お正月のおせちに挑戦!中身の定番は?忙しくて作れない時はどうする?

公開日:  最終更新日:2016/09/14

osetiryouri

お正月といえばやっぱり、
ごちそうを囲んで一家団らんですよね。

今年こそはおせちを作ってみたい!

そんな人に、中身に入れる定番のものや
人気のものをご紹介します。

忙しくて作れない人も参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お正月はおせちを囲んでみませんか?

お正月といえば何を思い出しますか?

お年玉や親せきまわり。
お餅を焼いたりお雑煮を食べたり・・・

忙しい中家族でゆっくり過ごせる、
ゆいいつの日、という人も多いのではないでしょうか?

 

お正月に準備しておきたいもののひとつに
おせち料理」がありますよね。

昔は当たり前のようにテーブルの上にあった
お正月のおせち料理ですが、

近年では特にこだわることもなく、
おせちを用意したことがない、
という家庭も多いこととと思います。

料理も苦手だし何より年末は大掃除もあるし忙しい!

仕事を持っているから毎年年末は
てんやわんやというのも当たり前の時代です。

だけど、やっぱり子供には
お正月におせちを食べる楽しみを与えてあげたいですね^^

 

2016年こそおせちを!
と思っている人はぜひぜひ挑戦してみてください。

おせちの中身の定番ってどんなものが入っているの?

 

おせち料理に入れる中身の定番のものにはこんな食材があります。

えび・・・曲がった体が、人の腰が曲がるほど
長生きできることを願うという意味があります。 

栗きんとん・・・黄金色を財宝に例えています。
新しい1年を豊かに過ごせるようにとの意味があります。

伊達巻玉子・・・伊達政宗が好物だったとも言われますが、
「伊達」という言葉に豪華・華やかさの意味があり、
巻物のような形に知識が増えるようにという願いもあります。

黒豆・・・邪気をはらい、豆に働くことができるようにとの
願いが込められている食材です。

紅白かまぼこ・・・紅白のおめでたさに加え、
初日の出を表現している食材です。

数の子・・・卵の数がとっても多く、子孫繁栄を
願う意味を持ちます。

コンブ巻き・・・喜ぶ・子生婦などの語呂合わせで、
家族の幸せや子孫繁栄などを願いを込めています。

田作り・・・田を作ることに由来している小魚です。
昔、田植えの肥料に使われ豊作だったことで縁起物とされています。

煮物・・・たっぷりの野菜でお正月の料理も
栄養をバランスよくしてくれます。

紅白なます・・・にんじんと大根を紅白に見立て、
おめでたさを出す意味があります。

おせちの中身はこの他にも、地方によって定番のものが色々あります。

各家庭でももちろんそうですよね^^

子供の頃に「家には毎年これが入っていた!」
という記憶が残る人もいるのでは?

何を入れたらよいかわからないという人は、
定番の料理を参考にしてくださいね。

 

近年では中身にあまりこだわらない

おせちといえば、人気のものはすぐになくなるけど、
いつまで~も残っている食材は毎年決まっていますよね?

我が家でも最終的に残ったものは、
もったいないので私が食べてしまいます。

これも太ってしまう原因のひとつですね^^;

 

特に小さい子供なら、卵や甘い栗きんとんは喜んで食べても、
黒豆やコンブ巻きなどは食べない子が多いことと思います。

そのため近年では、
あまり内容にこだわらないおせち料理が増えているんですよ。

 

子供の好きな食材を入れることで、
お腹いっぱい食べさせてあげられる。

おせちを囲んで食べることで
正月気分をたっぷり味わうことが出来る。

これってとってもいいことですよね^^

 

子供が喜ぶおせちの中身を聞き込み調査をしてみました!

・小さ目のハンバーグ

・ウインナー

・からあげ

・チキチキボーン

・ポテトフライ

・餅きんちゃく

小学生の子供を持つ知り合いのお母さんに聞いてきました。
(子供が小学生だった頃も含みます)

 

餅きんちゃくは煮物の中に入れるそうです。

この他、煮物の中に鶏肉を多く入れる、
という意見も聞くことができました。

 

特に難しく考えなくても、
普段子供がよく食べる物を入れてあげるとよさそうですね^^

 

我が家では毎年、おせちの中にから揚げを入れています。
ボリュームがあるのでお腹も満足してくれるようですよ。

スポンサードリンク

おせちを忙しくて作れない時ってどうしたらいい?

おせちを家族のために用意したいけど、
仕事をしていて忙しくて作れない。

料理があまり得意ではないから、
おせちなんて私には作れない。

こんなことで、おせちをあきらめてはいませんか?

 

現在はおせち料理の中身の定番のものは、
ほとんどがスーパーでも売られています。

栗きんとんや伊達巻、黒豆などが
それぞれ単品で販売されていたり、

いくつかの種類がセットになったものまで
きちんと用意されています。

 

実は料理が苦手な私は毎年これです^^;

から揚げや煮物などは自分で作りますが、
売っている食材ならすべて出来ているものを使っています。

値段を見てもそれぞれの食材を用意するより、
安いのでは?というくらいの価格になっていますよ。

 

重箱に詰めれば良いだけですし簡単ですよね。

料理を詰める重箱は、
ホームセンターなどでも1000円くらいで販売されています。

この機会にひとつ購入して、新年をおせちで迎えるのはいかがでしょう?

 

通販だと、こんなかわいらしい重箱もあります。
詰めるだけの簡単おせちでも豪華になりそうですね^^

 

また、最近では通販のおせちも大人気です。

とにかく忙しい!という人は、
通販で人気のおせちを注文しておくという手もありますね^^

楽天でおせちランキングを見てみる

 

お正月のおせちに関するまとめ

お正月のおせち料理に入れるものは、
近年ではあまりこだわりもなく、

子供でもおいしく食べられるように
お好みのおかずを準備する人が多くなっています。

 

縁起を担いだ昔ながらの定番料理は、
スーパーなどでもそれぞれ販売されているので、
作る時間がない人はぜひ利用してみてください。

 

重箱だけ用意すれば、
あとはほとんどの料理をお店で買うことができますよ。

スポンサードリンク

新しい年は、家族のおいしい笑顔でスタートしましょう!

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑