遠赤外線とは何?体への影響は?ヒーターが温かいというのは本当?

公開日:  最終更新日:2017/02/24

ensekigaisen-heater

最近では遠赤外線○○というものが増え、
この製品がひとつはあるという家庭も多いですよね。

温かい、というイメージのものですが、
これって実際どんなものなんでしょうか?

遠赤外線ヒーターについてまとめました。

スポンサードリンク

遠赤外線とは何のことなの?

よく見聞きする「遠赤外線」という言葉。

これは、電磁波の一種になります。

人の体からも
ほんのわずかですが発せられているんですよ。

 

そして、人に限らず、木や金属、
紙、植物などからも放射されています。

ちょっと不思議な感じもしますが、
ほとんどすべてのものから出ているんですね。

 

特別な光線みたいなイメージが
ある人も多いと思いますが、
量の差こそあれ、当たり前のように
どこにでも存在している物質なのです。

 

放射する量が多ければ多いほど
暖かさを感じることができます。

 

太陽の光がまさにこれなんですね。

光が暖かさをくれているように感じますが、
実は太陽にある遠赤外線のおかげなのです。

 

私たちに親しみのあるものでは
セラミックや木炭などから多く放射されています。

 

靴下や肌着などの衣類などにも
遠赤外線商品が数多くありますね。

物を温めた時に発生量が増えるとのことで、
あったか商品としてたくさんのものが増えています。

 

遠赤外線は体に何か影響がある?

赤外線というと何かの光線みたいなものが
頭の中に浮かびませんか?

太陽から大量に発せられていることからも、
紫外線と同じような良くないイメージが出てきてしまいます。

 

遠赤外線は体に悪い影響はない?

遠赤外線は人の体には、
きわめて有効な波長とされています。

 

そのため、体へ悪い影響があるものではありません。

 

電子レンジの電磁波は体に良くないと言われますが、
これはマイクロ派とよばれるもので、生き物には害もあります。

そのため、電子レンジの扉には
必ずフィルムが貼ってまりますよね?

これで、強い電磁波をおさえています。

 

一方、遠赤外線の場合は
波長が人の体には有効なものです。

体に悪影響がないかというと、
日常生活の中で特に気にすることもないくらい、
良くない影響はないとされています。

スポンサードリンク

 

遠赤外線ヒーターは普通のものより温かいのは本当?

遠赤外線といえば、体の芯までぽっかぽか、なんていう、
ヒーターなどの暖房器具が多く出回っています。

遠赤外線ストーブと聞いただけで、
普通の暖房器具より温かいというイメージがありますよね?

これは本当なんでしょうか?

 

遠赤外線は人体にも存在するもので、
身近なもの、ほとんどから放射されている物質です。

発せられる遠赤外線は共鳴することで、
より暖かさが大きくなることがわかっています。

 

例えば、家の中で遠赤外線ヒーターをつけたとします。

ここから発せられる電磁波が、
私たちの体に共鳴するだけでなく、

木や金属にもあるので、
家の中のあらゆるものとも共鳴します。

 

さらに、熱くなることで発生する量が増えるので、
ヒーターでいえば遠赤外線タイプのものの方が、
暖かさを感じることができる暖房器具といえますね。

 
こちらから人気の遠赤外線ヒーターをチェックできます!
楽天市場の遠赤外線ヒーターランキング

 

「体の芯までぽかぽかは、うそ」という意見もあるようですが、

芯まで熱が伝わる、と言っているのではなく、
体の芯まで温まるくらいにぽかぽかしますよ、

という意味だとすれば納得がいきますね^^

冬は寒さと一緒に「乾燥」もきつくなる季節ですね。
加湿器に関する記事もよろしければご参考にどうぞ。

加湿器の種類と選び方のポイント

スポンサードリンク

遠赤外線についてのまとめ

遠赤外線とは電磁波の一種で、
人の体や植物などの生き物、

さらには、木や金属、紙など
周りにある身近なものすべてに存在しています。

 

人体にはきわめて有効とされ、
健康などの面で悪影響を心配するものではありません。

 

ヒーターでいえば、
発せられる遠赤外線が人の体や、
家の中の木材や家具などと共鳴し、
暖房効果を大きくすると言われています。

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑