子供の身長を伸ばすための成長ホルモンとアルギニン成分のお話

公開日:  最終更新日:2016/08/19

kodomo-shinchou

子供の身長を伸ばすには
睡眠や運動、栄養が大きく関わってきます。

背を高くするには昔は、
カルシウムを摂取すればいいというのが
当たり前のように言われてきましたが、
それだけでは身長は伸びてくれません。

今回は、子供の成長のために大切な、
成長ホルモンについてお話していきます。

スポンサードリンク

子供の身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンって?

まずは、身長を伸ばすために
効果のある栄養を確認してくださいね。

⇒子供の身長を伸ばす効果的な食べ物

 

タンパク質や亜鉛の効果に、
成長ホルモン」という言葉が出てきますが、

この成長ホルモンが身長を伸ばすのに
とっても大切だということが言われています。

 

成長ホルモンは、
視床下部で主に分泌され、体の成長や、
代謝をコントロールするなどの働きをしています。

成長作用とタンパク質の
合成を促してくれるものなのです。

タンパク質は骨の成長に必要な成分。

これを背を伸ばすものに変えていくのに、
必要なのが成長ホルモンというわけです。

いかに重要なのかがわかりますよね。

 

成長ホルモンは深い眠りについている間に、
最も分泌量が多くなります。

これを知ると、
「寝る子は育つ」という言葉が正しいことがわかりますね^^

 

分泌量が一番多くなるのが夜の10時~2時の時間帯です。

眠りに入ってから2時間くらいすると、
成長ホルモンは分泌されますが、

ノンレム睡眠(深い眠りの状態)の時に
特に多く分泌されるようになっています。

そのため、眠りにつくタイミングも大切ですね。

夜の10時~2時に分泌が多くなるので、
この時間帯の中でぐっすり寝ている時間が必要です。

 

時間を合わせないと!
と気を焦らす必要はありませんが、

夜の10時には布団に入って、
早めに睡眠状態になるのが理想です。

 

スポンサードリンク

子供の身長を伸ばすのに大切なアルギニン成分とは

子供の成長について調べていると、
アルギニン」という成分の名前をたびたび見かける、
というお母さんも多いではないでしょうか。

 

アルギニンとは、
成長ホルモンの分泌を促進する成分です。

自分の体の中で合成されるアミノ酸の一種ですが、
子供の時期には十分な量を合成できないとされています。

 

食べ物などから摂取する必要がありますが、
普通に食事をしていても、
なかなか十分な量を得ることができません。

体重が50キログラムであれば、必要量が6グラム。
(世界保健機関・WHOの報告)

アルギニンを多く含んでいる鶏肉でも、
100グラムに約1~1.5グラムほどしか
含まれていないというのがアルギニンなのです。

 

1日に4~9gを摂取すると、
成長ホルモンの分泌をおよそ2~4倍に高めた、
という臨床試験結果もあるようです。

 

アルギニンを多く含む食べ物

・肉類(鶏肉や豚ゼラチンなど)

・大豆類

・えび

・ナッツ類

・チョコレート

・ごま

子供の身長を伸ばすためにも、
毎日の生活で食べたい食べ物ですが、
あくまでもバランスよくが大切です。

上手にアルギニンの成分を摂取していきましょう。

 

こんなサプリメントを上手に利用している家庭も多いですよ。
アルギニンとその他に必要な栄養を一緒に補うことができます。

身長サプリメントはDr.Senobiru

成長ホルモンとアルギニンについてのまとめ

成長ホルモンは、
成長作用とタンパク質の
合成のためには欠かせないものです。

夜の10時~2時頃までが
最も分泌の多い時間帯なので、

この時間には
ぐっすり眠りについてるのが理想です。

 

成長ホルモンの分泌を促す
アルギニンの成分も大切です。

多く含んでいる食材を積極的に使い、
バランスのよい食事で
我が子の成長のサポートをしてあげましょう。

子供の身長は伸びる伸びないで言うと、どうなるかははっきりとわからないのが正直なところです。お母さんができることは「きちんとした栄養」を与えてあげることです。規則正しい生活を家族みんなで心がけるようにもしていきましょう。

スポンサードリンク

(関連記事もご参考にどうぞ)
子供の身長はいつ伸びる?年齢ではいつまで?親からの遺伝で決まるものなの?

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑