健康

低体温は冷え性ではないって本当?違いは何?関係はあるの?

投稿日:

hieshounojosei
私はいつも手足が冷たい。

人より寒がりの冷え性。

これって低体温?と思いがちですが、
低体温と冷え性は実は違うものなんです。

この2つは何か関係があるのでしょうか?

スポンサードリンク

低体温は冷え性ではないって本当?

「低体温」と「冷え性」

体温が低いことと手足が冷たいなどの症状って、
同じでしょ?と思ってはいませんか?

 

実は、この2つは同じものではありません。

低体温は文字通り、体温が低い症状のことで、
一般には通常の熱が35度台(36度未満)の人のことを言います。

それに対し冷え性の場合は、
手足がいつも冷たかったり寒がりだったりするものの、
平熱36度以上が通常の人のことです。

低体温でも手足が冷たくない人もいますし、
冷え性でも体温が低くない人もいるのです。

 

では、どのように区別するといいのでしょう?

低体温と冷え性の違いって何?

私は低体温なのか冷え性なのかよくわからないという人もいますよね?

 

まず、区別するのは簡単です。

低体温の人は「熱が36度に満たない人」です。

 

低体温は病名ではないので病気とは分類されていないようです。
なので、一般的に36度に満たない熱のことをこう呼んでいます。

人より寒がりで手足の冷えがきつい。

こういった人で熱が36度以上の人は、「冷え性」と言われています。

 

point8_3低体温と冷え性の違い

低体温は体の内部の体温が低いこと。

低体温の場合は体の表面や手先足先で判断するのではなく、
体の深部が冷えているかどうか、ということです。

普段私たちは体温を測る時、
脇の下などに体温計をはさんで測りますよね。

この時に出る数字を見て自分の熱を判断します。

ですが、体の中は外側で測る熱とは違い、
つねに37度ほど熱を持っているのが普通になっています。

低体温の人の場合は内臓がある部分まで35度台のことが多く、
免疫力の低下などが心配されます。

 

冷え性は血流が悪い状態のこと。

冷え性の場合は通常の体温が36度以上あり、
季節や気温に関係なく体が部分的に冷えることです。

冷え性で手や足がいつも冷たいという人は多いですが、
血流が悪く末端まで血液がうまく循環できていないのが原因です。

体は熱いのに足先が冷たい。

こういった状態の人が多く、
冷たいのに足が汗ばむ、という困った症状の人も多くいます。

 

また、「寒がり」という人もよくいますが、
これは冷え性なのかというとちょっと違ってきます。

冷え性は体に寒さを感じていない状態でも体の部分が冷えてしまい温めても温まりにくく、寒がりは寒さに敏感な人で、衣類などで温めると体が温まりやすいのが特徴です。


スポンサードリンク

低体温と冷え性は関係あるの?

低体温と冷え性は同じものではない、というのはお分かりいただけましたか?
全く別のものではありますが、それでも何か関係性があるようにも思えますね。

厳密に言うと低体温と冷え性は別、ということになりますが、
体温が低い人で冷え性の人も多くいるため、関係がない、とは言い切れないようです。

 

共通してどちらの原因にもなってしまうのが「低血圧」とも言われています。

つまり、血行の良し悪しは体に大きな影響があるというわけですね。

 

実際、出産を経験するまで平熱が35.5度前後だった私は、
冷え性であり寒がりであり、低血圧でした。

体温は出産を機に36.5度前後に変わりましたが、低血圧は相変わらず今でも続いていて、当時よりちょっと高くなったかな~?程度です。

そして、今でも寒がりが治りません^^;

 

低体温が自覚しにくいのに対し冷え性は自覚しやすいと言われていますが、
どちらも体に良くないことは間違いありません。

体温が1度下がるだけで、免疫力は約40%も下がるとも言われています。

健康を保つためには体を冷やさない生活を心がけましょう。

あとがき

低体温と冷え性って同じ?と思っている人も多いかもしれませんが、
根本的には違っています。

低体温は体の深部(内臓部分)の体温が低いことで、
冷え性は血行の悪さから手足など部分的に冷えてしまうことです。

低体温は熱を測ることでほとんど判断できます。

36度未満であれば、体の深部も冷えている可能性が高いです。

ですが、中には測った体温は低くないのに、
体の深部は冷えているということもあるようです。冷え性の人は熱は36度台なのに、
手や足、お腹といったように部分的に冷たくなっていることです。

どちらも血流が関係していると言われ、
健康上はもちろんですが、美容やダイエットにも良くありません。

生活習慣を整えながら
体を冷やさないような生活をしてくださいね。

近年、生活習慣などで平熱が低い「低体温」の人が増えていると言われています。体がつらいだけではなく免疫力の低下など、健康をおびやかすことにつながることもあります。体温を上げられるよう生活を見直していきましょう。

【関連記事】
低体温とは何かの病気?原因や症状を詳しく知りたい!

体温が低いことで頭痛やめまいや吐き気がすることってある?

スポンサードリンク

体温が低いと体にどんな影響があるの?危険はある?健康面

「関連コンテンツ」

-健康
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2017 All Rights Reserved.