アブは毒を持っている?アナフィラキシーショックの心配は?服の上からだと刺されない?

投稿日:

アブ 毒

夏になるとたくさんの虫が増えてきますね。

アブやハチのように刺してくる?と思うようなものは近くに寄ってくると怖くてしょうがないのですが、みなさんはどうでしょうか?

 

今回はその中のアブについて、毒を持っているのか?ということについて書いていきたいと思います。

スズメバチに刺された時に出ることもある症状の、アナフィラキシーショックのような心配はあるんでしょうか?

対策法として、服を着ていると上からは刺されない?といったこともご参考にどうぞ。

スポンサードリンク
  

アブは毒を持っている?刺されるとどんな症状が出るの?

自分の周りを飛び回るアブは、どう見ても、攻撃してくる?という感じがしますよね?

ですが、アブはハチのようなハリなどは持っていなく、近づいてくるのも攻撃をするためではありません。

種類にもよりますが、アブは人の血を吸うことがあります。

臭いなどに誘引され近づいてきて、口で噛んで人の皮膚に傷をつけ、そこから出てくる血を吸って栄養にするのです。

 


そのため、スズメバチのような攻撃のための毒は持っていません

すごい勢いで自分の方に向かって飛んでくると、敵意を持って突っ込んでくるかのように見えてしまいますが、アブに目的があるとすれば、それは栄養のための血を吸いたいからです。

 

ですが、アブに刺された(噛まれた)時には無傷ではいられません。

噛まれるので傷はもちろんつきますが、吸血されるときに、血が固まらないようにする唾液をアブが出すために、これに対してアレルギーのような炎症が出てしまい、強いかゆみや痛み、腫れといった症状が出てしまいます。

 

簡単に言うと、蚊に刺された時の強烈バージョンといった感じでしょうか。

この唾液に対する反応には個人差があり、痛みやかゆみ、腫れなどの症状には違いがあります。


スポンサードリンク

では、アブに刺された時のアレルギー反応で、スズメバチに刺された時に出ることがあるアナフィラキシーショックのような症状が出ることはあるんでしょうか?

こちらも参考にしてみてくださいね。

アブに刺されたらアナフィラキシーショックの心配もある?

ハチのようなブーンという羽音をたてて寄ってくるアブ。

実はハエの仲間なのですが体が大きいものが多く、山や川へ遊びに行った時は、びっくりするほどの大きな体のものもいて、これに襲われたら・・・

なんて思うと恐ろしいですよね。「刺される=アナフィラキシーショック」という不安がある人も多いと思います。

 

アブに刺されてアナフィラキシーショックが起こることもあるのか?ですが・・・

 

実は、あります。

 

そう聞くとますますアブが怖い存在になってしまいそうですが・・・

アナフィラキシーショックとは過剰なアレルギー反応のことで、短い時間に急に、強く現れる症状のことを言います。

自分の体に合わないもの、つまり、自分の体が異物と認めたものに対しての症状なのですが、これが過剰に出てしまうことによって、深刻な事態につながることもあります。

ですので、アブに刺されると必ずアナフィラキシーショックが起こるわけではなく、起こりやすいわけでもなく、刺された人の体質によって、痛みやかゆみや腫れなどの症状も違ってきます。

 

また、体の大きなスズメバチやアブだけに限らず、小さなハチなどに対してもアレルギー反応が出てしまう人もいますし、出てしまうこともあります。

アブの場合はハチのような毒性のあるものが体に入るわけではないので、アナフィラキシーショックが起こることはごくまれと言われていますが、どちらにしても刺された時には強いかゆみや痛みが出ることが多いですので、しっかり対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク

アブは服の上からも刺してくる?服を着ているだけでは対策にならない?

体は大きくても、スズメバチのような強い毒を持っていないと聞くと、ちょっと安心できるアブですが、それでも、ブンブンいいながついてくる行動には、やっぱり「攻撃される?」という不安がつきまといますよね?

 

でも「アブって刺すためのハリがないんだよね?だったら服を着ていると大丈夫?」ということで・・・

実際に刺されたことがないので調べまくってみた結果・・・

 

アブは服の上からでも間違いなく刺してくる!ということがわかりました。

長袖や長ズボン、靴下、手袋などで身を隠しても、服の上からでもアブは平気で刺してくる(噛んでくる)ようです。

どんな口を持っているんだ!?と怖くなりますねーー;

 

それでもやはり、対策としては長袖長ズボンは欠かせません。肌が露出している場所は、さらに刺される可能性ありと考えたほうがよさそうです。

さらに対策として、肌の露出部分にだけではなく、洋服の上からも虫よけスプレーをすることでガード効果が高まります。

 

アブは、二酸化炭素や汗の臭いに引き寄せられることも多いので、身を隠すと言っても汗がダラダラ出てしまうほとの厚着は避けた方が良いですね。

万が一刺された時のために、虫刺されの薬も用意しておくと安心です。

また、刺された時に自分でできる対処法として、ポイズンリムーバーという便利なものもありますので、アブの多い場所に出かける時や、よく刺されるという場合は、念のために用意しておくとよさそうですね^^

 

あとがき

アブは強い毒を持っているのか?アナフィラキシーショックは起こるのか?のお話いかがでしたか?

実は私、ブーンと音を立てて近寄ってくる大きい虫がすごく苦手ですT_T周りの人からはそこまで怖がる?と言われるほどなのです(汗)

ですが、アブについて色々知ると、怖がりすぎていたということがわかりました^^;

それでもやっぱり怖いのです(アレルギー体質ですし)が、とりあえずアブはスズメバチほど恐れる必要はないとわかって少しだけほっとしました。

 

とはいえ、アナフィラキシーショックはスズメバチやアブに限らず症状が出る人・出る場合があります。

特に山などアブの多い場所へ行くときは、できるだけ対策を行い、万が一刺された時の対処法も知っておく方が安心ですね^^

アブに刺された時の症状は?


 

「関連コンテンツ」

-
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2018 All Rights Reserved.