節分の豆まきはする意味があるの?由来や食べる数などまとめてご紹介

公開日: 

setsubun-mamemaki

節分といえば「豆まき」ですよね。

子供が楽しみにしている年間行事のひとつですが、
豆まきをして何か意味があるのか、
ちょっと気になりませんか?

豆まきの由来や食べる数も、
知らないという人は一度確認してみてくださいね。

スポンサードリンク

節分の豆まきってする意味があるの?

2016年の節分の日は2月3日です。

豆まきをすることについては、

邪気をはらう

という意味が込められています。

 

豆まきといえば家の中にいる、
鬼のような悪い物をやっつけて追い出し、
鬼がいなくなった家の中に
幸運を招く、のようなイメージがありませんか?

「鬼は外・福は内」と言いながら
豆をまくんですからそう思っちゃいますよね^^;

これは私が長年思ってきたことなんですが、
ちょっと違っているんですね。

 

邪気とは、
病気やケガや事故、悪運や不運などの悪い気のこと。

これらを家の中から出してしまう、
というのが豆まきなのです。

つまり、家族に不運が起こらないよう、
家の中の気を良いものに変える。

そんな意味合いがあるのです。

 

節分に行う豆まきってどこの家でも、
子供が楽しみにしている年間行事ですよね。

普段投げたりしたら怒られてしまう食べ物を、
部屋の中にバラバラ~っとまいて、
それをワイワイ楽しみながら拾うのですから、

子供にとっては新鮮な?
ある意味衝撃的な行事が豆まきかもしれません(笑)

 

だけど、部屋も汚れてしまうし・・・
親にとってはそんなに楽しい
行事ではないかもしれませんね。

節分に豆まきって、本当にする意味あるの?

なんて、ちょっと思ってしまっている
お母さんもいるかもしれません。

 

だけど、家族の周りにある不運を
追い払えるチャンスだと考えるとどうでしょう?

こう考えると節分も、大人にとっても
うれしい行事になるのではないでしょうか^^

 

節分に豆まきを家庭ですることの由来は?

節分は、季節を分けるという字を書きますが、
その名のとおり「季節が変わる」を意味しています。

 

季節が変わるというのであれば、
夏も秋も冬もですよね?

スポンサードリンク

昔はそれぞれが「せち分かれ」とされていましたが、
現在では春になる季節だけ節分と言われています。

 

季節の変わり目には邪気が生まれる、
と昔は考えられていました。

この邪気を鬼に見立てて、
これをはらうために豆をまくのが始まったとのこと。

その他では、実際の鬼をやっつける時に、
豆をぶつけて退治した、という説もあります。

 

実は、豆まきは昔中国で行われていた、
大みそかの邪気払いの儀式から伝わった習慣なのです。

和を感じるものといえば日本古来のもの、
とつい思ってしまいがちなんですが、

節分のように中国から伝わっているものが、
現代でもわりと多く残っています。

 

邪気をはらうだけでなく、
子供の笑顔を見ることが出来る楽しい行事です。

ぜひ、各ご家庭でも
節分の日は豆まきで盛り上がってくださいね。

 

節分に豆まきを食べる数はいくつ?大人と子供では違う?

節分には豆まきをした後、
炒った豆を年の数だけ食べる習慣があります。

 

この豆の数って、
満年齢?それとも数え年の年齢?

どっちなのか迷う人も多くはないでしょうか?

 

節分に豆を食べる数ですが、

自分の年齢+1個となります。

 

これには、新しい年も無病息災であるように、
との願いが込められています。

もともとは数え年に1を足した数を
食べるというのが習わしでしたが、

現在では、

・その時の自分の年齢+1

・満年齢+1

・数え年+1

というように、
地域や各家庭ごとでそれそれ違っています。

 

じゃあどれにしたらいいの?
と、ここでまた迷ってしまう人もいそうですが、

現在ではあまりこのへんにこだわる人は少なく、
好きな数を食べても大丈夫と言えます。

 

どうしても困るという人は、
昔からの習わしである、

数え年+1個にしておくとよいといいですよ^^

 

大人も子供も同じ数の数え方です。

大人になるほど数が多くなってきて、
食べるのがちょっと大変になりますよね。

ですが、
「年齢と同じ数の福を体に入れる」
という意味もあるので頑張って食べましょう^^

 

節分の豆まきに関するまとめ

2016年の節分の日は2月3日。

豆まきをするのには
「邪気をはらう」という意味があります。

季節の変わり目には邪気が宿ると
考えられていたことが由来となっています。

食べる豆の数は年齢+1個です。

スポンサードリンク

数え年、満年齢、その時の年齢に
1つをプラスした数だけ食べましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑