鼻の表面がかゆい原因|お風呂に入るとかゆいのはなぜ?

公開日: 

hanahyoumen-kayui
鼻の表面がかゆい!

突然おそってくるかゆみに困ることはありませんか?

日中だったりお風呂やシャワーの時に、
必ず鼻がかゆくなる人もいますよね。

鼻の表面のかゆみってどうして起こるんでしょうか?
その原因やかゆみを止めるいい方法はあるのか?

などを参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

鼻の表面がかゆい時に考えられる原因

時々なる人もいればしょっちゅうという人もいて、
意外とやっかいなのが「鼻の表面のかゆみ」です。

かくと赤くなってしまうし、
お化粧をしている女性ではかくわけにもいかない。

困った症状ですよね。

どうしてかゆくなってしまうんでしょうか?

 

鼻の表面がかゆいことになる原因には
いくつかのことが考えられます。

脂漏性皮膚炎やカビ、アレルギー、敏感肌などです。

 

どういったものなのか、1つずつ確認してみましょう。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

皮膚から出る皮脂が酸化した状態になり、
これが刺激となってかゆみが出ます。

皮脂の分泌量が多くなるほど、
かゆみが増して強くなることになります。

カビ

マラセチア菌というカビのことです。

体に悪い物ではなく、
人ならだれでも常在菌として保持している菌です。

皮脂の過剰分泌などが起こると皮脂を分解しようと働くため、
これが原因となってかゆみが出ることがあります。

敏感肌

小さなほこりやまつ毛が1本鼻につくだけで、
肌が敏感な場合は無性にかゆくなることもあります。

 

その他にも鼻の表面がかゆくなる原因は
いろいろあると思いますが、

一般的なもので考えられる原因としては、
上でご紹介したようなことになります。

 

脂漏性皮膚炎や常在菌であるカビが原因でかゆくなるのは、
皮脂の過剰分泌が元になっています。

そして、皮脂が過剰に分泌される多くの原因は、
肌の乾燥」によるものです。

 

ですが、冬に乾燥しやすいから冬になるとかゆくなる、
ということでもないんですね。

皮脂は乾燥や刺激から肌を守るためにあります。

そのため、肌が乾燥しやすい冬の時期だけではなく、
紫外線の多い夏にも多く分泌して肌を守ろうとします。

皮脂が多くなると今度は、
それをエサとする常在菌が増えることにつながります。

増えた常在菌が皮脂を分解しようとすることで、
かゆみが強く出てしまうこともあります。

 

また、バリア機能が壊れてしまっている肌は敏感になり、
ちょっとしたホコリなどが顔につくだけでもかゆくなることもあります。

髪の毛が1本ふわ~っと顔についた時、
無性にかゆくなった経験はありませんか?

このような刺激ですぐにかゆくなってしまう肌の場合、
小さなほこりや花粉などが鼻の表面につき、
これがかゆみの原因となることもあります。

また、アレルギー体質の人では、
ホコリなどのアレルゲンに触れるだけでかゆくなることもあります。

お風呂に入ると鼻がかゆいのって何か原因がある?

お風呂にはいると決まって鼻の表面がかゆくなる。

こんなこともありますよね?

軽くシャワーを浴びているだけなのに・・・
という人も多いと思います。

 

お風呂に入ってかゆくなる時は、
鼻の表面だけなく鼻の中までかゆいことはありませんか?

このかゆみも考えられる原因は一つではなく、
いくつかあるのでご紹介したいと思います。

 

血流が良くなる

人の体には、皮膚にある余分な皮脂や
老廃物などを外へ出そうとする働きがあります。

お風呂やシャワーなどで温まり血流が良くなると、
余分なものを外へ出そうとする働きが強くなり、
これが、皮膚のかゆみにつながることがあります。

アレルギー症状

使っているシャンプーやコンディショナー、
入浴剤などが肌に合わず、
肌に肌に触れた時にかゆくなることがあります。

暖かい場所へ移動した時に血行が良くなり、
いつもより過敏にアレルギーの反応が出ることがあります。

お風呂の中のカビ

お風呂の中のカビが原因となって
アレルギーの症状を出すことがあります。

天井や壁、床、排水溝など
お風呂はカビが特に発生しやすい場所です。

また、体を洗うスポンジや洗面器、
イスなどのカビもかゆみの原因につながることがあります。


スポンサードリンク

鼻の表面がかゆいのを止める方法ってある?

鼻の表面がかゆくなったとき、
これをすれば即効かゆみが止まる!という方法は残念ながらありません。

肌がかゆい時は冷やすことである程度おさまりますので、
状況によっては冷やしてみるのもいいですね。

水に濡らしてしぼったタオルなどを鼻に当ててみましょう。

 

また、薬局などには
かゆみ止め成分が入った保湿クリームなどもあります。

一時的にかゆみを抑えるための
対処法としてはこういったクリームの利用も良いと思いますが、
長期間にわたって毎日続けるのはやめておきましょう。

薬剤師さんに相談したうえで、
適切なものを選ぶようにしてくださいね。

 

鼻をぎゅっとつまんだり、かいたりすることで、
一時的にかゆみは少しおさまることもありますが、

刺激を与えることで鼻の表面が傷つくこともあり、
皮膚を守ろうとする皮脂が余計に出てしまう可能性もあります。

さらに、頻繁に鼻の表面に刺激を与えていると、
皮膚が硬くなり将来のいちご鼻につながることもあるので、
強い刺激はできるだけ与えないようにしましょう。

 

鼻の表面がかゆい時は、
その場で止めるということがなかなかできません。

なので、かゆくならない肌を作るために、
普段からできる対処をしていくことが大切です。

皮脂が過剰に分泌されるのは、

・肌の乾燥

・刺激

・体調

などによって起こります。

改善していくためには肌を保湿して、
バリア機能を高めていくのが良い方法です。

美容に良い食べ物で内側から。
保湿効果のある成分が入っている化粧品で外側から。

といったように肌に働きかけてあげましょう。

あとがき

鼻の表面がかゆくてたまらなくなる症状は、
意外と多くの人にあるようです。

鼻の中ですと冬の乾燥時期に、
かゆみを感じる人が圧倒的に多くなりますが、

鼻の表面の場合は、
夏の紫外線の影響でかゆくなる人も増えます。

多くは肌の健康状態に関係しているので、
普段から、健やかな肌作りのために気を使いましょう。

 

私は鼻の表面、中と両方かゆくなります。

鼻の中は季節を問わずですが乾燥が原因のようで、
保湿クリームをめん棒でつけることで対処しています。

鼻の表面は自分に合った対処法が
なかなか見つけ出せずにいたのですが・・・

最近では、バリア機能を高める成分の入っている
化粧水を使うことでずいぶん改善されてきました。

 

スポンサードリンク

アレルギーが原因で鼻の表面がかゆくなってしまう人は、
部屋やお風呂の中のアレルゲンを排除し、
少しでも、刺激が少なくなるよう工夫してみてくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑