目がピクピク動く原因は何?治す方法は?一ヶ月も長く続くのは病気なの?

公開日: 

menokeiren-josei1
目のあたりがしょちゅう、
ピクピク動いていやな感じに。

私もたびたびなりますが、
これってけっこう多くの人が
気になるわ~と思っているんではないでしょうか?

今回は、この
目がピクピク動くことについて調べてみました。

気になっている人は読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

目がピクピク動く原因って何なの?

目のあたりがピクピク動く・・・
ちょっといやな感覚ですよね?

まぶたが動くとか
目の下が動くとかありますが、
両方ピクピクして気持ち悪い、という人もいるのでは?

 

このピクピク動く現象は

痙攣(けいれん)」によって起こっています。

 

原因はいろいろありますが、多くは、

・目の疲れから

・ストレスから

・寝不足から

となっています。

この他にも、体の疲れやビタミンBの不足
などでも起こることがあります。

 

痙攣は筋肉が収縮を起こしている状態です。

一時的に血流障害を
起こしている状態でもあります。

2~3秒ですぐに止まるということもあれば、
私はひどい状態の時では1分以上も続いたり、

人と話している時に指摘されたり、
ちょっと恥ずかしい思いをしたこともあります^^;

 

疲労からきている場合は、
それほど心配する必要がないようですが、
まれに、病気がひそんでいることもあるようです。

 

まぶやた目の下がピクピク動くというのは、
周りの人からもよく聞く症状ですよね?

つい「たいしたことないわよ」
と思いがちですが、

長く続く場合は
専門医に相談してみた方が良いとのことです。

 

では、軽い痙攣の場合、
自分で治せる方法もあるんでしょうか?

調べてみたので、
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

目がピクピク動くのを治す方法ってある?

原因がわかればある程度、
自分での治し方に見当がついてきますね^^

そうです。

目のピクピクは
一時的に血流障害を起こしている状態なので、

温めてあげる」ことで改善できます。

 

電子レンジで温めた濡れタオルを
目の上に乗せてあげたり、

ドラッグストアなどでも売っている、
ホットアイマスクの使用も簡単でおすすめです。

 

また、目元だけでなく、
全身の血行を促進するのもいいようですよ。

入浴タイムに半身浴をしたり、
日中は、足湯などもいいですね^^

スポンサードリンク

 

目を疲れさせない生活をすることも大切です。

パソコンやスマホ時代、
1日の中で長い時間目を使うことが多く、
酷使された目は疲労で疲れています。

定期的に目を休めたり、
寝る前に目を温めることを日課にしてみましょう。

目がピクピク動く痙攣は、
ストレスなどでも起こってしまうので、

生活の中で気を休める時間を
作っていくなど工夫してみてくださいね。

 

では、長く続く場合はどうしたら良いのでしょうか?

目がピクピクするのは何かの病気?一か月も続く場合は?

目が痙攣して長く続く。

時には顔の方まで
ピクピク動いているのを感じる人もいますよね?

 

通常、痙攣は毎回数秒でおさまることが多く、
長くても数日、というのが一般的です。

ですが、これがもっと長く続くときは、
こんな病気も考えられるので注意が必要です。

顔面ミオキミア

下まぶたが動くことが多く、
脳幹部の炎症・腫瘍、多発性硬化症の疾患の
可能性などもあります。

片側顔面痙攣

片方の目の周りの動きから、
徐々に頬・口元などへ広がり、
動脈が顔面神経を圧迫していることもあります。

眼瞼痙攣

下まぶたから徐々に、
両目の上下のまぶたの痙攣になり、
大脳の基底核の異常と考えられています。

 

目がピクピク動く痙攣は
よくあることとそのままにしてしまいがちですが、

人や電柱などに歩行中
ぶつかってしまう人も多く、

階段の上り下りなどにも
影響を与えてしまうことがあります。

ちょっと長く続いている。
いつもより痙攣がひどいなど気になる時は、
病院で医師に相談してみましょう。

 

診察をしてもらう場合は何科がいいのか?

顔の方まで痙攣している場合は
ちょっと迷ってしまいそうですが、

まずは「眼科」で
まぶたが痙攣していることを伝えましょう。

まとめ

痛いわけではないけど、
とっても気になる目のピクピク。

これは、まぶたの痙攣によって起こっています。

目や体の疲れ、ストレスなどからでも
出てくることのある症状です。

血流が滞っているので、目のあたりを温めて
血行の促進をしてあげましょう。

 

パソコンやスマホでの
目の使いすぎにも気を付け、
定期的に体を伸ばして全身の血行を
良くしてあげるのもいいですね。

 

病気の可能性もゼロではありません。

スポンサードリンク

長く続く場合は
眼科で医師に相談してくださいね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑