アロマオイルの使い方|睡眠やイライラ防止に良い香りとは

公開日:  最終更新日:2016/10/23

aromaoil

数百種類があるとも言われるアロマオイル。

その中から今日はイライラなどストレス解消や、
安眠できるものなどをご紹介したいと思います。

ちょっとした使い方で簡単に
あなたの生活の中にもアロマを取り入れることができますよ。

スポンサードリンク

アロマオイルの使い方で生活が変わる?

アロマオイルといえば、
ちょっとお上品な女性が家の中で
ゆったりとした夜を過ごす時に使う?

そんなイメージはありませんか?

ですが今やアロマオイルはごくごく一般的になり、
日々の生活の中で香りを楽しむものとなっています。

ぜひ、あなたもアロマを取り入れて、
ステキな香りに癒されてくださいね。

 

ただ良い香りを嗅ぐためのものではなく、

精神面や美容面、
最近では虫よけなどにも使われていたりもします。

 

リラックス効果を出してくれるものや、
逆に、やる気を出す効果のあるもの。

集中力を高める効果のあるものなど、実にさまざま。

 

アロマポットを使わないといけない?

いいえ、そんなことはありませんよ^^

 

ちょっとした使い方で
アロマオイルは家の中でいつでも楽しめますし、
外出中にだって好きな香りを持ち歩くこともできます。

 

今回は、

・なかなか寝付けなくてしっかりした睡眠ができていない。

・毎日イライラでストレスがたまりっぱなし

こんな人のためのアロマオイルの使い方をご紹介します。

 

※アロマオイルにはホルモンに作用するものがあります。
妊娠中、特に妊娠初期の時期は、
アロマオイルの使用はあまりおすすめできません。

 

アロマオイルの使い方|ぐっすり睡眠したい人へ

アロマオイルには、
睡眠効果のある香りのものがあります。

・ラベンダー

・オレンジスイート

・ネロリ

・ゼラニウム

・ローズ

わりと有名な香りの
アロマオイルたちをあげてみました。

これらの香りには不安や緊張を取り除き、
リラックスできる効果があります。

特に有名なラベンダーには、
自律神経のバランスを整える効果もあり、
心身共にリラックスすることができますよ。

 

この中でもはやり、自分が好きな香りだな~と
うっとりできるくらいのものを選ぶのがおすすめです。

スポンサードリンク

 

心地よい睡眠効果を得たい時特におすすめなのが、
アロマバス」です。

お湯の中に3~5滴ほど垂らし、
その中でリラックスしながらゆったり温まりましょう。

特に、寒い時期は体の冷えが
寝付きの悪さをさらに大きくしてしまいます。

お風呂が就寝前の時間無理な時は
アロマを垂らした足湯でも体が温まりますよ。

 

足湯の適温や時間などはこちらにまとめています。

⇒足湯の効果、温度や時間

 

その他、枕元に香りを置くのも効果があります。

コップに1~2滴たらしたり、
ハンカチなどに浸み込ませて、
それを枕元に置いておくだけでもよい香りがします。

 

アロマランプを使えばやさしい明かりで、
さらに癒し効果も高まりますが、

特に必要なものでもなく、香りを嗅ぐだけなら
使わないコップなんかでも大丈夫ですよ。

aromaoil-cap

アロマオイルの使い方|イライラ防止によい香り

・ラベンダー

・ダマスクローズ

・イランイラン

・ゼラニウム

・レモングラス

 

イライラを鎮めるには精神を落ち着かせることです。

そのため、睡眠時とイライラ防止の
アロマオイルは似たような感じになります。

 

こちらもやはり、
自分が本当に好きな香りを選んでくださいね。

ラベンダーに癒し効果があるのは有名ですが、
もしもこの香りが好きでない、という人には
イライラを抑えてくれる効果はありません^^;

 

日中にアロマオイルの香りを嗅ぐには、

家の中なら就寝時と同じように、
コップに垂らして部屋の中に置いたり、

スプレーボトルに薄めて入れて、
香りがほしくなったらお部屋やカーテンなどに、
しゅっとひと吹きするのも即効性がありますよ。

 

外出中ならハンカチにしみ込ませたものを持ち歩いて
香りが恋しくなったら匂いを嗅ぐというのもいいですね^^

最近では、加湿器の中にアロマをセットでき、
お部屋の中に良い香りを広げられるものもあります。

ちょうど加湿器がほしかったところ・・・
という人はこういうタイプの加湿器を選ぶのもいいですね。

 

最後に

イライラ防止や睡眠を助ける
アロマオイルの香り、いかがでしたか?

上手に使ってストレスを解消してくださいね。

 

アロマオイルは本人が気に入っている香りでも、
周りの人がみんな好きとは限りません。

私は家の中でしか使いませんが
家族から文句が出たことがあります(笑)

 

香りに慣れてしまうと意外と
自分では気が付かないものです。

スポンサードリンク

プンプン匂いがきつくなってしまわないように気をつけましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑