汗で肌荒れ?顔や首に赤みやかゆみが!薬をつけるなら?

公開日: 

汗 肌荒れ 顔
汗をかくと肌が荒れてしまう。

こんな悩みはありませんか?

お風呂や温泉、ジムでの運動など、年中汗をかく機会はありますが・・・

やはり、なんといっても暑い夏。

一歩外に出るだけで汗が出て、肌荒れで顔や首が赤くなったりかゆくなったりと困っている人もいると思います。

汗で肌が荒れる原因や、対策方法、つけるとしたらどんな薬?といったことについてまとめました。

スポンサードリンク
  

汗で肌荒れしてしまう原因って?顔や首に赤みが出て恥ずかしい

汗をかくと顔や首が赤くなってしまったり、時間がたってくると、かゆみが出てくる。

だけど、周りの人の顔は赤くなっていないみたい。

これって私だけなの?と思うと、赤い顔が恥ずかしくなってしまいませんか?

 

汗で肌荒れをしてしまうのは、

肌が弱い、または弱っている状態

なのが主な原因です。

 

汗は、そのほとんど(約99%)が水分であるのが通常です。

そして、残りの約1%の中には不純物が入っています。

 

この不純物の中の半分くらいが塩分。

その他には、カルシウム・マグネシウム・乳酸・塩素・尿素などがちょっとずつ入っているといいます。

さらに、微量のアンモニアも入っているとのこと。

 

アンモニアと言えばおしっこ?という感じですが、実は、生体にとって有毒なもの、というのを知っていますか?

通常は尿素を合成し、その毒性を下げているそうです。

 

そんな有毒なものが、ごくわずかな微量とはいえ弱っている肌についているなんて、ちょっと怖い感じがしますよね^^;

塩分だけでもお肌に良くないイメージなのに、塩素やらアンモニアやらがお肌についてしまうなんて・・・

 

肌は通常、バリア機能と呼ばれる機能で、外部刺激からある程度は守られているようにできています。

ですが、この外部機能が正常でない時、紫外線や直接触れたものからの刺激を強く受けてしまうことになります。

 

これが、汗をかいた時に肌荒れを起こす主な原因で、バリア機能の個人差によって、汗をかいても肌荒れしない人とすぐにしてしまう人との違いがあるのです。

特に、顔や首は夏の間露出されている部分なので、紫外線などでダメージを受けていることが多くなっています。

さらに、衣類などが汗を吸収してくれる箇所ではないということもあり、汗の成分から刺激を受た肌に赤みが出やすくなってしまいます。


スポンサードリンク

汗で肌荒れした時にかゆみが出るのがつらい・・・

汗で肌荒れしている時に、かゆみを感じることはありませんか?

普通ならば、荒れている肌に刺激が与えられると、痛みを感じる方が多いような気がしますよね?

実際に、汗が原因の肌荒れでは痛みが出る人が多いのですが、「かゆみを強く感じる」という人もいます。

 

汗の肌荒れでかゆみが出る場合に考えられることには、

・あせも状態になっている

・じんましんが出ている

・接触性皮膚炎を起こしている

・常在菌のバランスの乱れ

・肌の乾燥

このようなものがあります。

 

この中でも、特に起こりやすいのが「肌の乾燥」です。

肌の乾燥といえば冬の乾いた空気が原因?というイメージですよね。

夏で、しかも汗をかいているのに肌の乾燥って?とちょっと疑問に思うかもしれませんが・・・

 

人の体は汗をかくときに、体の水分だけでなく、肌内部の水分も一緒に蒸発させてしまいます。

体の中の水分が体外に出ていくのに、その上肌の水分も失われていくということは・・・

乾燥してしまってもおかしくないですよね?

 

そして、夏は色々な場所で、エアコンなどから出てくる乾いた風に当たりやすい時期でもあります。

そのため、知らない間に肌が乾燥状態になっていることも多く、乾燥でバリア機能が弱っているところへ、雑菌の混じった汗がベタ~っとついてしまっているのです。

これが肌荒れの元になったり、刺激でかゆみが生じることが多くなっています。

 

汗での肌荒れにつける薬はどんなのがいい?

汗で肌荒れが起きている場合、一番良いのは皮膚科で診てもらうことです。

汗が原因で肌が荒れていると思っていても、実は、あせもだったりアトピー性皮膚炎だったりと、素人ではなかなか判断できないことが多いです。

そして、間違ったケアをしてしまうことで、肌荒れが悪化してしまうこともあるからです。

 

ですが、病院へ行く時間がなかったり、なんとか応急処置でかゆみや赤みを抑えたい!

こんな場合もありますよね。

肌荒れでかゆみが出ている場合には、荒れを治すと同時にかゆみを抑える成分が入っているものがいいですね。

 

また、肌荒れの状態が軽いか軽くないかでも、つける薬は違ってきます。

肌荒れ用の薬には、ステロイドと非ステロイドがありますが、市販の薬を買って使うなら、非ステロイドの方が安心して使えそうですね^^

薬局で、薬剤師さんに症状を話して相談してみましょう。

 

汗が原因で起こった肌荒れにつける薬は、出ている症状を治すためのものです。

汗をかくとすぐに肌が荒れてしまうという場合は、治すだけではなく、肌質を変えていくケアもしていきましょう。

肌荒れがしやすい人は、バリア機能が弱まっていることが多いので、普段のスキンケアや生活習慣の見直しで、強い健康的な肌を作るようにしてくださいね^^

スポンサードリンク

あとがき

汗で肌が荒れてしまうのは、バリア機能が弱っている肌に汗の成分がしみてしまうことが多くの原因です。

肌荒れを防ぐために、こまめに汗を拭きとるようにしましょう。

 

かゆみが出た時にかいてしまうと、肌荒れが悪化したり、その部分が黒ずんでしまうので気をつけてくださいね。

冷やすことである程度かゆみを落ち着かせることができますので、冷たい水にぬらして絞ったタオルなどで冷やすようにしてあげましょう。

冷やし過ぎてしまうと、かえってかゆみが増すこともあるので注意が必要です。

 

ガリガリかいてしまわないよう、荒れを治しながらかゆみも抑えることのできる薬をつけるのも良い方法ですが・・・

肌荒れの状態がひどかったり、なかなか治らない時は、皮膚科で診察して診てもらってくださいね。

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑