年越しそばは種類が決まっている?熱いの冷たいのはどっちでもいい?

公開日: 

soba

年末に食べる年越しそば。

1年の締めくくりに
家族で美味しく味わっていますか?

毎年食べているけど、
年越しそばって種類が決まっているんだろうか?

熱いのと冷たいのでは
どっちを食べるのがいいのか?

こんな疑問のある人は読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

年末に食べる年越しそばは種類が決まっているの?

いよいよ年末が近づくこの時期、

いつも食べている年越しそばって、
実は食べるそばの種類って決まっているのか?

なんてちょっと気になったりしませんか?

 

そばといえばメニューには、
天ぷらやきつね、月見、とろろそば、
色々な種類があって入っている具材もさまざま。

さらには、
更科、田舎、ごまなどそば自体の種類もありますよね。

 

では、年末には
どの種類のそばを食べるのがいいのかというと・・・

年越しそばには決まったものがありません。

 

特に今の時代は、
好きな具材を入れて食べるのが普通で、
家族の好きな物を入れたりして食べる家庭が一般的です。

 

そばがあまり好きでないので、
うどんでもいいのかな?となると、

年越しそばには、

・細く長くの人生で長寿と繁栄を祈る

・切れやすい麺を食べて1年の苦労と縁を切る

といった意味合いがあるので、
風習に沿って年越しそばを食べるなら、

やはり、うどんではなく、そばがおすすめです。

 

年越しそばを食べる意味はこちらにまとめてあります。

スポンサードリンク

⇒年越しそばってなぜ食べるの?

 

量は食べられる分で大丈夫です。

晩御飯に食べる地域もあり、
除夜の鐘がなる少し前に食べる家庭もありです。

どちらの場合も縁起を担ぐという意味で、
家族で味わいながら良い新年を迎えましょう。

年越しそばは熱いのと冷たいのとどっちを食べる?

12月と言えば寒い季節ですし、
熱いそばを食べるのが本当?

という感じがしませんか?

だけど、
私は熱いのより冷たいそばが好き!
という人だっていますよね?

どちらを食べるのが正解かというと、

熱いのでも冷たいのでも、そばならどちらでもいいんです。

 

大みそかにそばを食べる意味は
上の方でもご紹介した通りです。

「細く長い」

「麺が切れやすい」

この2点を満たしているのはどちらも一緒なので、
お好みで好きな方を食べると良いということになります。

 

我が家では私が熱いそばがあまり好きではなく、
旦那は、年越しそばといえば熱いのでしょ!

と二手に分かれてしまっているので、
結婚当初はもめていました^^;

最近ではそばを買って用意しておいても、
夜になると旦那がうたた寝をそしてしまい、
結局はお正月三が日の間に食べる、ということもしばしば・・・

 

近年ではカップ麺で
年越しそばを済ませる人も多いですよね。

麺が切れやすく細長いですから、
これはこれで縁起を担いで食べるのに
特に問題はなさそうですね^^

 

年越しそばの種類に関するまとめ

年越しそばは
特にこれといった種類は決まっていません。

熱いのでも冷たいのでも
お好きな方で食べて問題ありませんよ。

スポンサードリンク

家族の好きな具材をのせたりして、
新しい年を良い1年になるよう、
願いを込めながら食べてくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑