お風呂の掃除やカビ取りにはクエン酸と重曹どっちがいいの?

投稿日:

お風呂掃除 クエン酸 重曹

クエン酸と重曹。

最近、お掃除関係でよく聞く名前ですよね。

この2つ、安全に使えて汚れをしっかり落としてくれると話題になっていますが、

・お風呂にはどっちがいい?

・カビはどっちで落とすの?

といったことで、使い方に迷っている人も多くはないでしょうか?

クエン酸と重曹はお風呂掃除にどっちがいいのか?といったことについてまとめました。

スポンサードリンク
  

お風呂の掃除にはクエン酸と重曹どっちがいい?

お風呂の中の汚れにはいくつか種類があり、原因や落とし方も違ってきます。

お風呂の中すべてをきれいにしたい場合は、クエン酸と重曹の両方があると便利です。

クエン酸で落とせるお風呂の汚れ

水垢・石けんカスなど

クエン酸は酸性なので、アルカリ性質の汚れに強いです。

水垢といえばお風呂の中で特につきやすく、目立つのが鏡ですよね。

水道水の中にはミネラル成分が含まれていて、カルシウムや、カルキなどが白い痕を残してしまいます。

鏡や蛇口などが白く汚れるのは、この水道水に含まれている成分が残り目立ちやすいからです。

また、石けんカスと呼ばれる汚れは、水道水の硬度分と結びついてできているものなので、こちらもクエン酸で落とすことができます。

 

重曹で落とせるお風呂の汚れ

皮脂・手垢・汗など

重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れに強いです。

皮脂や汗などの汚れは普段は目立たないですが、お風呂の中には特に多くある汚れです。

この汚れはお風呂内のヌメリを発生させたりと、やっかいな汚れでもあります。

浴槽内でお湯の上の方に汚れがつきやすいですが、これも皮脂や汗などの汚れで、お湯の上の方にたまってきたものが時間の経過とともにこびりついてしまいます。

なので、こびりつきの汚れが固まってしまう前に、出来るだけ早く落とすようにしましょう。

 

また、排水溝のヌメリは重曹を振りかけてもなかなか落ちてくれないことがあります。

こんな場合は、さらにひと手間。

排水溝に重曹の粉を振りかけて、そこへスプレー容器に水で溶いたクエン酸をシュッシュッとかけます。

クエン酸水が発砲して汚れを浮かせて落としやすくしてくれるので、その後水をかけて流して終了です。

 

汚れのこびりつき状態やお掃除頻度などで、クエン酸や重曹を使ってもなかなか落ちてくれない時もあります。

そんな時は、時間を少し長く置いてみたり、ちょっとの水で溶いたペースト状にして塗ってみる、キッチンペーパーなどを使って汚れに密着させるなどのひと手間でさらに汚れ落ち効果がアップしてくれますよ。

スポンサードリンク

お風呂のカビ取りにはクエン酸と重曹どっちが効く?

お風呂のカビと言えば、洗剤をつけてこすっただけでは、そう簡単には落ちてくれないやっかいな汚れですよね。

クエン酸と重曹なら、どっちを使った方が良いのでしょうか?

 

カビ予防には?

重曹が適しています。

お風呂に発生するカビの主なエサは皮脂など。

そこに湿度と温度がカビにとっての心地よい空間なので、あっという間にカビができて広がってしまうのです。

なので、お風呂のカビ予防には、普段からのお掃除に重曹を使うとエサとなる汚れが落ちて効果的。

窓があるならこまめに換気を。窓がない場合は換気扇をつねに回しておくようにしましょう。

 

できてしまったカビには?

お風呂のできてしまった黒カビには重曹。

軽~いカビなら重曹水をつけて時間を置き、スポンジや歯ブラシなど黒カビがある場所に合わせたもので軽くこすります。

※重曹には研磨力があるので傷つきにご注意ください。

 

落ちにくいカビ汚れの場合は、重曹をペースト状態にして使うとより効果が大きくなります。

ドロドロしたペースト状にすることで、壁などにつけた重曹が落ちにくくなり、カビに密着して落としやすくなります。

 

さらに落ちにくいカビには、重曹とクエン酸を同時使いします。

ペースト状の重曹をカビに塗ったら、そこへクエン酸水を吹きかけます。(あまり多くかけすぎると重曹が流れ落ちてしまうので、様子を見ながらちょっとずつかけてくださいね。)

その上にラップをしてできるだけ密着状態を作ります。

1時間ほど時間をおいたら、スポンジやブラシなどでこすり落としましょう。

 

お風呂のカビ菌は、「50度以上の熱いお湯を5秒間かける」ことで死滅すると言われています。

根強く壁の中にまでできてしまったカビの黒ずみまで落とせるわけではありませんが、週に数回行うだけでも随分違ってくるようですよ。

こういった方法で予防をしておくと、お風呂の掃除も楽になりますね♪

 

お風呂掃除にクエン酸と重曹以外でカビを落とせるものは?

お風呂掃除にはクエン酸と重曹の2つがあれば、たいていの汚れを落とすことができます。

クエン酸と重曹

 

ですが・・・

それでも落ちない頑固な汚れもありますよね。

特に、壁の中に入り込んだカビなんかは、簡単には落とすことができません。

クエン酸と重曹の合わせ技でも全然ムリ!ということもあるかと思います。

 

頑固なお風呂の汚れ落としで有名なのはカビキラーですよね。

だけど、我が家のお風呂の壁にできてしまった黒カビはびくともしませんでしたT_T ザラザラした表面の壁は汚れも落としにくいようで、壁がすごいことに!

 

この汚れを落としてくれたのが、通販で買ったカビ取り剤です。

カビ取り剤

 

壁の中にまで見事に入り込んだカビで黒ずみが!洗剤をつけてこすっても、全く歯が立ちません。

黒い点々は全てカビ。

お風呂 壁 黒カビ

 

この黒カビにカビキラーを使ったのがこちら。・・・残念ながらほとんど取れていませんね。入り込んだ菌まで届いてくれないようです。ここでもう、我が家のお風呂はカビとともに、とあきらめていました。

お風呂のカビ

 

その後、偶然見つけたカビ取り剤を買って、これが最後のつもりで使って見ると・・・

なんと、ここまでキレイになって感動。少しは残ってはいるんですが、かなり満足です。

きれいになったお風呂の壁

 

いつでも落とせるという安心感で1年また放置・・・ だけど、このくらいでおさまっています。

お風呂掃除後の壁

 

実はこのカビ取り剤、ジェルタイプのものも買って使ってみたんですが、これも汚れ落ちがすごい!

白くなっている部分が使用した場所です。

カビ取り剤の効果

 

何をやっても取れなかった、まっ黒になった窓枠のカビが、きれいに♪

見えにくいのですが、一応、細くコーキングしてあるので、ゴム素材部分についた黒カビがすごかったんです。

 

壁紙のカビまで落ちてくれるという・・・なんとすばらしいカビ取り剤ヽ(・∀・`o)

めっちゃクサイですけどね・・・

一応、乾くと無害になるんだそうです。

 

なんですが・・・・・

楽天で買ったこちらのカビ取り剤。リピート購入しようと思ったら売っていませんでしたT_T

だけど先日、ホームセンターで似たような商品を発見!まだ買ってはいないんですが、通販でなくても同じようなカビ取り剤は買えるかもしれませんね^^

 

カビキラーで落ちないカビでも、落とせる可能性はありますよ!

というお話でした(*´ェ`*)

スポンサードリンク

あとがき

お風呂に限らず、家中のさまざまな場所の汚れ落としに使えるクエン酸と重曹。

どちらか1つでお風呂掃除できないの?かというと・・・

お風呂の中には種類の違う汚れがあるので、できれば両方あった方が良いですね^^

お風呂洗剤があっても排水溝や鏡の水垢などを取るのに、他のアイテムはどうしても必要になるのと一緒で、2つがあるとお風呂内の掃除もほぼすることができます。

今の時代、あれやこれやと色々な目的別の洗剤がありますが、クエン酸と重曹をお掃除に使う意味は、手や環境にやさしく、値段もお手頃というところが大きいと思います。

 

重曹はお洗濯に。クエン酸は台所汚れなども落とせますので、この機会に両方常備してみてはいかがでしょうか?^^

 

「関連コンテンツ」

-掃除, 生活
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2018 All Rights Reserved.