大学生の一人暮らし準備にかかるお金はいくら?必要な家電と家具は?

公開日:  最終更新日:2016/11/07

hitorikgurasi-kaden

春から大学生で一人暮らしがいよいよスタート!

本人のわくわく気分とはうらはらに、
お母さんはちょっぴりさみしい気分かも?

本格的な準備に入る時にあわてないよう、
買っておきたい家電や家具、

かかるお金はいくらいくらいなのかも
把握しておきたいですね。

スポンサードリンク

大学生の一人暮らし準備にかかるお金はいくらくらいなの?

通う大学が地元であれば、
あまり考えなくてもよいことですが、

家を出て一人暮らしをするとなるとそうもいきません。

一体準備にはお金がいくらかかるのか?
計算だけでも少ししておきたいですね。

 

まず、一人暮らしをするには住む場所ですよね。

アパートを借りることになりますが、
これは地域ごとにずいぶん金額が変わってきます。

都内であれば高くなってしまいますし、
比較的地方であれば家賃も安いです。

大学近くにあるアパートでは
最近は敷金や礼金などはかからないところもあります。

住まいはそれぞれアパート情報を
ネットで検索しておいてくださいね。

 

その他にはどんなことにお金がかかるんでしょうか?

●家電・家具・寝具類

●パソコン・プリンター

●日用品や雑貨

●学生保険

●教科書代

●自転車

●荷物の運送代

●1か月分の生活費

ざっと書き上げてみると、
このように色々なものが出てきます。

 

アパートに関するお金を引いても、
準備するのにかかるのは30~40万円くらい。

この他にもスーツを持っていない場合は、スーツ代、
といったように、チョコチョコ必要になってきます。

 

大学生の一人暮らし準備に必要な家電製品は?

一人暮らしを始める時に、
最初から準備しておきたい家電製品は、

・冷蔵庫

・洗濯機

・炊飯器

・電子レンジ

・ガスレンジやIHコンロ

・暖房器具(地域によって)

おおよそで計算してみると、
これだけで7万円ほどになります。

スポンサードリンク

 

この他、すぐにではなくても必要と思えるものは、

・掃除機

・テレビ

・トースター

・アイロン

・電気ポット

・こたつ(なくてもよいかも?)

・エアコン(備え付けの場合が多い)

 

こたつ、エアコンを除外して、
最初から準備しておきたい家電と合わせると、
10万円を超えてくる感じですね。

おおざっぱに見積もっても、
家電製品で10万円確保をしておきたいところです。

 

さらに、今はほぼ全員の大学生が
自分専用のパソコンをアパートで使います。

パソコン代にプリンター、
インターネット回線料金などもかかってきます。

 

大学生の一人暮らしスタートに買っておきたい家具は?

1人暮らしをスタートするにあたって、
買っておきたい家具は、

・テーブル

・カラーボックス

・カーテン

・照明器具(ない場合)

・寝具類

・カーペット(敷く場合は家具を入れる前に敷いた方が良い)

・食器棚(最低限の食器があれば後からでもOK)

まずはこれだけあれば、
生活は十分にできるだろうと思います。

 

その他、

・机とイス

・姿見

・洋服掛け

などは、必要になった時に購入しても大丈夫ですね。

 

家具類の方は食事ができるテーブルと、
寝るための寝具類。

本などを入れるためのカラーボックスがあれば、
生活していくのに大丈夫でしょう。

 

多少の不便はあっても、
これがないと生きていけない!
というほどのものではありません。

なんとか乗り切ることもできます。

必要最低限のものだけを揃えるなら、
2万円くらいで何とかなりそうですね^^
 

まとめ

大学生で一人暮らしを始める時、
最初に準備するものでかかるお金は30~40万円くらいです。

この他にアパートを借りる時にかかる
お金が必要になります。

その後もちょっとずつ
あれやこれやとかかってきます。

最初の準備金をおさえたい時は、
必要最低限のものを用意しましょう。

家電や家具も初めから
ムリして揃える必要はありませんよ。

急な病気や突発的なことで
お金がかかってくるかもしれません。

スポンサードリンク

そんな時のためによせておくお金も必要ですね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑