao-undou
赤ら顔で悩む人の多くは、なんとか治すことはできないものかと、調べてみたということが多いと思います。

その中で「運動不足は赤ら顔になる」というのを見たり聞いたりしたことはありませんか?

これって本当なんでしょうか?
だったら運動をすれば治るの?

こういった、赤ら顔と運動の関係についてご紹介したいと思います。

赤ら顔は運動不足の人になりやすいって本当?

つねに顔が赤い人や何かの時に赤くなる人の中で、ニキビなどの炎症が原因でない場合、

運動をすると赤ら顔になってしまう

という人が多いと思います。

 

激しい運動でなくても、ちょっと体を動かしただけで赤くなる。

こんな人もいますよね?

運動不足だと赤ら顔になるという話もあるのに、運動すれば顔が赤くなるってちょっと矛盾に感じますよね。

 

運動をしたときに顔が真っ赤になってしまうのは、運動時に体から熱が発せられることで起こります。

ですが、誰でも真っ赤になるわけではないんですよね。

他の人の顔を見て、さほど赤くない顔がうらやましな~と思った経験があると思います。

 

赤ら顔の原因の多くは、

・顔にある毛細血管の拡張が人より大きく戻りにくい

・皮膚の厚みがなく薄いので血の色が目立つ

・色白で血の色が肌の外に見えやすい

こういったことになりますが、このような血管や肌の性質によって、顔に熱がこもった時にほっぺが赤くなってしまうんです。

つまり、目立つ人と目立たない人の違いということが大きいかと思います。

関連記事

赤ら顔の原因は遺伝なの?改善するには?

 

運動不足の人は赤ら顔になりやすいと言われていて、これは実際に「血行の悪さ」とも関係があります。

 

ですが、運動を取り入れても一向に改善されないという人も多いと思います。

実際、私は赤ら顔が1番ひどかった頃の中学~高校時代は運動部に所属していました。

その頃は体を動かすことも好きでしたし、運動不足という言葉とは縁のない生活でした。

ですが・・・

私の赤ら顔はこの運動をしていた時代が一番ひどく、特に、運動をしている時が赤ら顔がマックス状態だったのです^^;

 

このことからも、原因が運動不足に限っているわけではないことがわかります。

 

全身の血液循環が悪くこれが赤ら顔につながっている人は、有酸素運動ができるウォーキングなどの軽い運動を生活の中に取り入れてみるのもいいですね^^

スポンサードリンク

赤ら顔は運動をすることで改善できるの?

上でご紹介した話のように、赤ら顔の原因は運動不足によるもの、と決まっているわけではありません。

運動不足が原因になっていることもある」というのがお分かりいただけましたか?

つまり、運動不足が原因となって、顔が赤くなってしまう人もいるということです。

 

だからといって、じゃあ運動しないわ、というのでは、ちょっともったいない感じがします。

自分の赤ら顔の原因は運動不足とはっきりわかることはあまりないかもしれませんが、適度な運動は心身ともに良いことばかり。

健康やダイエットに良いのはもちろんですが・・・

緊張やストレスなど自律神経の乱れからくる、赤ら顔改善効果が期待できることもあるからです

 

適度な運動で有名なのはウォーキングですね。
ウォーキングのような有酸素運動が特におすすめです。

有酸素運動のメリットは、

・脂肪燃焼などダイエット効果

・呼吸器や循環器の機能向上

・脳の機能の活性化

・自立神経を整える

・全身の代謝を高める

・血液の循環をよくする

などですが、

この中でも、自律神経を整えたり、血液の流れを良くすることが赤ら顔を改善することにつながっていきます。

 

さらに、ニキビなどで肌荒れがひどい赤ら顔の場合、代謝が高まることで改善できることもあります。

余分なものを体外へ排出することで、ニキビが出ない体質へ変わることが期待できるからです。

 

赤ら顔改善のための運動では、筋トレのような無酸素運動は逆効果と言われることもあります。

運動をするなら、ぜひ、有酸素運動を継続して行うようにしてみてくださいね。

赤ら顔の原因の多くは肌質に関係しています

赤ら顔と運動の関係についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

自分に当てはまっている、と感じましたか?

もしも、「自分の赤い顔は運動不足が原因かも?」という人は、ダイエットにも良い有酸素運動を1日30分以上を目安に行ってみてくださいね。

 

だけど実際には「私の顔が赤いのは運動とは関係ない気がする」という人が多くないでしょうか?

 

それは、赤ら顔の原因が、

肌質に関係していることが多いからです。

 

原因はさまざまですが大きく分けて3種類に分かれています。

・毛細血管が拡張しやすい

・血行が悪く血液が顔にとどまる

・ニキビなどで肌荒れや炎症を起こしている

毛細血管が拡張しやすかったり血液の循環が悪く顔のあたりでとどまってしまい、さらに、色が白い人や皮膚の薄い人が、外側に赤い色として目立ってしまいます。

ニキビは特に何もしなくてもできにくい人もいますが、スキンケアを頑張っている人でもできやすい人がいます。

このように、肌質は遺伝からくることが多いので、親兄弟姉妹にも赤ら顔の人がいることが多いようです。

 

赤ら顔改善には、この肌質を変えていくことが必要になってきます。

運動などで血流改善など内側からと一緒に、外側からも働きかけてあげる方が改善効果は高まります。

 

(私が使っている赤ら顔改善化粧品もご参考にどうぞ)
uluシェイクモイストミルクのレビュー

(肌荒れなどが原因で顔が赤い場合はこちらもおすすめです)
トリニティーライン オールインワンのレビュー

 

肌のバリア機能を高めながら、丈夫で健康な皮膚を目指していきましょう^^

 

あとがき

若い頃に赤ら顔を何とかしたい、といつも思っていた私ですが、最近のネット社会になってから初めて、赤ら顔に悩む人が多いことを知りました。

遺伝する肌質が大きな原因ということで、思い当たるころが大きいです^^;

 

赤ら顔はなかなか治すのが難しいですが、ある程度の原因がわかれば改善策も見えてきますね^^

・規則正しい生活
・適度な運動
・肌に良い食べ物
・赤ら顔に良い化粧品

などいろいろ試してみてくださいね。

自分に合った赤ら顔改善方法が見つかるかもしれません^^

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑