子供の身長を伸ばす効果的な食べ物や良い方法は?牛乳は効果がない?

公開日:  最終更新日:2016/08/19

eiyou-kodomo

子供の身長が平均より低い。

いずれ伸びるのかな?と思いつつ、
心配しているお母さんも多くはないでしょうか?

親としてはちょっとでも、
何かしてあげたいって気持ちになりますよね。

子供の身長を伸ばすのに、
効果的な食べ物や方法などを参考にし、
生活の中に取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

子供の身長を伸ばすのに効果的な食べ物とは?

食事から摂る栄養は
バランスを良くというのが基本。

その中でも身長を伸ばすのに必要な栄養は、
成長期に摂取することも大切です。

 

子供の身長を伸ばすのに摂取が大切な栄養

カルシウム

骨を作る大切な成分です。
伸ばす力はありませんが、
骨の成長には欠かせない栄養です。

ビタミンD

単独では吸収率の悪い
カルシウムの吸収を助けます。

マグネシウム

骨が作られる段階で大切な栄養で、
骨の健康を保つ働きもあります。

タンパク質

骨や成長ホルモンの元になります。
体のほとんどの細胞に必要な栄養で、
消費が大きいので、摂取量も必要です。

亜鉛

成長ホルモンを活発化させ、
タンパク質の合成を助ける大切な栄養です。

 

子供の身長伸ばすための栄養に関する関連記事もどうぞ
子供の身長を伸ばすための成長ホルモンとアルギニン成分のお話

 

栄養だけを摂取していても
身長はスムーズには伸びないかもしれませんが、

骨を作る成分や
成長ホルモンを促す成分はとても大切です。

低身長を心配して
病院へ相談に来た子供の8割が、
小食だったという話もあるようですよ。

 

下は、昭和29年からの平均身長の推移の図です。
sinchou-zu
出典:文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/003/16/05031402.htm)

成長期の14歳の男の子は、
昭和29年から20年間ほどの間、
平均身長がすごい伸びになっていますね。

これはどこの家庭でも、
十分な栄養を食事から摂ることが
できるようになったのが理由とも言われています。

 

つまり、子供の身長を伸ばすのには、
必要な栄養摂取は欠かせないということです。

 

好き嫌いが多い。食が細い。

などそれぞれの子で
栄養摂取がスムーズにいかない場合もありますが、

できるだけ成長期であるうちに
必要な栄養を摂れるよう、
調理などを工夫して食べさせてあげてくださいね。

 

最近では、身長サポートサプリメントなどを
利用する家庭も増えてきているようです。

どうしてもバランスのよい栄養を摂取できない場合は、
利用してみるのも良いかと思います。

バランスがよい栄養を摂取できるサプリメントが人気です。
↓   ↓   ↓


子供の身長を伸ばすのに良い方法はある?

子供の身長を伸ばしたい時、
必要な栄養を十分に摂ることは大切ですが、

栄養だけを摂っていても
簡単に身長が伸びない子もいるでしょう。

 

生活の中でできることがありますので、
あまり神経質にならない程度に、
背を伸ばすための方法も試してみてくださいね。

 

子供の身長を伸ばすためにしておきたいこと

質の良い睡眠をとる

骨を伸ばすための成長ホルモンが睡眠中に分泌されます。

夜の10時~夜中の2時までの間に最も分泌が多くなるので、
特にこの時間にはぐっすり眠れていることが大切です。

運動をする

骨に刺激が与えられ、
運動によって成長ホルモン分泌が促進されます。

 

子供の身長について心配しているお母さんは、
上の2つは知っているかもしれませんね。

よく言われていることですし、
寝る子は育つ、なんて昔から有名な言葉です^^

 

特におすすめしたいのが、運動です。

背を伸ばすのに効果的な運動は、
縦方向に骨に刺激を与えられる
バレーやバスケットボールがあります。

学校で部活動に入るのもいいですね^^

縄跳びやジョギングなど
自宅に帰ってから手軽に行えるものもありますよ。

※ ガチガチの筋肉をつけるほどの
筋トレは身長UPしにくくなるので気をつけましょう。
ただし、極端な筋トレなどのことです。
正しく行っていれば逆に身長を伸ばす効果が期待できます。

 

運動をすると
骨に刺激を与えるという効果だけではなく、

動いてお腹がすきたくさん食事を食べれるようになる、
という好循環が生まれます。

そして、疲れて夜もぐっすり。

運動は身長を伸ばすだけでなく、
心身共に思春期の子を健康にしてくれます。

体を動かすことを心がけるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

子供の身長を伸ばすのに牛乳は効果がない?

牛乳を飲むと背が伸びる。

これは、昭和に育った人たちには
常識に思われてきたことではないでしょうか。

 

骨にはカルシウムが必要、

カルシウムといえば牛乳!でしたよね。

 

ですが近年では、
牛乳は骨を作るのに欠かせない栄養ですが、

骨を伸ばすものではない、
ということも世間一般に広がり知られていることです。

 

じゃあ、牛乳飲まなくてもいいのね。
というと、そうではありません。

 

カルシウムは丈夫な骨を作ってくれるのに、
とっても大切な栄養素です。

子供の身長を伸ばすのに、
牛乳には効果がないということにはなりません。

牛乳はカルシウムの吸収がとても良い飲み物なんです。

 

ただし、

牛乳は食事の前にたくさん飲んでしまうと、
お腹がいっぱいになってしまう子もいて、
食が進まないとなってしまうのは良くありません。

脂肪分の摂りすぎになってしまうこともあり、
この辺も気をつけなければいけませんね。

 

5歳くらいの子供は約400mlが
1日に飲む適量
だそうです。

中学生の子供の1日に必要なカルシウムは、
約1000mg
と言われていますので、

学校の給食や自宅で食べる食事の内容から、
ざっと計算して適量の牛乳を飲ませてあげましょう。

 

牛乳が苦手な子は別の食べ物からの
カルシウム摂取で大丈夫です。

ヨーグルトやチーズなど、
朝食に一緒に出してあげるといいですね^^

子供の身長を伸ばす効果のまとめ

身長を伸ばすために大切な栄養は、
カルシウム・ビタミンD・マグネシウム
タンパク質・亜鉛などです。

偏りすぎないように
栄養はバランスよくを心がけましょう。

 

身長を伸ばすのに効果的な方法は、
運動と質の良い睡眠です。

よく言われていることですが
とても大切なことです。

 

牛乳は骨を伸ばしてはくれませんが、
カルシウムは骨を作るのに欠かせません。

スポンサードリンク

牛乳が飲めない場合は、チーズなど別の食べ物から
しっかりカルシウムを摂取しましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑