納豆の栄養はどれくらいすごい?含まれている成分と効能について

公開日: 

nattou

納豆は体に良い、
というイメージの強い食べ物ですが、

みなさんは
どのくらいの頻度で食べていますか?

栄養はどのくらいすごいのか、
成分や効能を知っていますか?

知れば知るほど食べたくなる、
納豆の栄養についてご紹介します。

スポンサードリンク

納豆の栄養ってどれくらいすごいの?

納豆といえば健康イメージの食品。
ご飯にかけるだけで手軽に食べられるのも魅力ですね。

朝食に納豆を食べている、
という家庭も多いではないでしょうか?

 

健康面だけではなく、
美容やダイエットにまで
よく話題に上がる納豆ですが、

血液をサラサラにしてくれる
効果があることは有名ですよね。

 

大豆から作られているので、
タンパク質などたくさんの栄養が含まれています。

さらに、納豆は発酵食品で、
体の免疫力を高めてくれる食べものです。

 

健康イメージの強い納豆ですが、
私が思っていた以上にすごい栄養が
たくさん含まれているのでご紹介したいと思います。

 

納豆の栄養に含まれている成分

納豆は、大豆を発酵させている食品です。

 

「含まれる栄養」

ビタミンB2

コレステロールや中性脂肪を減らし、
習慣病予防やダイエットにも役立ちます。

皮膚の健康維持、
目の疲れや視力増進などの効果があります。

タンパク質

筋肉や骨、肌、髪など、
体の中の細胞を構成する大切な栄養素です。

カルシウム

骨を作るのに欠かせない成分です。
腸内の働きを助けたり、
集中力を高めイライラ防止にも役立ちます。

免疫機能を保つ役割をし、
活性酸素の除去などもしてくれます。

 

この他にも、

ビタミンB1・B6・E・K2、
食物繊維、カリウム、マグネシウム、

などなど・・・

納豆には実に多くの栄養素が含まれ、
書ききれないほどなのですが、

人が健康を目指し生活していくうえで、
大切な栄養がたくさん含まれています。

スポンサードリンク

 

 

最近では「ナットウキナーゼ
というのも色々なところで紹介されていたりしますよね。

ナットウキナーゼとは、
あの、ネバネバの元になっている酵素のこと。

nattou-nebaneba

これが血液サラサラ成分と言われ、
血栓をできにくくしてくれる効果があります。

たくさんグルグルとかき回すことで、
健康効果が増すんだそうですよ。

食べる前に、ぜひ
何回もかき混ぜてから食べてくださいね。

 

納豆の栄養にはどんな効能がある?

納豆は、体に大切な栄養素が、
バランスよく含まれている発酵食品です。

 

ナットウキナーゼには
血栓予防・血液サラサラ効果がありますが、
強い効果が期待できると言われています。

血液の流れがスムーズになることで、
心筋梗塞・脳こうそくなどの予防になります。

 

ビタミンの栄養で、
目の疲れを和らげてくれたり、
肌や粘膜を守る作用から美肌効果も。

 

タンパク質の成分も豊富なので、
体の中のあらゆる細胞の働きを助けます。

 

カルシウムや鉄分の成分が
入っているというのも驚きですね。

骨を丈夫にする効果や、
活性酸素の除去、免疫機能の維持効果までも
納豆を食べることで得られるのです。

整腸作用や疲労回復なども期待できますよ。

納豆といえば健康のため、
高齢になるほど食べた方が良い
食品というイメージがありましたが、

育ち盛りの子供にも
たくさん食べてほしい健康食品です^^

 

納豆の栄養についてのまとめ

納豆には、ナットウキナーゼをはじめ、
ビタミンやタンパク質、カルシウム、鉄、マグネシウムなど、
多くの種類の成分が含まれています。

たくさんの効能もあり、健康面だけでなく
美容にダイエットにもおすすめの食品です。

スポンサードリンク

健康を考える年齢の人だけでなく、
思春期の子の栄養摂取にも
ぜひ、家族で食べてくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑