体の黒ずみって何が原因なの?消すことはできる?自分でできるケア方法は?

公開日:  最終更新日:2017/04/08

josei-nayami

ヒザやヒジ、ワキなどの
体の黒ずみが気になる箇所ってありますよね。

自分だけ黒ずみがひどいような気がするけど、
これってどうして?何が原因なの?

と、考えたことはありませんか?

実は体の黒ずみは消すことができるんですよ。
自宅でできるケアなどをご紹介しますね。

スポンサードリンク

体の黒ずみって何が原因でできるものなの?

冬場は洋服で隠れるので気にならないけど、
暖かい季節になると半袖に丈の短いスカートやズボン。

黒ずみと言われる茶色い部分が、
人に見られてしまいそうで気になりますよね。

周りを見るとヒザもヒジもみんな白くてきれい!

どうして自分だけ黒ずみがひどいの?
とちょっと悩んでいたりしませんか?

 

体の黒ずみの原因

いくつか原因がある中で特に多いのが

衣類の摩擦など外部の刺激」からできる黒ずみです。

 

肌は刺激を受けることで自らを守る力が働き、
メラニン色素が活性化して黒ずみにつながります。

肌着の摩擦による脚の付け根の黒ずみや、
ヒザやヒジを机などについていることが多いなど、
刺激を与えることが大きな原因となってしまうのです。

 

ヒジ

机などにヒジをつくのが多いことで、
摩擦や圧力をかけて刺激している。
夏場の半袖で紫外線を浴びている。

ヒザ

床にヒザをつくことが多かったり、
夏場に紫外線を浴びている。
ピッタリしたズボンで摩擦している。

ワキ

衣類のこすれや皮膚同士の摩擦、
ムダ毛の処理などでダメージを与えている。

 

ヒジやヒザ、ワキなどは、
予想以上にデリケートな部分なのです。

関節の部分は皮脂腺が少ないため、
天然の潤い成分である汗があまり出ません。

 

つねに乾燥しやすい場所なので
外部からの刺激をまともに受けやすい場所なのです。

 

体の中でも本来ならば
やさしく扱いたい部分なのですが、
机や床に体重を乗せてついてしまうことが多く、
知らないうちに黒ずみが濃くなってしまうことがあります。

 

ワキは汗をかきやすい場所ですが、
皮膚が薄いので肌自体がデリケートな場所。

そこへ毛抜きやカミソリで
ムダ毛処理を頻繁に行ってしまうと
刺激が加わり黒ずみの原因ともなります。

体の黒ずみは消すことができるの?

一度肌にできた黒ずみは、
消すことができるんでしょうか?

体の黒ずみは即効では
なかなか消えてくれることはありません。

ですが、時間をかけて消すことも可能ですよ。

 

黒ずみを消すには肌のターンーオーバーを
正常にすることが大切です。

肌表面に押し上げられる黒ずみが
ちょっとずつはがれていくことで、
黒ずみの解消へとつながります。

ですが、肌内部にも
メラニン色素が残っているため、
これがまた肌の表面に押し上げられ、
ちょっとずつはがれる、と繰り返します。

 

期間はかかってしまいますが、
あきらめないで黒ずみのない
白い肌を目指していきましょう。

ケア方法もご紹介しますが、
まずは、

黒ずみを作ってしまう行為をしないこと。

これがとっても大切です。

 

毎日ケアを行っていても、
ヒザやヒジをいつもついていたり、

ムリなワキのムダ毛処理も続けると
ケアをすること自体がムダになってしまいます。

刺激を与えないように気を付け、
継続できる方法で消す努力を続けてくださいね。

参考サイト

体の黒ずみの原因や解消する方法について

 

体の黒ずみ解消のためにできるケア方法は?

黒ずみ解消ケアと一緒に
普段の生活の中でも気を付けていきましょう。

・ムダ毛の処理は毛抜きを使わず専用のクリームをつけてから剃る。

・肌にピッタリと密着する洋服は避ける。

・ヒザやヒジをつけないようにする。

・ナイロン素材のタオルでゴシゴシ体を洗わない

など、刺激を与えないように気をつけましょう。

 

体の黒ずみは上の方でご紹介したとおり、
表面の皮膚がちょっとずつはがれることで、解消されていきます。

これには「肌のターンオーバー」が
正常に行われることが最も重要なことになります。

そして、ターンオーバーを正常にするのに必要なのが、
絶対に欠かせない「肌の保湿」なのです。

 

保湿というと顔につける化粧品イメージがありませんか?

化粧品を体につけてみたけど、
黒ずみが解消できる気配がなかった、
という人も多いかもしれません。

この理由は、顔と体の皮膚の状態が違っているためです。

体の黒ずみ解消クリームを使ってみたい場合は、
それに特化したものを使う方が効果は大きくなります。

女性に圧倒的人気になっているのが
こちらのイビサクリームです。


≫≫≫【薬用イビサクリーム】詳細はこちら

 

ターンオーバーを促す
ピーリング用の化粧品もありますが、
ムリに皮膚をはがすのはお肌によくありません。

ピーリングを行う場合は一定期間を置いて、
頻繁には行わないように気をつけましょう。

 

また、体の中から美白を目指すため、
食生活もバランスの良いものを意識してくださいね。

 

ビタミンCやタンパク質、
鉄分などの栄養を摂りましょう。

ビタミンCには
メラニン色素の増加を抑えてくれる働きがあります。

タンパク質には美白や美容効果。

鉄分には血流を良くする働きがあり、
くすみの解消に効果があります。

 

こうして見ると、
普段の生活をちょっと意識するだけで、
意外と簡単にできることが多いですよね。

長く継続するとなると大変そうにも感じますが、
黒ずみのない肌を想像しながら続けてくださいね^^

関連記事

足の付け根の黒ずみは治すことができる?皮膚科の必要あり?
膝(ヒザ)の黒ずみの原因と消す方法!ケア用クリームで消える?


スポンサードリンク

体の黒ずみに関するまとめ

体の黒ずみは、
衣類の摩擦や外部からの刺激が原因です。

紫外線に気をつけなくてはけないのは、
顔だけではなく体も一緒です。

 

時間はかかっても
黒ずみは薄くしていくことができます。

ちょっと意識するだけでできることがあるので、
自宅で継続して黒ずみ解消ケアをしていきましょう。

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑