換気扇の掃除を業者に頼むといくらかかるの?

公開日:  最終更新日:2016/11/26

soujigyousha

主婦の年末といえば大掃除や新年の準備に大忙し!

小さい子がいたり仕事と家事を両立している方には、目が回りそうな時期ですよね。

大掃除といえば中でも面倒なのが
「換気扇」のクリーニングではないでしょうか。

値段があまり高くないなら業者さんの頼みたいと思っている人も多いですよね。

今回は、換気扇の掃除を業者さんに頼むとどうなのか?を調べてみました。

スポンサードリンク

換気扇の掃除を業者に頼むと値段はいくらくらい?

清掃業者によってもちろん価格に違いがありますが、
調べてみたところ、レンジフードのクリーニングは「1万~2万円」のところが多いようです。

 

こちらからも清掃価格をチェックできます。

ダスキンで価格を見てみる

換気扇の種類によっても違ってきます。

一般の家庭では、換気扇と呼ばれるプロペラタイプのものや、
システムキッチンについているレンジフードファンがあります。

おそらく、業者に掃除を頼みたいと思うのは、
レンジフードファンの方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

プロペラの換気扇の場合はレンジフードに比べ、
「はずす→分解→掃除をする」時の手間が少ない分、
5千円前後でクリーニングをしてくれる業者さんが多いようです。

 

多少時間がかかっても
自力で掃除をすることはできる換気扇周りの掃除ですが、

やはり、あのギトギトの油が手に付いたり、
こすっただけではなかなか落ちてくれないべっとりした
汚れを思い出すだけで掃除をする気力もなくなってしまいますね。

さらに、キッチンまで全部自分でピカピカにしようと思うと、
丸1日はかかりそうな大変な作業になってしまいます。

 

仕事があるので時間をかけて掃除できない。
面倒な作業は自分ではやりたくない。

という方は、業者さんにプロの技でピカピカに磨いてもらいましょう。

 

換気扇の掃除を業者に頼むと本当にきれいになる?

換気扇の掃除を業者さんに頼んでピカピカにしてもらいたい!

でも・・・お金を払った分ちゃんときれいになるの?
そんな心配も出てきませんか?

スポンサードリンク

 

ですが、きちんと信頼おける業者さんに頼んでおくと、
そんな心配も無用ですよ。

素人とは違ったしっかりした方法で洗浄してくれるので、
自分ではなかなか落とせない油とホコリのまじりあった
汚れなどもきれいに落としてくれます。

手の届きにくい隅の方の汚れも、
専用のお掃除グッズで取り除いてくれるという技を持っているので
安心して掃除をおまかせすることができますよ。

 

換気扇の掃除を頼む業者さんをネットでさがす時は、
できるだけ口コミを見ることができるところを探し、
評判をきちんとチェックしたうえで連絡するのが良いでしょう。

 

中にはきちんと掃除をできないまま終了して
お金だけはきっちり取るところや、

素材をボロボロになるまでこすり過ぎてしまう
ちゃんとした清掃ができない業者さんもいます。

 

価格の面でものちにトラブルが起きないよう、
見積もりを無料でしてくれる場合は、必ず事前にしておきましょう。

 

換気扇の掃除を業者に予約する前に

電話で換気扇の説明をして値段を聞いたら安かったので、
すぐにお願いして換気扇掃除をしてもらったら、
汚れや破損、値段のことなどで後からトラブルに・・・

こんな話も少なくありません。

 

正式に予約をしてしまう前に、
しっかりと情報を集めや確認などをしておきましょう。

インターネットで評判の良い業者をさがすのが手っ取り早いですね。

 

その中で価格の安くきちんと仕事をしてくれるところを選びましょう。

・掃除をお願いする換気扇の種類を正確に伝える

・後から追加料金が発生しないかを確認する

・どの程度まで分解して掃除をしてくれるのかを確認する

など、気になる点は事前にしっかり質問をしておきましょう。

 

無料でお見積りを出してくれるところなら、なお安心ですね。

ちょっと面倒でも一度換気扇とその状態を見てもらって、
値段などをお互いに確認できたところで予約をするのがおすすめです。

 

まとめ内容

換気扇の掃除を業者さんに頼む時の価格は、

●レンジフードの分解掃除は「1万~2万円」

●プロペラ式換気扇の分解掃除は「5千円前後」

というのが一般的なようです。

 

その業者さんによって価格や掃除方法、
どこまで分解してくれるのかなど違ってくるので、
事前にしっかりとした内容を確認してから予約しましょう。

 

スポンサードリンク

一度、安心して任せられる業者さんを見つけておくと、
2回目や3回目はさがす面倒がないので最初だけは
時間がかかってもきちんと下調べをしておくといいですね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑