寒いのに汗が止まらない!冬に気になる脇や足汗の原因は?

投稿日:

寒い 汗 止まらない
寒い冬。

なのに・・・

なぜか汗が多く出て困っている。

こんなことはありませんか?

 

体は寒いと感じているのに脇や足がジットリ。

洋服に汗染みができたり、靴下や靴の中まで汗で臭くなってしまう。

このような冬の汗について、原因や対策などを参考にしてくださいね。

スポンサードリンク
  

寒いのに汗が出て止まらない!冬に汗をかくのは自分だけ?

冬と言えば、当然ですが、1年の中で一番寒い季節ですよね。

なのに「脇や足の汗が出て困っている」という人もいると思います。

自分では、とにかく寒いと思っているのに、

・汗染みができるほど脇汗が出る

・脇汗の臭いが気になる

・靴下がベタベタ

・靴下が異常に臭くなる

・靴の中が蒸れてプンプン臭う

こんな状態に悩まされてはいませんか?

夏場なら汗をかいても、まあ、当然だから仕方ないかな?という季節ですよね。

だけど・・・

寒い冬場に自分だけ汗をかいているのって、なんだか恥ずかしい、人に知られたくない!って思ってしまいませんか?

 

脇や足は、冬は洋服や靴の中に隠れていて、見えないから何とか隠すことができる。

でも、臭いがプンプンしてしまいそうで怖いという人も多いと思います。

体は寒いのに、汗が出てしまうのって何が原因なんでしょうか?

スポンサードリンク

寒いのに脇や足から汗が多く出る原因

冬の季節。

手足は冷たくなり自分でも「寒い」と感じている。

それなのに、脇や足に汗がたくさん出てしまうという人もいます。

 

実はこの不思議な汗・・・

体の冷えが原因となっていることがとても多いんです。

 

人の体は、寒い・冷たいなどと感じた時に、体温を上げようとする機能が働くようになっています。

体に備わる大切な機能で、寒さから身を守ってくれようとするんですね。

ですが、ここまでなら良いのですが・・・

 

急に体温が上がる機能が働くため、今度はその熱を冷まそうとする機能が働き出します。

その時に出るのが「」なのです。

 

汗の大きな役割は、上がり過ぎた体温を下げることです。

本当に暑い時にだけ出てくれればな~とも思うのですが、人の汗は脳からの指令によって出されているんだそうです。

なので、さわってみると脇や足は冷たいけれど、汗が出てしまうということなのです。

 

この汗が冷めることで、その部分がさらに冷えます。

水で濡らした状態と考えるとわかりやすいですね。

そして、冷えを感じることで、また汗が出て・・・

こんな繰り返しになってしまうこともあります。

 

冬によく汗が出るという人は、寒い場所から急に温かい部屋などに入った時に出やすいと感じることはないでしょうか?

そうなんです。

急に温かい場所へ行くことで体が温まり、汗がでる機能が働くのが原因となっているんです。

 

脇や足の汗が出やすいのは、この部分に汗腺が多いというところにあります。

また、この部分の汗は、ホルモンにも関係している場合もあります。

緊張など精神的なことでも汗が出やすい場所なので、気にするほどに出てしまうという人もいます。

 

ただ・・・

原因はわかっても、自分で対策するのはちょっと難しい感じもしますよね?

ですが、少しでも軽くできるよう、対策法などもありますので、試してみてくださいね。

 

寒いのに脇や足から汗が出る時の対策法とは?

寒い 汗 脇
寒いのに脇・足から汗が多く出てしまうのは、体の機能が働いている、ということが大きな原因となっていることが多いです。

 

根本的に治していくには、体全体の冷えを改善することが必要と言われています。

食事や運動などで、体質を変えていくということですね。

そのためには、生活習慣から見直していく必要がある人が多いと思います。

 

ですが冷え性や低体温の場合、正直、色々やっても難しいという人がほとんどではないでしょうか?

そんな時に少しでも汗を少なく抑えられるよう、できることを試してみましょう。

 

温度差を感じないようにする

寒い場所から温かい場所への急な移動は、できるだけ避けるようにしましょう。

例えば、会社についたら少し温かい玄関で、手袋や帽子をすぐに取ってしまい、「暑い」と感じることを少なくしていきます。

汗は脳の指令によって出されるので、急な温度変化を自分の体で感じないように工夫してみてくださいね。

 

冬でも脇汗パット

脇汗パットは夏に使う物という感じがしますが、冬でも脇汗をかきやすい人は使うようにしましょう。

寒い時期は、服装が夏より厚めなので熱がこもりやすくなってしまい、汗をかくと衣類の中で菌が繁殖しやすく、イヤな臭いの元になってしまいます。

トイレなどでこっそり取り換えができる、使い捨てタイプが便利です。

 

暖房よりあったかソックス

冷たい足を一気に暖めようと、足元用の暖房などを使うと、急激に温められた足から、汗がたくさん出やすくなります。

あったかソックスを履いたり、レッグウォーマーなどで足首を温めてあげる方が、汗を少しでも抑えることができます。

外を歩く時は防寒用の靴が必要ですが、屋内では少し通気性の良い靴の方が熱がこもりにくく汗が出にくくなります。

 

また、体全体を冷やさないことも大切なので、薄着は避けるようにしてくださいね。

可能ならば、毛糸のパンツや腹巻などで、体の中心に近い部分を温めてあげましょう。

最近では、女性用のおしゃれなものや、かわいいものもあるので、冬の間のために数枚用意しておくと便利です^^

 

自分が寒いと思っていても、急激な温度変化を感じることで汗は出やすくなります。

なので、このあたりを意識して行動してみたり、出てしまう汗はせめて臭いを出さないよう対策をしてみてくださいね。

 

すぐに改善するのは難しいですが、体全体の冷えをなくすよう、代謝を高められるような生活習慣も忘れずにしてみてください^^

スポンサードリンク

あとがき

自分でも体が冷えていると感じる寒い時に汗が出てしまうのは、多くが急激な温度変化を感じることが原因です。

暑く感じる→冷やすために汗が出る、ということです。

人間の体には、すごい機能が備わっているんですね~。

ですが、汗染みや臭いの元になったりするので、できれば抑えたいところですよね^^;

 

特に、脇や足には汗が出る汗腺が多くあるので、この部分の汗が出やすくなってしまいます。

温度差をできるだけ体感しない工夫や、夏場のような汗対策も試してみてくださいね。

 

根本的に改善するには、冷えのない体作りが必要と言われています。

今できる汗対策をしながら、食事や生活などの見直しもしてみてください。

軽い運動を取り入れるのもいいですね。

冬はウォーキングが難しいという地域もあると思います。

まずは、家の中でできるストレッチなどを習慣にしてみてはいかがでしょうか^^

「関連コンテンツ」

-
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2018 All Rights Reserved.