背中のぶつぶつが急にできるようになった私の原因はこれでした!ケア方法の体験談も

投稿日:

senaka-butubutu-josei
何気なく背中に手を当てたら、何やら小さなぶつぶつがいっぱい!

痛くもかゆくもないので、全然気が付かなかったけど、気付いてしまうと気になってしょうがない。

つい、背中をカリカリしてしまってはいませんか?

 

今まではなかったはずなのに、急に背中にぶつぶつができるようになる原因って何でしょうか?

原因や治し方と、実際にした私の背中のぶつぶつケアを体験談としてご参考にどうぞ。

スポンサードリンク

背中のぶつぶつが急にできるようになってしまった!

若い頃から特に背中にニキビなどもできたことはないのに、ある日何気にさわってみたら・・・

小さなぶつぶつがいっぱいできていた!

そんな経験はありませんか?

 

以来、気になってさわってみると、いつもぶつぶつがたくさんあって、新しいものも毎日のように誕生してしまいます。爪でカリッと取ってみると、白っぽいような小さなものが取れるんですよね。

 

ここまで書いてきて明かしてしまうと実はこれ、私の背中 ぶつぶつ体験談なんです^^;

ほとんどのものは爪でも取れませんが、取れた時は白っぽい固まりのようなもの?

大きさはたいてい大きいもので1mm程度です。

あまりに気にしすぎてさわる頻度も増え、カリカリしているうちに血が出てしまったり、カサブタになってしまうこともあるんですよね。

そして残ったのは背中に広がる茶色い点々の痕・・・T_T

 

この正体は何なんでしょうか?

きっちり調べておきましたので、同じような症状で悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

 

関連記事こちらもご参考にどうぞ

プラクネクリームで背中のブツブツと痕ケアしてみました

 

背中にできるぶつぶつの原因は何?

背中にできるぶつぶつって、すぐに思い浮かぶのは背中ニキビですよね?

私も自分の背中にできたぶつぶつはニキビなのかな?と思っていました。

 

背中にできるぶつぶつにはいくつか種類がありますので、まずはそちらからご紹介しますね。

背中ニキビ

顔にできるニキビとはちょっと違っていて、アクネ菌ではないことがほとんどです。

たいていはカビの種類に入るマラセチア真菌というのが原因となります。

赤みをおびるものが多く、椅子に座った時など背もたれに当たり、痛みがあるのも背中ニキビの特徴です。

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

マラセチア菌が増えてしまうのが原因で、かゆみ・炎症を起こしてしまう皮膚の疾患です。

状態が悪くなってしまうと、かさぶたになってしまうこともあります。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

毛穴に角質が詰まってしまうことで、ザラザラしたようなぶつぶつができます。

赤っぽい色になることが多く、背中の他にも二の腕や太ももなどにもできやすい特徴があります。

よくあるものでは、このようなものがあります。

 

そして、私に当てはまるのはどうやら、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」のようでした。

わりと多くの人が経験するようですよ。乾燥による肌のサイクルの乱れで、私のように年齢が上がって突然でき始める人も多いようです。

背中にぶつぶつしたものが急にできるようになった場合、多くがこの、毛孔性苔癬か背中ニキビなんだそうです。

 


このぶつぶつの原因は角質が毛穴に詰まってしまうこと。

爪でカリッとしたときに取れるものの正体は、「角栓」だということです。

 

通常であれば肌にある角質は、肌サイクルによってはがれ落ちるのが自然です。

これが、古い角質がはがれ落ちてくれない時、毛穴に詰まってしまって角栓になります。

 

こうなると、皮膚の表面に盛り上がりができ、外から見ると「ぶつぶつ」になってしまうとのこと。

 

なるほど~と思いました。

どうりで、爪でカリカリすると白い小さなかたまりが取れてくるんですね^^;

 

背中にできている場合気が付かないこともありそうですよね。

肌質の遺伝の確率が高いそうですですので、親や兄弟姉妹にできている人は、もしかしたら自分の背中にできている可能性があるかも?

 

この角質が毛穴に詰まる症状は、根本的な原因がわかっていないそうですが、ホルモンバランスの関係や肌の乾燥などで発症することが多いと考えられているようです。

 

原因のはっきりしていない毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ですが、治すことはできるんでしょうか?

スポンサードリンク

背中のぶつぶつを何とかしたい!治し方ってある?

では、毛孔性苔癬の治し方についてお話していきます。

いくつか方法がありますのでご紹介しますね。

・皮膚科で薬を処方してもらう

・美容外科でレーザー治療を受ける

・毛穴の汚れを落とせる石けんなどを使う

・クリームなどで保湿して肌の乾燥を改善する

皮膚科や美容外科に行くまでではないな・・・という人は毛穴汚れをきっちり落とせる石けんを使ったり、クリームなどでしっかりと保湿をしてあげるのが簡単ですね^^

 

クリームを使う場合は、尿素配合のタイプが改善に効果があるようです。
毛穴汚れもすっきり洗えるものを使い、その後、保湿クリームやローションでしっかり潤わせるのもいいようですよ。

ですが、肌状態は人それぞれで個人差があります。

かえって乾燥を招いてしまわないように、自分の肌に合わせたケアが必要です。

 

してはいけないのが・・・

・ゴシゴシこすって洗う

・乾燥させてしまう

・つぶしてしまう

・シャンプーやリンスなどを背中に残してしまう

などです。

 

クリームやローションなどを使えば改善効果は期待はできますが、完全に治らないこともあります。

ですが、試すならまずは自分でできる、洗い方やクリームなどでの保湿ですよね^^

即効性がないと言われていますが、自分に合ったケアをしっかり行っていくと、1~3か月くらいで改善できる人が多いそうです。

スポンサードリンク

背中のブツブツ 私はこうしてケアしました!

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)をなくしたかったので、まずは家にある物でと思い試してみました。

・毛穴を詰まらせないことが大切

・保湿で乾燥させないことが大切

ここを意識して私がやったことをご紹介しますね。

 

お風呂の一番最後に、泡洗顔料で背中を洗いました。

シャンプーやコンディショナーの成分が背中に残ることも良くないそうなので一番最後に行います。

また、最近のボディシャンプーは成分も優れていて、肌上に潤いを逃さないための膜を作るものも多いんだとか。そうすると背中に専用のクリームなどを塗っても浸透が悪くなってしまったり、膜を作ることで皮脂が出てこれなくなることも・・・

なので私の場合、顔を洗ったついでに、あまったモコモコ泡で背中もチョイチョイと洗います。

その後、しっかりシャワーで流しバスタオルで体を拭くときはゴシゴシさせず、水分を吸収させるように拭き取りました。

しっかり水分を取って乾かした背中に、ボディ用に使っているローションをペタペタ。

これを行った結果、背中のブツブツが急に減り、さわった状態がいい感じになりました。

 

・・・が、ちょっと甘かったようです^^;

その後、ブツブツの中にニキビがまじっているような状態になり、かゆみや痛みまで出て、おまけに爪でカリカリしていたら、血まで出てしまいどんどん悪化してしまいました。

写真を撮ってみたらこんな背中に・・・T_T

点々に見えているのはすべて、背中のブツブツと茶色い痕です。

これは、どんどん出てくるブツブツの数が増え、カリカリしたせいか、茶色い痕まで残ってしまった写真です。

ここまでなってしまうと、もうどうにもお手上げ状態です(泣)

激安ローションでは保湿が足りない?という検証結果になってしまいました。

 

その後・・・手に負えなくなったので、背中ニキビ用のケア商品を使ってみました。

これが意外にいいです。特化しているものって本当に違うと実感しました^^

背中の画像をご紹介していますので、レビュー記事を参考にしてみてくださいね。

プラクネクリームのレビューはこちら

 

背中のぶつぶつに関するまとめ

背中のぶつぶつの正体は、多くが、背中ニキビや脂漏性湿疹、毛孔性苔癬などです。

中でも、以外に多いのが毛孔性苔癬。

これは、角質が毛穴の中に詰まり、皮膚を盛り上げてしまうので外側から見るとぶつぶつした状態になってしまいます。

背中だけでなく二の腕や、太ももなどにも出る人がいます。

 

見えない場所でかゆみなどもなければ、放っておいていいかな?という感じがしますが・・・

夏場など薄着になる季節だとどうしても、背中も腕も太ももも人に見られる機会が多くなってしまいますよね。

 

美容外科でレーザー治療を受ける人もいますが、即効性があって確実とはいえ、やはり値段も高いのでなかなか難しいですね。

皮膚科で診断してもらい、塗り薬を処方してもらうのが確実ですが、自宅で手軽に治したいという人は、毛穴の汚れを落とした後でしっかり保湿を心がけましょう。


 

「関連コンテンツ」

-美容
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2018 All Rights Reserved.