ジューサーとミキサーの違いって何?それぞれの使い方は?栄養を摂れるのはどっち?

公開日:  最終更新日:2016/12/06

mixer-juice

調理器具にジューサーとミキサーってあるけど、
この2つの違いがよくわからない。

そんな人も多いのでは?

2つを使い分ければ
調理が今までよりもっとスピーディで簡単に。

今日はジューサーとミキサーの違いや使い方、
どんな栄養を摂れるのか?

などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ジューサーとミキサーの違いってどんなところ?

ジューサーとミキサーの2つの違いは、

ジューサー・・・ジュースを作るためのもの

ミキサー・・・・野菜や果物を刻むもの

基本的にはこれが違う点です。

 

よく文字を見てみると、
すぐにわかることではあるんですが、

どちらも「サー」とついていて、
キッチンで調理に使うものイメージ。

実はどっちも同じ?と
長い間思っていたのは私だけでしょうか?(笑)

 

では、もう少し詳しく違いをご説明しますね。

ジューサー

食材の皮や繊維質と、
水分を分けたジュースを絞ることができます。

絞られた水分だけを取れるので、
サラリとして口当たりの良い、
飲みやすいジュースが出来上がります。

最近では石臼方式でゆっくりと絞り出す、
ビタミンを壊しにくいジューサーが人気。

絞りかすが多く出ますが、
このかすを調理などに混ぜて使うこともできます。

ミキサー

カッターの刃がついていて
食材を細かく切り刻むのに便利な器具です。

細かくすることができ、
性能の良いものならみじん切りが簡単に出来上がります。

野菜や果物を刻んで
ジュースを作ることもできますが、
繊維質がそのまま混ざっているので、
サラサラした飲みやすいものではなく、
ドロッとしたジュースに仕上がります。

基本的には別物の調理器具ですが、
ジュース作りのように、
同じ用途として使うことも可能です。

ミキサーは海外ではブレンダーと呼ばれているので、
日本で販売されているものでも、

「ブレンダー」といわれるものは
このミキサーのことになります。

 

人気のものをチェックしたい方は、
楽天市場のランキングをご参考にどうぞ

楽天市場 ジューサーやミキサーランキング
 

ジューサーとミキサーのそれぞれの使い方や使い分けは?

 

ジューサーは基本、ジュースを作るもので、
それ以外にはあまり使い用途がありません。

健康やダイエットのために
野菜や果物でジュースを作りたい、
という人に向いています。

絞って食材から水分を出すので、
濃厚ですがさらりとした
ジュースを作ることが出来ます。

繊維などと分離させるので、
出来上がるジュースの量は少し少な目。

絞りかすとして残る繊維などは、
ただ捨てるのはもったいないので、
何かの料理に混ぜて使ってしまいましょう。

野菜炒めやお菓子などに混ぜるのが定番ですよ。

 

ミキサーは刻んで混ぜる調理器具です。

調理段階で食材を細かくすることができるので、
使い方はジューサーよりも幅広く使用できます。

料理を作る際に
調理を素早く便利にしたい人に向いています。

繊維質が混じるためドロッとしてしまいますが、
ジュースを作ることもできますよ。

繊維も残る健康たっぷりのジュースを作ることができます。

 

「ジューサーとミキサーの使い分けまとめ」

ジューサーは、
ジュース作りをメインに使いたい人に。

ミキサーは、
調理を便利にするのをメインに使い人に。

というようになります。

 

どちらも持っていれば、
サラサラのジュースも作れて、
調理も便利にできますね。

ですが性能の良いものを思えば
2つ買うとなかりの値段になりますし、
キッチンの収納スペースの問題も出てきます。

どちらかひとつに、と考えている人は、
自分が主にどちらを必要としているか?

これを目安に決めるといいと思いますよ^^

スポンサードリンク

 

ジューサーとミキサーで栄養を多く摂れるのはどっち?

どちらも健康のための栄養を
たっぷり摂取できるキッチン家電ですが、

「健康メイン」で考えるならば、
どっちの方が栄養を多く摂れるのか?
というのも大切ですよね。

 

ジュースを作る場合でいうと、
絞り出すタイプのジューサーがおすすめです。

食材の中の「酵素は熱に弱い」ため、
高速回転で熱を持ってしまうミキサーは、
酵素が残らないと言われています。

その点、絞り出すタイプは熱を持ちにくく、
ゆっくり回転するタイプのものなら、
酵素がしっかり残ってくれます。

ただし、繊維と水分が分離されるので、
繊維質を体内に取り込みたい場合は、
絞りかすを何かの料理に混ぜて使う必要があります。

 

これに対しジューサーの場合は、
食物繊維がそのまま残ることになるので、
酵素は残りにくいですが、
便秘解消などを求める人におすすめです。

繊維が混じることでドロッとして、
口当たりが苦手に感じる人も多いかもしれませんね。

小さな子にはちょっと飲みにくいかもしれません。

 

ジューサーとミキサーでジュースを作る時の
違いといえばこのような感じですが、

野菜たっぷりのスープ作りには
ミキサーが適しています。

回転が高速なものほど熱を持ちやすく、
ミキサー(ブレンダー)で混ぜるだけで、
暖かいスープを作れるタイプのものもありますよ。

ジューサーとミキサーの違いなどについてのまとめ

ジューサーとミキサーは
何となく同じキッチン家電の
イメージを持ちやすいですが、

使う用途が違っていて、

ジュース作りを考える人にはジューサー、

調理に使い人にはミキサーが適しています。

どちらか一つの購入で迷う人は、
主に自分が使いたい用途で選ぶのがいいでしょう。

 

それでも迷ってしまう人は、
調理にもジュース作りにも使える
ミキサーの方をおすすめします。

 

それぞれの良い点を生かし、
家族の健康のために役立ててみてください^^

スポンサードリンク

栄養をたっぷり摂取できる生活で
2016年も家族の健康を守ってあげましょう。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑