エアコン暖房で設定温度の適温と節電エコな温度は?電気代はどのくらい?

公開日:  最終更新日:2017/02/02

エアコン暖房 設定 温度
冬に欠かせないのはなんといっても暖房ですよね。

エアコンの暖房を使用する家庭が多いと思いますが、
電気代が気になる!という主婦の人も多いと思います。

今回は、

・エアコン暖房で設定温度の適温は?
・節電で節約するためのエコな温度は?
・電気代はどのくらいかかっているのか?

というのをまとめました。

冬に使うエアコン暖房の温度や
電気代などを参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

エアコンの暖房で設定温度の適温ってどのくらい?

冬の間「我が家はエアコンの暖房を使っている」
という家庭が多いと思いますが、

hatena-aikon1エアコンの暖房って設定温度をどのくらいにすれば適温なの?
と、疑問に思いながら使っている人も多いと思います。

 

暖房する時のエアコンの温度設定ですが、

check環境省で推奨している室温は「20度」となっています。
なので、設定温度も20度が理想ということになりますね。

 

各家庭で、みなさんは
どのくらいの温度に設定しているかを調べてみたところ・・・
(ネット上で個人で調べたものです、正確なものではないかもしれませんがご了承くださいm(_ _)m)

20~22度の温度設定にしている家庭が多いようでした。

ちなみに、ファンヒーターを使用している家では、
18度設定の家庭が多いようです。

 

中には、25度や28度といった
高い温度での設定にしている人もいます。

室温は感じる暖かさに個人差があるので、
22度でも寒くて耐えられないという人もいるようです。

温度の感じ方は体格の違いや性別、年齢などでの違いもあり、
低体温の人だと室温20℃設定ではかなり寒く感じると思います。

なので、推奨されている20度設定や、
一般家庭で多い20~22度を必ずしも
守らなければいけないということはありません。

 

エアコン暖房で目安の設定温度にしていても寒い時はまず、

・衣類を重ねて着る

・靴下を重ねて履く

・着る毛布などで体を温かくする

などして調節してみましょう。

ある程度重ね着などで対応しているのに、
それでも寒いと感じる人もいるかもしれません。

そんな時は、「その室温は自分の体には合っていない」
と判断して良いと思います。

また、テレビを見る時など動かない時は
こたつなどを使って暖を取るというのも良いと思いますよ。

こたつの電気代や節電対策

 

エアコンで暖房を使う時の節電エコな温度は何度くらい?

エアコンといえば電気代が高い家電ですよね。

毎日適温設定で使っていても、
「冬場の電気代が高くてまいってしまう~」
なんて主婦泣かせの電化製品です。

夏場は冷房での電気代。冬は暖房電気代。
少しでも節約を!と考えている人も多いと思います。

 

hatena-aikon1エアコンの暖房で節電をしたい時の温度は?
節電でのエコな温度は各家庭によって違ってきます。
普段、20度設定の家もあれば、22度にしている家もあるからです。

エアコンの設定温度は、
「1度低くすると節電効果が約10%」にもなります。

そのエアコンによって違ってくるかもしれませんので、
ひとつの目安として覚えておきましょう。

 

温度を低くして10%の節電ができると、
その分電気代が安くなるのは当然ですよね。

基本料金のからみがあったり、
本体や使用環境などでも変わってくるので、
単純計算で5,000円が4,500円に減ってくれる
とうわけではないようですが・・・

たった1度設定温度を下げるだけで、
電気代の節約になり地球環境にも良いエコになります^^

 

エアコンの暖房を使いながらも
冬なのに薄着をしているな~と思う時はありませんか?

そんな時は衣類を1枚多く羽織って、設定温度を下げてみましょう。


スポンサードリンク

エアコン暖房 電気代の計算方法は?

エアコンといえば、

・夏は部屋を涼しくしてくれる

・冬は部屋を温めてくれる

・湿気の多い季節は除湿もできる

と、とっても便利な電化製品ですね。

ですが、使うとなると気になるのが電気代。

エアコンで暖房を使う時の電気代は、
どうやって計算するのか知っていますか?

 

電気代の計算は、

消費電力(W)×時間(h)=電力量(Wh)

Wh÷1000=(Wh)

という式に当てはめて計算することができます。

 

我が家のエアコンで計算してみますね。
エアコン 暖房 電気代

エアコン 暖房 電気代

470W×1時間=470Wh

これを、単位を合わすためにKWに変えます。

すると、470Wh÷1000=0.47

電気料金は各家庭で電力会社が違うことや、
プラン、ワット数などで違いがあります。

なので、仮に電気料金を20円ということで計算してみると、

0.47×20=9.4円

なので、我が家のエアコンの場合ですと、
1時間にかかる電気代は10円弱ということになります。
(電気料金を20円として計算した場合)

 

お~!安い!!という感じがしますが、
実は我が家は雪国ですので冬場の暖房は大型ストーブです^^;

なので、夏場は夜もエアコンをつけたり、
冬はエアコンの暖房を使うという地域の家庭では、
エアコン自体がもっと消費電力が大きいと思います。

 

こちらで計算してみると、
エアコン 暖房 電気代

1450W×1時間=1450Wh
1450÷1000=1.45
1.45×20(仮の電気代)=29円

ということになります。

 

ただ、電気代の計算はある程度の目安になるもの
ということを覚えておいた方がよさそうです。

例えばエアコンの場合、
設定温度に室内が到達するまでは
運転が強の状態になるので消費電力が大きくなります。

設定温度まで上がると弱くなる、といったように、
消費電力がいつも同じというわけにはいきません。

 

家庭でどのくらいエアコン暖房に
電気代がかかっているかを知るには、
実際に増えた電気代を見る方が
主婦の人にはわかりやすいかもしれないですね^^

あとがき

エアコンで暖房を使う時の設定温度は、
地域によってや家の広さなどによっても
いろいろ変わってくると思いますが、

環境省で推奨されている室温は20度となっているので、
これを目安として温度設定をするのが良いと思います。

 

ですが、温度が20度になっていても、
湿度との関係で寒く感じることもあります。

湿度が低いと体感温度が低くなるからです。

湿度が低い状態の時の人の体は、
表面からちょっとずつ水分が蒸発されていくとのことです。

この時に熱が一緒に奪われていくので、
体が寒さを感じるそうですよ。

 

冬は空気が乾燥しますし、
インフルエンザの流行る時期です。

加湿器の使用などで、部屋の湿度を保つようにしましょう。

関連記事
スポンサードリンク

加湿器の種類や選び方のポイント

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑