お雛様はいつ買うのがいいの?誰が買うの?2人目の女の子にも買うの?

公開日:  最終更新日:2016/11/04

ohinasama

我が家に女の子が誕生!

女の子といえばお雛様ですよね^^

いつ買うのがいいの?
買うのは自分?親?

こんな疑問のある人は読んでみてくださいね。

2人目も女の子だったらもうひとつ必要?
というお話もご参考にどうぞ。

スポンサードリンク

お雛様はいつ買うのがいいの?何歳の時?

女の子が誕生して初めてのお正月を迎えると、
そろそろお雛様のことが頭に浮かんでくる頃になりますね。

3月3日の初節句。

お雛様を飾ってお祝いしてあげたいけど、
まだ赤ちゃんなのに必要かしら?

と、ちょっと迷うお母さんもいますよね?

 

お雛様は正しくは、いつ買うのがいいんでしょうか?

お雛様は女の子が誕生した家なら、
初節句を迎える年に買うのがいいですね^^

0歳の時に用意したという家庭が多く、
初めてのひな祭りをささやかにでも
お祝いされている家庭が多いようです。

 

ただし、特に決まり事もなく、
まだ数か月しかたっていない赤ちゃんだし、
来年に・・・という話になればそれはそれで問題ありません。

 

特にハイハイやよちよち歩きなどの赤ちゃんの場合は、
お雛様事態を理解することもできませんし、

近寄ってお人形を壊してしまうという話も良く聞きます。

お雛様を買う年齢は、
それぞれの家庭事情に合わせて購入するのがよいでしょう。

どんな雛人形がいいかな?と迷っている時は、
楽天市場のランキングを見ると参考になりますよ^^

楽天市場の雛人形ランキング

 

お雛様は誰が買うのが正しいの?

お雛様は、夫婦どちらかの両親が
初節句を迎える孫のために用意しますが、

一般には女親、
つまりお母さんの両親が用意されると言われています。

 

これは、地域によっても、
多少考え方の違いや古くからの習わしがあり、
各家庭でも違っていたりするところです。

どれが正しいとは言えませんが、
初節句を迎える女の子の親ではなく、
おじいちゃん、おばあちゃんからということになりますね。

 

中には、どちらの親も、
孫にお雛様を買ってあげたいという気持ちがあり、
どうしたらいいのか?と困る場面もあるようですが、

もしもこうなった場合には、
2人目の子供の時にお願いします、
ということで話しをおさめておくとよさそうです。

2人目が女の子でなかった場合は、
男の子に5月人形を用意してもらいましょう^^

スポンサードリンク

一般的なお話をしましたが、
必ずしもどこの家庭でも、
女親の両親の方で用意できるとは限りません。

女の子の両親が
自分たちで購入してあげても大丈夫です。

今の時代は昔のしきたりなどと違い、
買う人が誰かというこだわりを持たない人も
多くなっています。

 

子供が赤ちゃん=親はまだ若い。

こうなると金銭面でも
お雛様を買うのはなかなか難しい、
という家庭も多いですよね?

おじいちゃん、おばあちゃんが用意してくれるのであれば
ありがたく受け取りましょう。

お雛様は2人目の女の子にも買うべき?

1人目の子供は女の子。
2人目の子が誕生したらまた女の子だった。

天使が2人になったみたいでかわいいですよね^^

 

こんな時、お雛様はどうするの?
2つ買わないといけないの?

この点も、ちょっと気になりますね。

 

ひな人形には古くから、
厄や災いを引き受けてくれる人形とされています。

そのため、本来であれば
ひな人形は「1人にひとつ」ということになっています。

 

ですが今の時代は昔と違い、
住宅事情もありますし、

2つも3つも家の中に置けないわ、
という家庭が多くはないでしょうか?

2人や3人でひとつという家も多く、
絶対に!ということもないように感じます。

 

調べてみたところ、これは、
地域によっても考え方の違いがあるようですよ。

2人で1つなんてとんでもない!
という考えもあり、

一家庭にひとつで十分、という考えもありです。

 

身代わりのお人形として
女の子全員にひとつずつ用意したい場合は、

最近ではコンパクトに飾れるお雛様も色々あるので、
こういったものを準備するのもいいですね^^

楽天市場の雛人形ランキング
 

お雛様の購入に関するまとめ

お雛様は、女の子が初節句を迎える時に
用意するのがいいですが、

生まれて間もない赤ちゃんの場合は、
翌年の節句に用意する人も多くなっています。

 

女の子の親のどちらかの親、
つまりおじいちゃんやおばあちゃんから
贈られるのが一般的です。

 

スポンサードリンク

女の子一人一人にお雛様を
購入してあげるのがよいとされていますが、
必ずしもといった決まりではないので、
各家庭の状況に合わせて用意してくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑