インフルエンザで高熱がある時や薬を飲んでいる時にお風呂はOK?

公開日: 

infuruenza-kounetsu-ofuro
インフルエンザにかかっているけど、
どうしてもお風呂に入りたい!

高熱があるけど大丈夫かな?

まだ薬を飲んでいるけど大丈夫かな?

このような時どうしたら良いのでしょうか?

インフルエンザで高熱がある時や、
薬を服用している時のお風呂についてまとめました。

スポンサードリンク

インフルエンザで高熱がある時はお風呂に入ってもいい?

インフルエンザといえば高熱がつきものです。

基本的には寒気や熱が出る間は、
お風呂に入ることはさけておく方が無難ですが、

まだ完全に治っていないけど、どうしても仕事を休めない!
そんな人もいることと思います。

数日間布団の中で過ごし、
汗でベタベタになった体や髪の毛。

こんな時、まさかこのまま行くわけにもいけないけど、
お風呂って熱があっても入っていいのかな?と迷ってしまいますよね。

 

hatena-aikon1インフルエンザで高熱でもお風呂に入っていい?

インフルエンザ中のお風呂に関してですが、
いつくらいから入っても良い、といった決まりがありません。

なので、入ってはいけないということはないのです。

ただし、高熱がある時は、
お風呂に入ることは極力しない方が良いです。

その理由は、症状が悪化する恐れがあるからです。

 

実は、お風呂に入って汗をかくというのは、
思っている以上に体力を使っています。

体が運動しているような状態になっているからです。

インフルエンザ中はただ横になっているだけでも、
知らない間に体力が消耗されているんですね。

体がインフルエンザウイルスを
やっつけようと頑張っているんです。

ここへ、入浴でさらに体力を使ってしまっては、
ウイルスと闘う体力をさらに失くしてしまうことになります。

 

高熱があって寒気がある状態の時は、
お風呂に入ると一時的に体がポカポカ温まります。

ですが、体力を消耗する他にも、
お風呂から上がった後に逆に冷えを強く感じたり、
濡れた髪で頭から寒気が出てくることもあります。

こういった理由から、インフルエンザで高熱がある時は
お風呂は控える方が望ましいと言われています。

インフルエンザで薬を飲んでいる時はお風呂に入れる?

インフルエンザにかかっているけど、
薬を飲んでお風呂に入るのはどうかな?

というインフルエンザ中のお風呂と薬の関係ですが・・・

 

タミフルなどの薬を飲んで症状がよくなってきた。

つまり、症状が改善された時は、体の状態に合わせ、
お風呂に入るのは良いと言われています。

抗インフルエンザウイルスの薬は、
ウイルスそのものの活動を抑えるという働きをするので、
ウイルスと闘い消耗する体力が少しですが抑えられています。

 

ですが、解熱のための薬を服用して、
熱を下げてお風呂に入るのは良くないとされています。

この理由ですが、

インフルエンザにかかっている時に高い熱が出ているのは、
ウイルスを攻撃し、その働きを弱めるためだからです。

薬で一時的に熱を下げている時は、
体内でウイルスの活動が活発になっているということなんですね。

 

高熱がつらくて解熱剤を服用したら、
一時的に熱が少し下がり体が楽になった。

こんな時、これはお風呂に入るチャンス!
と思ってしまいそうですがそうではないということです。

ですので、インフルエンザ中にお風呂に入るのは、
体が回復してきて微熱程度まで下がった頃の方が安心です。


スポンサードリンク

インフルエンザでお風呂に入れる時に気をつけたいこと

どうしてもお風呂に入らなければならない。

こんな事情がある人もいることと思います。

インフルエンザ中のお風呂は、
「微熱程度まで熱が下がってから」ということを頭においたうえで、
入浴する時には次のようなことに気をつけましょう。

 

時間を短めに済ませる

長く入るほどに体力の消耗が大きくなります。
できるだけ短めの入浴でおさえましょう。

汗をダラダラ流すまで入るのは良くありません。

湯冷めをしない工夫

事前に着替えの室内を温めおく。
髪をドライヤーでしっかり乾かす。
すぐに体中の水分をしっかり拭き取る。

このように、お風呂から出た後の、湯冷めに注意しましょう。

水分をしっかり補給

インフルエンザで体調が悪い時は、
食事もままならないことがよくあります。

体力が落ちているうえに水分が足りなくなると、
脱水症状などの危険も出てくるで気をつけましょう。

ムリのない範囲でしっかりと水分を補給することが大切です。

 

まとめると、

汗をかくほどの長風呂をせずに、お風呂の後は湯冷めをしないようする。

そして、水分をきちんと取って、後は安静にして体を休める。

こういったお風呂の入り方になります。

 

ですが、インフルエンザの時は、
できるだけお風呂は避ける方が安心です。

本当であれば熱が下がってから2日くらい、
様子を見て入るのが理想です。

早めに入る時でも、
微熱程度に熱が下がってからが良いとされていますので、
ムリをせずに体を休ませてあげるようにしましょう。

あとがき

今回、私が若い頃インフルエンザにかかり、
それでも仕事を休めなかったという経験があり、
高熱があってもお風呂に入れるか?
という内容で記事を書かせていただきました。

 

ですが・・・

インフルエンザの時は、
ウイルスと闘っている体が体力を消耗している時です。

ですので、高熱がある時や、
解熱剤で熱を下げた状態でお風呂に入るのは良くないです。

微熱程度に下がるまで待ち、
湯冷めしないよう十分注意をして入るようにしましょう。

というのが基本です。

 

昔と違って今はインフルエンザの時は、
職場に来られては迷惑、という方が多いと思います。

スポンサードリンク

人にうつらないまで回復するのを待ち、
体調を万全にしてから行動するようにしてくださいね^^

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑