水いぼは人にうつる?できる原因は?子供にできた時はどうしたらいい?

公開日: 

mizuibo-image

子供に水いぼができた!
という話を時々聞くようになったけど、

これってうつる病気なの?

我が子に水いぼができたら?

ちょっと心配だわ
というお母さんは参考に読んでみてくださいね、

水いぼができる原因や
できた時は?などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

水いぼは人にうつる?流行するもの?

水いぼという名称で
知られているこの皮膚にできるいぼは、

正しい名前を
伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」と言います。

 

これはウイルスの仲間なので、
水いぼは人にうつる感染症です。

皮膚にウイルスがつき、
角質よりさらに深い部分まで入り込み、
真皮に感染してしまうことで水いぼができます。

感染者と直接肌が触れたり、
使用したタオルからや、
裸足にになるプールサイドなどでも感染します。

 

ただし、大流行する
インフルエンザのような飛沫感染がないため、

水いぼが全国的に流行る、
ということはまずありません。

 

家族間やお友達同士など、
小規模の範囲で広がることは十分にあり得ます。

子供の場合は裸足になることの多い、
夏に水いぼにかかる子供が増える傾向にあります。

これは、学校で夏にプール授業が
行われることに理由があるようです。

お友達同士家の中で遊んでいる時も、
暑い時期は素足になることも多いですよね。

こういったことから、
夏に流行しやすい感染症のひとつとなっています。

水いぼが体にできる原因ってなに?

水いぼは、肌が直接触れたり、
使ったタオルの使用などからうつります。

手や足に出ることが多いですが、
胸やわきの下、お腹や背中など、
体の色々なところに出ることもあります。

 

通常、水いぼの表面に触れてもうつりませんが、
刺激などで水いぼがやぶれた時に、

中に入っているウイルスが飛び出し、
これが皮膚に接触するのがみずいぼができる原因です。

 

皮膚にウイルスがついただけでは感染しませんが、
真皮に届いた時に感染し水いぼができます。

健康な皮膚状態であれば
ウイルスが付着しても感染しにくくなりますが、

皮膚の炎症、乾燥など、
肌が弱っている部分に付着すると感染しやすくなります。

 

肌を露出する場所での感染が多く、
代表的なのはプール。

その他、温泉や岩盤浴などです。

じゃあ、夏場の子供のプール遊びは危険?
とちょっと不安になるお母さんもいますよね?

 

水いぼはプール内の
水の中ではうつることがないと言われています。

ですが、裸足のたくさんの人が歩く
プールサイドではうつりやくなります。

また、ビート板から感染することもあります。

このあたりを避けることは難しそうですが、
タオルの貸し借りなどを
頻繁に行うのは避けておきましょう。

水いぼが子供にできた時にはどうする?

体にできているのは水いぼかも?

これを見分けるために、
特徴を知っておきましょう。

水いぼの特徴

皮膚上に白っぽいプツプツとした粒。
中に白いかたまりようなものがあります。

小さいものだと1mmくらいから、
大きめのものだと5mmくらいの大きさです。

粒はきれいな円形でなめらかな場合が多いです。

いぼの表面中央に
少しくぼみができるのも特徴です。

このようないぼが確認できたら、
皮膚科、または小児科へ行きましょう。

 

水いぼは自分の体の表面でも
うつって増えてしまいます。

特に治療をしなくても、
数か月から長くても1年くらいで
自然に治っていきますが、

その間、体に水いぼが増えてしまうので、
数が少ないうちに取り除いてあげるのがいいでしょう。

 

水いぼの治療法はいくつか種類があります。

・ピンセットでつぶして中のかたまりを出す

・液体窒素でいぼの部分を壊死させる

・内服薬を服用する。

皮膚科の先生によって治療法が違うようです。
また、水いぼの状態によっても
治療法が変わってきます。

この中でも一般的なのが、
ピンセットでつぶして中身を取り去る方法です。

すべてを完全につぶすことができればそれで完治です。

 

ただし、子供にとってはけっこう痛みがあるので、
お母さんがいぼを取ろうとしても、
かわいそうで、なかなかうまくいかないかもしれません。

スポンサードリンク

 

我が家で子供に水いぼができた時のお話

まずは、すぐに皮膚科に行きました。

先生がピンセットで取り除き、
自分でできるなら自宅でやってもかまわない、
ということでした。

そこで、お金をかけるより自宅でと思い、
子供に事情を話して取ることにしたのです。

我が家では上の子は頑張ってくれましたが、
下の子は1つで、もういやがってしまい、
寝ている間にちょっとずつつぶしました^^;
(熟睡してくれる子にできる方法ですね)

 

ピンセットでイボをつぶすのには、
ちょっとしたコツがあります。

周りをお肉ごと手でつまんで
いぼの部分を押し上げるようにして、
ピンセットでイボ部分をつまんで、
一気にプチン!と中の白いかたまりも取ります。

これにウイルスが入っているので、
すかさずそのかたまりはティッシュなどできれいに取ります。

この時、痛そうで怖がってしまうと、
表面に近い部分しかつぶすことができなく、
再度同じイボをつまむことになってしまいます。

これにも痛みを伴うので、
できるだけ失敗しないよう、
一回で取りのぞいてあげることが大切です。

下の子の場合は痛がってしまうので、
寝ている間にこれと同じことをしていました。

痛い瞬間は少し体が動きましたが、
すかさずベッドの陰に隠れて、
寝入った頃にまた、プチン!と・・・^^;

子供2人、これで一気に水いぼがなくなりました。

 

ですが、最初は病院へ行くことをおすすめします。

ピンセットで取るのでも、
先生のやり方を見てからでないと難しそうです。

イボを取る方法を教わってから、
自分でできるようでしたら取り除いてあげてください^^

水いぼに関する記事のまとめ

水いぼの正しい名前は伝染性軟属腫です。

ウイルスが肌につき
奥まで入り込んで感染します。

感染経路が接触感染のため、
肌の露出が多くなる夏の時期に
水いぼができる子供が多くなっています。

 

水いぼかも?と思ったら、
まずは皮膚科か小児科へ行きましょう。

ピンセットで取り除く方法が簡単です。

スポンサードリンク

病院で取る方法を確認し、
子供さんが痛みに我慢できるようなら、
自宅でお母さんが取り除いてあげることができます。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑