生活

大学生の一人暮らしに必要な仕送りは?生活費や光熱費にはいくらかかる?

投稿日:

shiokurigaku

子供が大学生でこれから一人暮らし。

1か月の仕送りはいくらなんだろう?
生活費はどのくらいかかるのか?

光熱費などなど、出費の方も
きちんと把握しておきたいですね。

生活が始めってみないと
果たしていくらかかるのかわかりませんが、
おおよその計算だけは事前にしておきましょう。

スポンサードリンク

大学生の一人暮らしに必要な仕送りはどのくらい?

大学への進学先が決定すると、
次はいよいよ一人暮らしの準備ですね。

うれしい気持ちと一緒に
かかってくるお金の不安も出てくると思います。

仕送りについても
だいたいこのくらいかな~?という
計算はしていると思いますが、

よそのお宅ではどうなんだろう?
とちょっと気になることでもありますよね。

 

大学生の一人暮らしには
どのくらい仕送りをしているのか?

4~5万円というところが多くなっています。

 

・現金で4~5万円

・奨学金の中からアパートや光熱費などを引いたお金

どちらも同じくらいの金額になりますが、
このどちらかにしている家庭が多いようです。

 

大学での友達との交流や、
部活動やサークル活動にかかるお金は、
アルバイトをして稼ぐ子もいます。

リッチなお話を聞くと、
生活費を10万円という家庭もあるようですが、
我が家では現在仕送りは5万円としています。

 

アパートの家賃などは
済む地域によってかなり違いが出てきます。

条件の合う住まいをさがす場合は、
ネット検索などで、早めにさがしておくのがおすすめです。
 

大学生の一人暮らしは生活費がいくらかかる?

大学生で一人暮らしをしていると、
生活費というのはいくらくらいかかるんでしょうか?

これは、子供の食べる量や、
自炊をするかしないかで大きく変わってきます。

 

お昼を学生食堂で食べたとしましょう。

女の子なら500円ですむかもしれませんが、
男の子だとそれでは量が足りないかもしれません。

スポンサードリンク

 

朝はトーストなど軽めの食事でお昼は学生食堂で。

夜はアパートで自炊をすると
500円以内でおさえることも十分できますよね。

これを単純に計算すると
食費は月3万円くらいになります。

 

その他に毎日ではないかもしれませんが、
ジュースを飲んだりお菓子を食べたり
といったことにもお金がかかりますね。

日用品などの生活必需品の購入を考えると、
やはり生活費で5万円くらいはかかると思えます。

 

子供の交友もそれぞれ違っていますよね。

毎回飲み食いに出かけ歩く子たちもいれば、
どこかの部屋へ集まり話をして楽しむ子たちも。

交際費としてはこの辺でずいぶん違いがあります。

 

生活費の方も事前に
子供と話し合っておくのがいいですね。

その他の必要なお金はその都度渡す。
それより多くかかるお金はアルバイトで稼ぐ。

など、大まかでも良いので話し合い、
あとは生活がスタートしてから、
その時の生活に対応していくというやり方でも良いと思いますよ。

 

また、自宅からお米や野菜、
日用品などを送ってあげるのもいいですね。

親の愛情を受け取るのも
いい思い出になると思いますよ^^

 

大学生の一人暮らしにかかる光熱費はどのくらい?

光熱費の方は住んでいる地域や、
個人差によって違いがあると思います。

なので、ここでは現段階で大学生、
アパートに住む一人暮らしの我が子の
光熱費を記入しますので参考にしてみてくださいね。

・電気代・・・2500円~3000円

・ガス代・・・6000円~8000円

・水道代・・・3000円弱

 

記入して私自身初めて気が付きましたが、
電気代が安いですね^^;

この中に、IHコンロの使用も含まれています。

部活動とバイトであまり
家の中にいる時間がないのかもしれません。

 

夏場の方がエアコン使用で電気代が高く、
寒い地域なので冬場は灯油代が3000円ほど。

暖房器具が灯油使用でないところでは、
エアコンで電気代が少し高くなりそうです。

ガス代はお風呂(ほとんどシャワ-)にかかる分です。

 

その他は「スマホ代」ですね。

食費以外で毎月かかっているのは
だいたい、こんな感じになっています。

大学生の一人暮らし生活費用に関するまとめ

一人暮らしをする大学生への仕送りは、
4~5万円という家庭が多いようですね。

生活費は光熱費はそれぞれ、
生活内容や住んでいる地域でも違いがあると思います。

今回は、私の知り合いのお母さんや、
子供から得た情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

正確にとはいきませんが、
新生活を始める子供さんや、
その親御さんの参考にばればと思います。

「関連コンテンツ」

-生活
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2017 All Rights Reserved.