クエン酸ピーリングがピリピリして痛い!肌荒れを起こした時は?肌にやさしいピーリングをするには?

公開日:  最終更新日:2017/10/08

クエン酸ピーリング 痛い
顔のシミやくすみが消せるというピーリング。

クエン酸を使えば自宅で安く、手軽にできることでも人気になっていますね。

だけど、クエン酸ピーリングを自分でやってみたら・・・

・顔がピリピリして痛い

・肌が荒れたり赤くなった

というトラブルでビックリした人も多いと思います。

これってどうしてなんでしょうか?

肌にやさしいピーリング方法もご参考にどうぞ。

スポンサードリンク
  

クエン酸ピーリングが痛い!肌がピリピリするのはなぜ?

クエン酸ピーリングをしたら顔がピリピリして痛い。

やってみる前に調べてみて、少し痛いというのはわかってはいたけど、こんなに痛いものなの?

とビックリした経験はありませんか?

ガマンして続けても良いものか?
ちょっと迷ってしまいますよね。


クエン酸ピーリングで肌がピリピリして痛いのはなぜ?

これは、クエン酸の性質が酸性だというところに理由があります。

酸といえば、お酢や梅干しに含まれているもののように、食べても体に悪い影響のないものもあります。

そもそも、クエン酸は梅干しなどにも含まれている安全な成分です。

 

ですが・・・
ちょっと思い出してみてください。

硫酸や塩酸。
このような名前を聞くと、あっ!と思いませんか?

そうです。
酸は、すべてが体にやさしく安全とも言えないものなのです。

 

もちろん、ピーリングに使うクエン酸は食べたり飲んだりもできますし(食用を使用します)そんなに危険なものではありません。

ただし、クエン酸ピーリングは角質(古い皮膚)を溶かすという美容方法なので「ある程度の刺激が必ず肌へ与えられているというのは知っておいた方が良い点です。

この刺激こそが、クエン酸ピーリングでピリピリ感が出る理由で、少なからず顔が痛いと感じる人がほとんどです。

 

クエン酸でピーリングする時の濃度は、

精製水100mlにクエン酸10gを混ぜ合わせます。


これは、私が初めてクエン酸ピーリングをする時に調べたものです。

色々調べてみても濃度の割合は同じように紹介されていました。

 

なので、この割合でクエン酸水を作ると良いのですが、ここにちょっと落とし穴が・・・!

この割合を守って作ったからといって、すべての人の肌に適量とは言えないということです。

あくまでも、目安としてということなんですね。

クエン酸を使ったピーリングを自分でする場合には、必ずパッチテストを行ってからするようにしましょう。

関連記事

体まるごとピーリングができるナフラを試してみました!

 

クエン酸ピーリングで肌荒れを起こした!こんな時は?

クエン酸ピーリングをする前にパッチテストをしたけど、顔に使ったら肌荒れしてしまった。

こんなこともあると思います。

顔の場合はとにかく目立ちますし、女性ならお化粧ができなるなど大変なことになってしまうかもしれません。


クエン酸ピーリングで肌荒れしてしまったら?

まずは、荒れた肌を治すことが優先です。

・刺激の強い化粧品などを使わない
・肌に刺激を与えることをしない
・肌にやさしい化粧品でしっかり保湿
・しっかりと睡眠をとる
・バランス良く栄養を摂る

市販の塗り薬なら、抗菌作用成分やオリーブ油、ワセリンなども入っているオロナインなどをつけてみるのも良いと思います。

ただし、オロナインは薬なので長期間は使用できません。

数日、1週間と日がたっても治らなかったり、肌荒れがひどい場合は皮膚科で診てもらう方が安心です。

 

目安の量でクエン酸ピーリングをしても肌荒れしてしまったという人は、クエン酸量を減らすなどの工夫で再度挑戦することもできますが・・・

そもそも、お肌が弱くクエン酸の刺激に耐えられないのかもしれません。

その後のクエン酸ピーリングは、避けておいた方が安心です。

 

肌にやさしいピーリングをする方法ってある?

クエン酸ピーリング 肌にやさしい
ピーリングは肌に残っている古い皮膚(角質)を取り除くことで、ターンオーバーを促し肌を活性化させ、

・シミ
・くすみ(黒ずみ)
・ニキビの跡
・毛穴の開き

などの肌悩みを解消する効果があると言われています。

 

ですが、不要なものとはいえ古い皮膚を強制的にはがす、ということなので、

・敏感肌
・乾燥肌
・アトピー肌

などのように、お肌が弱かったり荒れやすい人には不向きな美容方法とも言えます。

 

だけど・・・

シミやくすみが取れるかも?と思えば、一度試してみたい!と思ってしまいますよね。

 

そこで、少しでも肌にやさしいピーリングを行うために、

・クエン酸の濃度を薄くする

・ピーリングケアの回数を少なくする

・前後にかみそりなどでのムダ毛ケアをしない

・ケアが終わったらしっかり保湿

・重曹を混ぜて使う(アルカリで酸を弱める)

など工夫してみましょう。

 

とはいえ、濃度を薄くしても重曹を混ぜたとしても、ちゃんと効果があって自分の肌へ刺激が強くないか?というところは使ってみるまでわかりません。

実は私も肌荒れしてしまいました^^;

クエン酸ピーリング 効果はあるけど肌荒れに注意!

クエン酸ピーリングの前には、必ずパッチテストを行ってくださいね。

 

また、最近ではクエン酸配合のスキンケア化粧品や、全身の角質ケアが自宅でできる商品もあります。

美容成分などもたっぷりで、お肌にやさしいピーリングケアができます。

クエン酸に比べるとお金は少々かかってしまいますが、こういったケア商品を使用することで顔や体にやさしく角質ケアをすることができます^^

スポンサードリンク

あとがき

クエン酸でのピーリングは確かに効果があります。

私も顔に使ってみましたが、皮膚がはがれてくれました。

そこにシミがあって、一緒にはがれてくれる時(ちょっとずつ)は感動ものです^^

 

ですが、年齢が上がってくるにしたがって弱くなってしまった私の肌には少々刺激が強いようでした。

クエン酸はピーリング用に作って顔につけると、ほとんどの人がちょっとした刺激で、ピリピリと肌が痛いと感じるようです。

このピリピリ感が肌に作用している証拠でもあるのですが・・・

痛いしピリピリ感が強い。
肌が荒れたり赤くなってしまった。

こんな場合はすぐに中止してくださいね。

 

ドラッグストアで買えるクエン酸は、手軽に買えて値段も安いのが魅力ですが、お肌をボロボロにしてしまっては意味がなくなります(・ω・`)

今は角質ケアができる化粧品やボディケア商品もありますので、ムリのない、お肌にやさしいピーリングを行ってくださいね。

ステキな美肌を目指しましょう^^

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑