花粉症が家の中でもひどい!そんな時にできるお部屋の中での対策

投稿日:

花粉症 家の中でも ひどい

花粉症の人にはつらい花粉の季節。

目をショボショボさせながらやっと家に帰ってきたのに、家の中でも花粉症の症状が止まらない!

そんなことはありませんか?

 

家の中でひどい症状が出る原因を知り、しっかり対策を行いましょう。

スポンサードリンク

花粉症が家の中でもひどいのは何が原因?

花粉といえば普通は外を舞っているもの。

外に出れば鼻も目もかゆくて、鼻水や涙が止まらなくていやになってしまいますね。

 

だけど・・・

家の中にいても花粉症の症状がひどい。

家の中にいる方がひどい!

なんて時もありますよね。

これに考えられる原因は何なんでしょうか?

 

実は、

花粉は外だけでなく家の中にも存在します。

換気をすることで入り込む花粉が最も多く、外出した人が衣類などにつけて家の中に持ち帰ってしまうことが次いで多いとされています。

空気清浄機を使っているからと油断していても、カーテンやソファなどの家具に付着しているため、人の動きで簡単に部屋の中に舞ってしまうのです。

 

花粉を家の中に持ち込まないため、入る前に衣類をパンパンとたたいて花粉を落としましょう。

というのはよく言われていることですが、実は、叩いただけでは衣類についている花粉は、ごくわずかしか払い落とせていないということです。

 

洗濯物を花粉が多い時期に外に干すのは絶対NGです!

衣類についた花粉が部屋に舞うばかりではなく、それを着た人が花粉症の場合、ひどい症状になってしまうこともあります。

花粉は通常外を舞っているものですが、これが家の中になると、せまい空間で花粉が舞っていることになります。

 

家の中の方が花粉がひどくなると感じている人は、こういったことが原因となっている可能性が高いです。

スポンサードリンク

花粉症が家の中でもひどい時の対策あれこれ

花粉症の症状が家の中でもひどい時にできる対策をご紹介します。

 

花粉の多い日や風の強い日は窓を開けない

花粉が入り込みやすい日には窓は開けないようにしましょう。

 

空気の入れ替えをする時に窓を全開にしない

窓を全開にすると花粉が入りたい放題です。少し開ける程度にし、網戸やカーテンをフィルター代わりにしましょう。

 

帰宅して家の中に入る時は衣類をはらう

落とせる花粉の量は少ないですが、少しでも花粉を落とすことができます。

 

外出時に帽子をかぶる

髪へ花粉がつく量を抑えることができます。家の中に入ったらすぐに帽子を脱ぎましょう。帽子はパンパンと叩いて花粉が落ちやすい素材がいいですね。

 

部屋の中の拭き掃除をする

床に落ちた花粉は拭き掃除で取り除くことができます。掃除機をいきなりかけると花粉が舞い散る可能性があるので気をつけましょう。

 

衣類・布団は外へ干さない

花粉が多い時は仕方がありません。衣類は部屋の中でお日様に当てて干したり、布団は乾燥機などを使うようにしましょう。

 

空気清浄機を部屋に置く

リビングに置いている家が多いですが、できれば寝室にも置いてあるといいですね。1日8時間寝室にいるとすると、とっても長い時間です。

家の中の花粉のことをあまり気にせず過ごしてきたという人は、ぜひ対策してみてくださいね。

 

ひとつひとつは小さなことでも、やってみると意外に花粉対策効果が大きいです。

我が家ではひどかった子供の花粉症が、部屋に空気清浄機を置くことでかなり軽減されました。

リビングに置いているよりも、長く過ごす部屋・寝る部屋の方が効果がありました。

 

あまりにも花粉症がひどい時は、家の中でもマスクをつけてやわらげてくださいね。

 

また、花粉症は食べ物でも症状が悪くなることを知っていますか?悪化させてしまうものや改善効果のある食べ物や飲み物などもご参考にどうぞ。

花粉症を悪化させる食べ物・改善効果のある食べ物や飲み物

スポンサードリンク

花粉症が家の中でもひどい原因と対策のまとめ

花粉は家の中にも存在しています。

窓を開けて換気をする時に入り込むのが最も多く、外出して帰宅した時や外に干した洗濯物から、家の中に入ってしまうことも多くなっています。

家の中でも気を緩めず、しっかりと花粉対策を行いましょう。

 

空気清浄機はリビングの他、寝室に置くのもおすすめです。

 

「関連コンテンツ」

-健康
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2019 All Rights Reserved.