足が臭いのが消えない原因って?もしかして病気の可能性が?

公開日: 

足 臭い 消えない

ていねいに洗っても、すぐに臭ってくる足の臭い。

時間がたつにつれ、プンプン感じる臭さに、

「何とからならない!?」

と深刻な悩みになっている人も多いですよね。

 

石けんを使ってきれいに足を洗っているのに、どうして臭いが消えないのでしょうか?

何か原因があるの?

もしかして病気の可能性が?

こんな不安も出てきてしまいますよね。

足の臭いが消えない原因などをまとめました。

スポンサードリンク
  

足を洗っても臭いが消えないのはなぜ?

夏は汗で足もベトベト。

冬は冬で、靴の中が蒸れてプンプン臭う。

毎日きれいに足を洗っているのに、すぐに臭いが出るのって不思議に思ったりしませんか?

 

一般的な足の臭いには、3つの原因があると言われています。

・足や靴などの雑菌

・汗(量に関係なく)

・角質(古い皮膚)

これは主な原因となりますが、たいていの場合、この3つが関わっています。

 

汗臭いといえば、汗そのものが臭っているんでしょ?

こんなイメージの人が多いかもしれませんが・・・

実はこれは違うんです。

 

通常、汗というのは臭いはさほど、するものではありません。

食べ物や体の不調などの影響で臭くなるこもありますが、基本的には、汗そのものは臭いがあまりないのです。

 

皮脂をエサとしている雑菌が、汗を分解するときに臭いが出てきてしまうのです。

汗の中にも皮脂が含まれているということなんですね。

 

さらに、足にできやすい角質も臭いの元になります。

なぜなら、角質は人の皮膚(細胞が死んだ皮膚)で、これも雑菌の好物。

エサとなる角質が足にたくさんあると、雑菌も増えてしまうということなんです。

そんなに足汗をかいていないのに、私の足はすぐに臭くなる・臭いが強烈、という人は、雑菌が通常より多くなっているのかもしれません。

関連記事

ナフラで角質ケアをしてみました!


スポンサードリンク

足の臭いが消えない原因はこういうことなんです

足の臭いが出てしまう理由は「雑菌が多い」ということです。

湿度と温度が高めで、

・雑菌が住みよい環境

・雑菌が増えやすい環境

このような場所で臭いの元になってしまいます。

 

靴の中がまさしく、この状態!

そこへ足の角質がたまってしまうと雑菌のエサも増えますので、さらに増殖!ということになってしまうんです。

 

かかとは体重を受ける所なので、自然と皮膚が厚くなります。

かかとの皮膚が刺激を受けて、守ろうとする体の機能で角質がぶ厚くなってたまりやすい場所なんです。

 

通常は、角質は死んだ細胞なので、垢としてはがれて落ちてくれるのが理想です。

ですが、自然とはがれてくれなくて、角質ケアをしない場合、どんどんたまって、ぶ厚くなっていくんですね。

 

もうひとつ、靴下にも原因があることもあります。

靴下の内側には、こすれた時にはがれた角質(古い皮膚)がついています。

内側なので洗濯でも落ちないものも多く、ここにも雑菌が忍び寄ってくる可能性も高いんです。

また、

靴下ほどではありませんが、靴にも同じことが言えます。

見た目にはわからなくても、靴下の繊維のすき間から落ちた角質は、靴の中にしっかり残っています。

これを放置しておくと、履いた時に足汗と体温で、湿気も温度も高い雑菌のお好みの場所、なってしまうので注意が必要です。

 

普段履いている靴を中まで、毎日こまめにお手入れするってあまりないことですよね。

ですが、週に1回や2回でも、

・しっかり乾かす

・靴の中の汚れをなくす

など対策をしてみましょう。

関連記事

冬の足がアンモニア臭い時の対策

 

足の臭いが消えないのは病気の可能性あり?

足 臭い 消えない 病気
足の角質ケアもしている。

靴下にも皮膚が残らないようにしている。

靴も乾燥させたり清潔にしている。

それでも足の臭が消えない!

こんな人や、こんな場合もあるかもしれません。

 

こうなると、気になってくるのは「病気の可能性」ではないでしょうか?

足の臭いはほとんどが、汗と雑菌によって発生しますが、まったく病気とは無関係とも言えないようです。

内臓疾患があるかもしれない、ということも否定できないようですね。
肝臓や胃腸に関係している可能性もあるということです。

体調の悪さとともに足の臭いがきつくなったと感じる時は、一度病院で体の調子を相談してみる方が安心そうですね。

 

この他、

ストレスや食生活でも足の臭いにつながることがあります。

精神性の発汗は出てくる汗の中に含まれる成分が、通常とは少し違うことがあります。

また、便の臭いが食べ物によって変わることもあるように、汗にも同じような影響が出ることもあります。

 

足の角質はかかとに限らず、指の間やつけ根などにもたまりやすいです。

角質ケアをしっかり行いましょう。

靴や靴下に古い皮膚が残らないようにし、雑菌の繁殖をできるだけ抑えるようにしてみてくださいね。

スポンサードリンク

あとがき

足の臭いって独特ですよね。

すぐに「足の臭い」とわかってしまうのが困りものですーー;

人前で靴を脱がなければいけない時、これを恐怖に感じてしまう人も多いですよね。

 

夏場も汗が多い季節ですが、サンダル履きや、足元を涼しくできるチャンスもあります。

困るのが、冬場の足の臭いではないでしょうか?

靴が防寒タイプになりますし、湿気と熱でさらに足元ムンムン!なんてことになりがちです。

ですが、足を冷たくすると、かえって足汗が多くなることがあるので気をつけてくださいね。

自分の足に心地よい空間を作ることが、雑菌の繁殖を防ぐことにもつながります^^


 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑