口内炎になりやすい原因って何?なかなか治らないのはなぜ?対処法は?

公開日:  最終更新日:2017/08/28

2

口内炎になりやすいのには何か原因があるの?

しょっちゅうできてしまうけど、どうして自分だけできてしまうの?

痛い症状に困ってはいませんか?

 

口内炎になりやすい原因を知って、ならないためにできる対策と、なってしまった時の対処法を知っておきましょう。

スポンサードリンク

口内炎になりやすい原因って何かある?

食べ物の汁や飲み物なんかがシミて、はっと気づいて鏡を見ると口内炎が!

こんなことはありませんか?

口内炎ってなぜかできない人にはほとんどできないのに、できる人にはしょっちゅうできてしまうんですよね。

 

この、なりやすい原因って何なんでしょうか?対策のためにも知っておいてくださいね。

 

口内炎になる原因

口内炎になってしまう主な原因には、つぎのようなことがあります。

・口の中の火傷や傷つきなどからおこる、外部からの刺激によってできるもの

・ビタミンの不足や不規則な生活からできるもの

・病気やアレルギーなどの、体の中の何かしらの原因でできるもの

 

~外部からの刺激が原因にはこんなことがあります~

・唇や舌、頬の内側を歯で噛んでしまった

・歯磨きの時の力が強すぎる

・魚の骨など食べ物で傷がつく

 

~体の中が原因のことにはこんなことがあります~

・ビタミンなど、栄養不足

・食生活の乱れや睡眠不足

・つねにストレスがある

・アレルギーや病気によるもの

・口の中が不衛生になっている

 

なりやすい原因

唾液の分泌量が少ない人

口内炎になりやすい人の中には、唾液の出る量が少ないという人がいます。

口の中が乾燥しがちになってしまい、ちょっとした刺激でも粘膜が傷つきやすくなるので注意が必要です。

さらに、唾液は口の中の細菌をやっつけてくれる働きをしているため、少ない人は口の中に細菌が増えやすいのでこれも気をつけましょう。

唾液の分泌を促すツボがあるので「私少ないかも?」と思う人は、気が付いた時に押してみてくださいね。

 

唾液の分泌を促すことで有名なのが「口瘡点(こうそうてん)」です。

手の平側から見た、中指の付け根にあります。

つけ根にある横線の中央部分に位置するツボですが、押すほか、揉んでも効果があると言われていますので、ここ!というツボが見つからない場合でも、中指の付け根あたりを揉んでみたりしてくださいね。

赤丸の中の中央部分が口瘡点のツボです。
口内炎 治す ツボ

 

口の中が不衛生になりやすい人

口の中にはもともと菌が存在しますが、不衛生になりこの菌が増殖してしまうと、口の中に傷がついてしまった時、そこから細菌が入りやすくなってしまいます。

歯磨きはきちんとしてるのに・・・

という人でも、歯並びが悪く重なってしまっていたりすると、なかなか歯ブラシでは汚れを落としきれません。

糸ようじや歯間ブラシを使って、お口の中に菌が増えないよう、清潔を保つことを心がけるようにしましょう。

 

口内炎はその原因が、まだはっきりとはわかっていない症状です。

もともと頬の内側の粘膜が薄かったりする人も口内炎になりやすいと言われていて、アレルギーや、体に病気を抱えている時などにもなりやすいことがわかっています。

 

小さな小さな白いできものなのに、すご~く痛いやっかいな口内炎。

根本的になくしたいという場合は、規則正しい生活をし体質改善が必要とも言われています。

 

ですが、、唾液のツボ押しや口の中を清潔にするだけで、もしもなりにくくなってくれれば、これにこしたことはありませんね^^

試してみる価値は大いにありそうです。

スポンサードリンク

口内炎がなかなか治らないのはなぜなの?

口内炎ができると食事の時や何かを飲むたびにピキーン!と痛みが襲いますね。

歯磨きするのも大変。

一度できたら数日間は何を食べてもおいしくないし、早く治ってくれないかな~と願うばかりですね。

 

口内炎は早ければ3~5日間と数日で、ほとんどの場合は1週間、長くても2週間もすれば自然と消えていくのが普通です。

だけど、普段から口内炎のできやすい人の中には、2週間たっても治ってくれないという人も。

 

この原因で考えられることは、

・乱れた食生活で栄養のバランスがくずれている。

・口の中の汚れがきちんと取れていなく雑菌が多い。

・体調をくずしていて免疫力が下がっている。

などがあげられます。

長引いている場合は病院へ行ってみましょう。

 

口内炎が治らない時の対処法は?

口内炎はできてしまっても、たいていは自然と治っていくのが通常です。

ですが、

たびたびできてつらい。
3週間たっても治らない。

こんな時は病院で診てもらってくださいね。

 

病院は何科かというと、

口内炎は「歯科」に相談しましょう。

 

お口の中の症状のほとんどは、歯科で診察を受けることができます。

 

私も以前、舌が変にザラザラした状態になり、通っていた歯医者で相談したことがあります。

これは歯科で大丈夫ですか?と歯科助手の人に聞いてみたところ、「正解です!口の中は歯医者さんです」と教えてもらいました。

 

歯科の場合は電話で事前予約のところが多いので、前もって口内炎を診てもらいたいということを、話しておくと安心ですね^^

 

塗り薬やうがい薬、ビタミン剤で対処してくれるところもあるようです。

 

ただし、口内炎にかかりやすい人は、何かの対処法で改善できてもすぐにまたできてしまうことが考えられます。

お口の中の衛生や普段の生活を見直し、食事もバランスの取れたものを摂るようにしましょう。

スポンサードリンク

口内炎に関するまとめ

口内炎になりやすい原因としては、食生活の乱れやストレス、口の中の不衛生、唾液の分泌が少ない人などが多いようです。

 

はっきりとした原因がわかっていない症状ですが、これらを改善することで良くなる人もいるようです。

 

なかなか治らない場合はお医者さんへ。

「歯科」で診察を受けましょう。

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑